FC2ブログ

観仏日々帖

トピックス~堂本印象美術館で初公開の阿弥陀如来像、湛慶作か? 【2019.7.21】


【「湛慶作の阿弥陀如来像、新発見か?」のニュース記事にビックリ】


「作者は天才仏師、運慶の長男? 優雅な秘仏を公開」


ネット検索の新聞記事で、こんな見出しを見つけて、ちょっとビックリしました。
2019.6.28付の〈サンケイニュースの記事〉です。

記事は、こんな出だしで始まります。

鎌倉時代の大仏師、湛慶(たんけい)の仏像?

そんな評判を呼ぶ仏像が京都府立堂本印象美術館(京都市北区)で開催中の「堂本印象 ほとけを描く ほとけを愛でる」で初出展され、美術ファン、研究者の間で話題を呼んでいる。

京都出身の日本画家、堂本印象(1891-1975)のコレクションの1体だが、湛慶といえば、東大寺南大門の仁王像制作などで知られる運慶の長男。
どことなく父の作品を追いかけている姿と形が、見る人に「いかにも!!」といった印象を与える。

堂本印象蔵・阿弥陀如来像
湛慶作かと記事で紹介された
初公開堂本印象蔵・阿弥陀如来像



【記者の実感がこめられた「読ませる記事」に興味津々】


園田和洋氏という方がかかれた署名記事ですが、仏像彫刻に造詣の深い方のようで、御自身の実感が盛り込まれた「読ませる記事」で、愉しく読みました。

記事は、このように続きます。

日々、詰めている京都府庁の記者室に投げ込まれた堂本印象美術館のチラシ。
そこに掲載された一枚の写真を見て、
「まだ、こんな仏像が未公開のまま残っていたのか」
と驚いてしまった。

仏というより人間に近い写実的な表現で、ひと目みて、平安時代末期から鎌倉時代にかけて奈良や京都、鎌倉などを中心に活躍した運慶や快慶を含む一大仏師集団「慶派」の作品であることはわかった。

同美術館では初出展の阿弥陀如来坐像。印象の自宅に置いていたらしく、府教委文化財保護課に聞いてみても、調査した記録もなく、どうやら人目に出るのも初めてらしい。
かつて仏像を追いかけて寺院巡りをしていたころの記憶を呼び起こすような出会いだった。

さっそく同美術館の松尾敦子学芸員に問い合わせたところ、
「目利きとして知られる堂本印象だけに、すばらしい作品。彫刻史上貴重な作例で、今回の展示の目玉のひとつです」
と絶賛の声を惜しまなかった。


興味津々の語り口で、つい惹き込まれてしまいます。

このあとも記事が続きますが、ポイントだけをなぞると、次のようなものかと思います。

像高約80㎝の阿弥陀像で、運慶作、興福寺北円堂・弥勒仏像を模したような造形だが、本像は彫眼の弥勒像と違い玉眼で、全体的に穏やかな仕上がりになっており湛慶風をうかがわせるものがある。

作者を示す胎内銘などはなく、湛慶作かどうかの根拠はないが、京都市立芸大の礪波(となみ)恵昭教授は、
「特徴は運慶後の、湛慶と同じ世代のものに間違いない。
釈迦や阿弥陀、藥師などといった如来像で湛慶作がないだけに貴重」
とのコメントで、今後の調査に期待がかかる。

以上のような内容でした。

単なる、プレス発表の取材記事ではなくて、ちょっとドキュメント風の「読ませる記事」だと感じられたことと思います。



【現状では、「湛慶作の可能性もある」注目仏像という見解?】


「見出し」を見たときには、

「エーッ、湛慶作の仏像の新発見か!」

と、驚いたのですが、読み進んでいくと、

「初公開の阿弥陀如来像は、鎌倉前期の慶派の作とみられる佳品で、湛慶の世代頃の制作を思われる。
湛慶作という可能性もある。」

ということのようです。

「湛慶作か?」というニュースが掲載されたのは、これだけで、他の新聞各紙には、湛慶作の可能性にふれた記事は見つかりませんでした。

「湛慶作?仏像の発見」というプレスリリースがあったわけではなくて、この阿弥陀如来像が湛慶作であってほしいという、執筆記者の方の気持ちがこめられ、記事掲載されたのかなという感じがしました。



【佳品ぞろいの知られざる堂本印象所蔵の仏像コレクション】


湛慶作かどうかはともかくとして、日本画檀の巨匠、堂本印象(1891-1975)の秘蔵コレクションに本像をはじめとした佳品の古仏があり、それが展覧会で初公開されているというのは、耳寄りな話しです。

京都府立堂本印象美術館で、開催中の展覧会です。

「堂本印象 ほとけを描く ほとけを愛でる
2019年5月29日(水)~9月23日(月・祝)


「堂本印象 ほとけを描く ほとけを愛でる展」チラシ

「堂本印象 ほとけを描く ほとけを愛でる展」チラシ


生涯通して多くの仏画を手掛けた堂本印象は、仏像も所蔵していたようで、本展では堂本印象コレクションから平安~鎌倉期の4体の仏像が初公開、初出展されるということです。

堂本印象蔵のこのような仏像があるというのは、私もまったく知りませんでした。
展覧会チラシや、掲載写真をみると、小ぶりながらなかなかの佳品という感じがします。

知られざる仏像の初公開ということで、大変興味深いものがあります。



【意外に少ない湛慶真作が明らかな仏像~如来形像は無し】


ところで、この初公開の阿弥陀如来像、「湛慶作の可能性」について、皆さんどのように感じられたでしょうか?

