観仏日々帖

新刊・旧刊案内~仏像のかたちと心―白鳳から天平へ

「仏像についての色々な本」を、ご紹介するページを設けてみたいと思います。

最近、仏像がらみの本は、仏像ブームに乗っかるように、入門書から専門書まで、ずいぶんたくさん出版されています。
そのなかで、ちょっと目についた面白そうな本を、勝手気ままに採り上げて、ご紹介してみたいと思います。
また、昔に出版された本の中で、「こんな本も出ています」とか、「この本、大変良い本だと思います」といった、ちょっと珍しい本、忘れられそうな本も、【旧刊案内】として、ご紹介できればと思っています。


まず、今回は【新刊案内】から

「仏像のかたちと心――白鳳から天平へ」  金子啓明著 

「2012年7月 岩波書店刊 272ページ 1900円

RIMG0001.jpg


「岩波書店刊」と書いてあるので、この本はちょっと中身が違うのかなと思って、書店の棚から手に取りました。

仏像の入門書や案内書は、最近続々と出ていますが、「よくわかる仏像」「仏像の見方」「仏像を知る」といった題名のものばかりで、どの本も似たり寄ったりの内容です。
書店で手に取ってみても、パラパラとみて、買わずに棚に返すことがほとんどです。

目次と、巻末の初出一覧をみて、「これは買っておこう」と思いました。


目次は、次のようになっています。

第1章 :白鳳の聖なる思惟―中宮寺・半跏思惟像(表現の特色技法の特色 ほか)
第2章 :極楽浄土の生命とかたち―法隆寺・阿弥陀三尊像(小金銅仏橘三千代 ほか)
第3章 :若き古代 平和と繁栄の理想仏―薬師寺・薬師三尊像(薬師寺の創建薬師寺の理想 ほか)
第4章 :美少年の内面に渦巻くドラマ―阿修羅と興福寺西金堂の仏たち(天平創建時の興福寺と伽藍西金堂の仏像 ほか)
第5章 :無限大の宇宙を浄化する光―東大寺大仏と天平彫刻(大仏以前の東大寺と仏像東大寺大仏)


長く東京国立博物館に在籍し、現在、興福寺国宝館館長の、金子啓明氏の著作です。

これらの文章の初出誌は、このようになっています。
金子氏が東京国立博物館で自ら手掛けた特別展の図録に載せられた論文と、ミューゼム誌掲載論文を大きく加筆修正されたもので構成されています。
初出誌一覧


「これは買っておこう」と手元に置いた本でも、そのうち読もうかと思いつつ、書棚に埃まみれになってしまうことが、結構多いのですが、
この本は、興味深く、新鮮な気分で、久々に一気に読み終えました。

具体的な内容については、くどくどご紹介するのも難しく、買って読んでもらうしかないと思います。

一昔前、彫刻史の研究者が書いた本は、仏像彫刻の様式展開、発展を美術史的に考え、採り上げた仏像をその中にどのように位置付けるかということを論じたものが主流でしたが、最近はそれに加えて、その仏像造立の政治的背景、思想的背景や造立関与者、典拠経典などについて論じられるようことが深められてきているように思えます

この本も、白鳳天平の名品の仏像の、「造立思想や造立精神」にスポットを当てて書かれています。

もちろん彫刻史の専門家が書き下ろした本ですから、仏像彫刻作品としての美術史的記述は、最近の研究成果などをきっちりと踏まえたもので、大変勉強になります。
しかし、私にとって新鮮だったのは、
「これらの白鳳天平仏の名作が造られた造像背景としての精神性や世界観とはどのようなものであったろうか?」
というテーマが、しっかり掘り下げて論じられていることでした。
本書の題名が「仏像のかたちと心」となっており、本の帯に「仏像の“かたち”は何を語りかけてくるのか」と書かれているとおりです。

そのあたりのことで、印象に残った部分をご紹介しておきたいと思います。

中宮寺の半跏思惟像では、

この像を白鳳期(天武・持統・文武天皇の時代、672~707)の制作とし、弥勒信仰、聖徳太子への太子信仰と法隆寺の釈迦三尊、救世観音との関連性、女性の太子信仰への傾倒などといった点を、大変丁寧に具体的事例を踏まえて論述したうえで、
造像背景に、聖徳太子思慕の太子信仰の強まりの中で、思惟する太子のイメージと、弥勒菩薩のそれとが重層する理想の姿として表現されたのが、この半跏思惟像であるという考えが記されています
中宮寺・半跏思惟像
そして、結論としてこのように結んでいます。

