FC2ブログ

観仏日々帖

あれこれ~「近代仏像発見物語をたどって」 連載、終了しました 【2018.3.17】


神奈川仏教文化研究所HPに連載していました 「近代仏像発見物語をたどって」 の連載は、

第13話「三重・見徳寺 薬師如来像 発見物語」(2018.3.10掲載)で、終了とさせていただきました。

近代仏像発見物語

神奈川仏教文化研究所HP 「近代仏像発見物語をたどって」  【目 次】


2016年10月、第1話「運慶仏発見物語」をスタートしてから、全部で33回、約1年半にわたって連載させていただいたことになります。

「観仏日々帖掲載の発見物語」の焼き直し転載が大方なのにもかかわらず、長らくご覧いただきありがとうございました。

今回の連載では、明治以降の新発見の仏像の「大発見物語」を、発見年を追って時系列で並べさせていただきました。
主なる「近代仏像発見の歴史」を概観することができるようになって、お役に立つものになったのではないかと思っております。


仏像発見物語というのは、単なる蘊蓄話と云ってしまえばそれまでなのですが、ノンフィクション・ドキュメントを読んでいるような、理屈抜きの面白さがあります。
ご紹介した「発見物語」も、蘊蓄物語、こぼれ話、物知り話といったような気分で始めたのですが、書き終えてみると、それだけではない意義や、重みのようなものを実感することになりました。

当たり前ですが、新たな発見が、従来の仏教美術史の考え方や様式展開論の定説を覆したり、新たな問題提起となることも多々あります。

とりわけ、 「運慶作の仏像発見物語」 は、

「新たな運慶作の仏像が発見されるたびに、それまでの運慶仏の作風イメージが覆され、定説が覆される。」

という話の連続で、書いている本人がビックリさせられたり、考えさせられたりすることばかりでした。
発見のいきさつなどを調べたりしているうちに、すごく面白くなってきて、ついつい書くのに力がこもってしまいました。


そのほかにも、

「岩手・黒石寺の薬師如来像の発見」 が、東北地方の仏像研究のみならず、地方仏研究を大きく進展させるきっかけとなった話、

「東寺・御影堂の不動明王発見物語」 の、息の詰まるほどの緊張感と興奮に満ちた話、

「立山神像の発見里帰り物語」 の、ジーンと熱いものがこみ上げるような100年ぶりの里帰りの話

などなど、

それぞれの発見物語のいきさつを調べていると、自分自身で感動してしまうことが、折々ありました。


そんな驚きの「仏像発見物語」のネタも、もう尽きてしまいました。
これで「おしまい」にさせていただきましたが、ご覧いただきました方々の、お役に立ち、お愉しみいただけたとしたら、大変、嬉しく思うところです。


また、何か、新たな仏像愛好の連載ネタを見つけることができましたら、掲載させていただきたいと思っています。

正直なところ、もうネタ切れで、無い知恵を絞ってもなかなか面白いテーマが思いつかなくて、困っています。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://kanagawabunkaken.blog.fc2.com/tb.php/157-d4976d79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)