私は、鎌倉彫刻の世界は、どうも疎くて、

「湛慶風といわれれば、そんなものかという感じで、よくわからない。」

というのが、本音のところです。

湛慶の事蹟は、史料からもいろいろと伺えるのですが、湛慶の制作とはっきり言える作品は、意外にもそんなに多くありません。

父運慶と並んでその名が連ねられるものを外すと、湛慶の真作が明らかとされる作品は、

雪蹊寺・毘沙門天、吉祥天、善膩師童子像(嘉禄元年・1225年頃)、蓮華王院本尊千手観音坐像(建長6年・1251)及び千体千手観音像のうちの9躯

だけです。

また、湛慶作に間違いないとみられるものには、

高山寺・善妙神立像、白光神立像、狛犬3対、神鹿像1対、仔犬像

があります。

以上が、一般に湛慶作として認められている作品です。

これらの作品をみてみても、

「いかにも湛慶の作風」

といった、誰にでもわかるような湛慶風の特徴がくっきりと見受けられるという訳ではありません。

初公開の堂本コレクションの阿弥陀如来像は、「湛慶作か?」と云われても、素人には、難しいというか、なかなか悩ましい処です。



【湛慶作の可能性が云われる如来形像は?】


記事にもありましたが、

「湛慶作と特定されている如来形像は、現在の処、一躯もない。」

ということです。

確かにそう云われてみれば、そのとおりです。

湛慶の作風については、
「運慶の作風を基盤として、量感を減じて洗練し、写実表現を推し進めた」
という風に云われているようですが、そんな作風概念だけでは、また湛慶作という諸像と較べ併せても、同じ如来形像ではないだけに、似ているのか似ていないのか、イメージが沸いてきません。

それでは如来形の仏像で、湛慶作の可能性が論じられている像には、どのようなものがあるのでしょうか?

いろいろ議論はあるのでしょうが、

西園寺・阿弥陀如来坐像(円派仏師隆円作との見方もあるようです)、西念寺・阿弥陀如来坐像、西寿寺・阿弥陀如来坐像

などが、作風が湛慶風で、湛慶作の可能性があるとされているようです。

西園寺・阿弥陀如来坐像(鎌倉・重文)
京都市上京区~西園寺・阿弥陀如来坐像(鎌倉・重文)

京都市左京区~西念寺・阿弥陀如来像(鎌倉)京都市右京区~西寿寺・阿弥陀如来像(鎌倉)
(左)京都市左京区~西念寺・阿弥陀如来像(鎌倉)、(右)京都市右京区~西寿寺・阿弥陀如来像(鎌倉)



【湛慶風か?  私には難し過ぎてよくわからない堂本コレクション像】


これらの「湛慶作か?と云われている如来形像」と較べてみて、堂本コレクション像はどうでしょうか?

堂本印象蔵・阿弥陀如来坐像
堂本印象蔵・阿弥陀如来坐像

「ウーン、よくわからない!!」

鎌倉彫刻にとんと疎い私には、やっぱりそんな感じの印象です。


実物を見ていないで、写真で見る限りの個人的な印象では、
堂本コレクション像は、他の湛慶作かといわれる如来形諸像と較べて、ちょっと躍動感が少なく、線が弱いような感じもしますが・・・・・・・

作風から、作者である仏師を特定していくというのは、なかなか難しいことだと、今更ながらに思った次第です。


皆さんは、どのように感じられたでしょうか?



あれこれ~「仏像を見る眼はうつろうのか?~近代仏像評価の変遷をたどって」 連載が終わりました 【2019.07.06】


昨年(2018年)11月からHP「日々是古仏愛好」に連載していました

「仏像をみる眼はうつろうのか?~近代仏像評価の変遷をたどって」

が、ようやく終了いたしました。

仏像評価の変遷タイトル

30回、約8ヶ月という長きにわたる連載になってしまいました。

マニアックで単調な話でしたので、ずっとお読みいただいた方は少なかったのではないかと思うのですが、お付き合いいただきありがとうございました。


「近代仏像評価の変遷をたどってみたい」

このような思いに駆られてから、もう随分の年月が経つのですが、やっとのことで、お粗末なものながら纏めることができて、ちょっとホッとしているところです。

「明治以来、優れた傑作と云われる仏像は、どのようにうつろい、変遷しているのだろうか?」

「仏像の美術的評価観(美のモノサシ)と、折々の時代精神、思潮とはどのようにかかわりあっているのだろうか?」

私が、こんな「近代仏像評価変遷史」とでも云うテーマに、強い関心を持つようになったきっかけは、2冊の本を読んでからではないかと思います。
2冊とも、私にとっては鮮烈で、長く心に残る本になった本です。