「中宮寺の半跏思惟像は、表現の上では飛鳥の伝統様式と白鳳の新様式が、信仰的には聖徳太子思慕と兜率天の弥勒信仰が、心理的には瞑想的な思惟と女性的なやさしさが複雑な織物のように重なっている。
そしてそれぞれの要素が、半跏思惟像という一つの仏像の中で溶け合い、絶妙に調和することで瞑想的な思惟の理想が追求されている。」



最も、鮮烈に印象に残ったのは、薬師寺薬師三尊像についての話です。

薬師三尊問題は、触れれば触れるほどややこしく話が長くなりそうなので、印象に残ったエッセンスだけを紹介します。

この薬師三尊像の造形思想として、金子氏が一番強調して訴えているのが東塔擦銘の「巍巍蕩蕩たり、薬師如来」という言葉です。
「巍巍蕩蕩」とは、高大で堂々とした様子を意味する言葉。

金堂本尊造立の目的は、病気回復、天下泰平などの現世利益的な役割を律令国家の官大寺として果たすことにあり、その本尊となるべき薬師如来像は、機能的にも、像容的にも国家の期待に応えるものでならなかったはずで、その表現こそが「巍巍蕩蕩」とした姿そのものでなくてはならなかった。

そして、
「巍巍蕩蕩とした薬師如来は、大いに誓願を立て人々を救済する。」という言葉は、天武・持統天皇によって力強く樹立された初期律令国家が、天下に対して発した誓いの言葉であって、それを具現したのが本尊の姿である。
それが仮に平城薬師寺での制作であるとしても、その理想は実現しなければならないことであったろう。

このように、論じています。



薬師寺・金堂薬師三尊像


この「巍巍蕩蕩」宣言の具象化としての薬師三尊像の姿が、そこにある。
天武発願・持統建立の薬師寺金堂三尊は、当時、「巍巍蕩蕩」そのものであったはずだ。
現三尊が、仮に天平新鋳であったとしても、この精神具現化を図ろうとしたものでなければならない。
という話は、
わざわざ言われるまでもなく当たり前のようなことなのですが、このように敢えて強調して訴えられると、何やらズシリと来るようなものを感じた次第です。


私は、薬師寺金堂三尊は、天平新鋳であろうと思っているのですが、
金子氏は、この薬師三尊像を「本薬師寺の本尊で、移座、白鳳説」を想定しています。

その考え方について、藤原京から平城京への移転に際し、大安寺が唐の新たな伽藍配置の導入など新様式に拠ったのに対し、薬師寺は本薬師寺伽藍を忠実に写し伝統を重視する姿勢をとっていることを指摘したうえで、このように述べています。

「金銅の薬師三尊像は薬師寺全体の本尊であり、寺として最も重要な仏像である。そこには、繍仏以上に本薬師寺から平城薬師寺に移さなければならない必然性がある。
仮に平城京で新しく造られたにしても、・・・・・・・・・薬師寺の伝統重視の姿勢からすれば、本薬師寺の本尊の形を全く無視して、新規の表現に切り替えることは考えにくい。」

こう言われると、ちょっとばかりそのような気分になってきます。

見飽きるほど見慣れた、薬師寺金堂三尊ですが、
今度は、「巍巍蕩蕩」という言葉を、心の中で何度も呪文のように唱えながら、眼前に拝しに行こうかしらん。
薬師寺を再訪してみねば、という気分にさせられました。


とりとめまとまりのない、新刊案内になりましたが、
本書のあとがきに記された、金子氏の言葉を最後にご紹介して、終わりたいと思います。

「この本で取り上げた仏像は、人の心と結ばれています。
それらのかたちはとても魅力的です。
しかし、そこにはかたちを支える精神性があります。
それがあってかたちは初めて生き生きとしたものになります。
この本では、形の発する言葉に耳を傾けることを大切にしたつもりです。
そして、像に宿る精神的な要素を少しでも見出すことが出来ればと思いました。」

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanagawabunkaken.blog.fc2.com/tb.php/8-6ade06a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)