一冊は、
「奇想の系譜」辻惟雄著 1970年 美術出版社刊
です。

奇想の系譜


この本は、あまりにも著名な本なので、皆さんもよくご存知のことと思います。
江戸絵画の異端とみられた岩佐又兵衛、伊藤若冲、曽我蕭白などを広く世に知らしめ、美術史の脇役であった彼等を、江戸絵画のスターに押し上げたエポックメーキングな著作と云われています。

この本で採り上げられた若冲をはじめとする画家達の、昨今の人気上昇ぶりを見ていると、また長らく本流といわれた狩野派の絵の人気の凋落ぶりをみると、

「美のモノサシ、評価観というのは、時代とともにこれほどに変わるものか!」

と感じました。


仏像彫刻の世界でも、戦後になって、神護寺・薬師如来像に代表される平安初期一木彫像の評価や人気が急上昇します。
「奇想の系譜」の話とは直接関係がないのですが、「古典的写実、理想美」の天平彫刻が人気の本流であったのが、戦後になって、「魁偉、森厳、迫力」といった言葉で語られる、異貌の平安初期彫刻が注目を浴びるようになるのを、つい連想してしまいました。

「近代仏像彫刻の評価観の変遷」を追ってみたいという思いが湧いてくる、一つのきっかけになりました


もう1冊は、
「法隆寺への精神史」 井上章一著 1994年 弘文堂刊
という本です。

法隆寺への精神史


連載の中でもご紹介しましたが、本来ブレることが無いはずの学問領域も、折々の時代精神、時代思潮に大きな影響を受けている、その呪縛の中にあることを説いた本です。

同じ法隆寺建築についても、

明治期には
「法隆寺にはギリシャ文化が息づいている、それがエンタシス」

大正期には
「法隆寺は日本独自の文化により生み出された、それが法隆寺式伽藍配置」

と、声高に論じられていたことが、そのことを象徴的に物語っているという話です。

この言説、私にとっては結構新鮮な驚きで、仏像彫刻の美術史的評価観も、同じように時代精神、思潮の影響で変化しているのではないかという関心が高まってきました。


そんなところから、一度「近代仏像評価の変遷史と、背景にある時代精神、思潮」をたどってみたいと思っていたのですが、
明治以来現代に至るまで、

「美術史書にどのような仏像が優れた仏像として採り上げられているのか?」
「それぞれの仏像が、どのような評価コメントで語られているのか?」

を調べて整理してみるというのは、結構大変な作業で、時間と手間ヒマがかかりそうです。

ずーと頭の中にあり、いつもモヤモヤしたものがあったのですが、本気で調べてみようという気にもならずに、ズルズルと過ごしてきました。

最近は、随分ヒマになって時間もできるようになりましたし、今のうちにトライしてみないと、もう齢をとって頭もボケて根気も続かないだろうと思って、取り組んでみたのが、
今回の連載 
「仏像を見る眼はうつろうのか?~近代仏像評価の変遷をたどって~」
でした。

果たして、調べ始めてみると、案の定、主要美術史書採り上げ仏像のピックアップ、解説コメントの整理や、関連する書籍、美術研究誌解説、論考にあたってみるという作業が、思った以上に面倒で、根気のいる仕事になってしまいました。


手間暇をかけた割には、ビックリするような新たな発見や、新知見をご紹介するという結果にはならず、誰でもが予想の付く、「極々あたりまえの話」になってしまいました。

連載「Ⅵ おわりに」  でご覧いただいた、「近代仏像評価変遷史のエッセンス」 のとおりです。

近代仏像評価の変遷イメージ

「そんなの常識!」の一言で、終わってしまうのではないでしょうか。

この程度のことをまとめるのに、そんなに時間をかけて調べて、30回もの連載を掲載したのかと、皆さんに笑われてしまいそうです。
自分の考えに都合の良い材料だけを、良いとこ取りで引っ張ってきて、創った一つのストーリーなのかもしれません。

しかし、長らく頭の中で「近代仏像評価変遷史~評価観のうつろい」を整理してみたいと、モヤモヤし続けていた私にとっては、お粗末ながら、そのモヤが晴れたようで、心の荷物を一つおろしたような気持であるのも実感です。


資料の羅列や、単調な文章がダラダラと続くだけという、自己満足的な面白みのない話にお付き合いいただくことになってしまいましたが、


この連載で、


「近代仏像評価変遷史と、その背景にある時代思潮」
いうものに、ご関心、ご興味を持っていただける人が、少しでも増えたのであれば、

このテーマを考えてゆく上での参考材料を、何ほどか提供できて、お役に立ったのであれば、


大変嬉しく存ずる次第です。