観仏日々帖

新刊・旧刊案内~「日出新聞」記者金子静枝と明治の京都【続報】


「明治の古社寺宝物調査」の記録、図譜、写真【その2】に入る前に、ちょっと関連トピックスの割り込みご紹介です。


日本経済新聞の文化欄に、こんな記事が掲載されました。
2014年1月29日(水)付の記事です。


古美術 明治の辛口取材帳

~近畿一円の調査に密着 記者・金子静枝の足跡を追う~

という見出しがついていました。

2014.1.29付・日本経済新聞文化欄記事



執筆は、先にご紹介した本、

「日出新聞」記者 金子静枝と明治の京都~明治21年古美術調査報道記事を中心に~芸艸堂刊

の編著者である、竹居明男氏です。

「日出新聞」記者 金子静枝と明治の京都~明治21年古美術調査報道記事を中心に~芸艸堂刊



この日経新聞の最終面に毎日掲載される「文化」というコーナーは、地元の郷土史家などの目立たぬ地道な研究や、変わった分野の蒐集コレクションなどを行っている人たちの、業績や苦労話を語る話が掲載されています。

この文化欄、私が大変気に入っているコーナーです。
登場するそれぞれの人の、こだわりや執念が垣間見られて、興味深いものがあります。
最近では
「富士山の古写真の蒐集コレクション」とか、
「明治末~昭和初期の車輌の鉄道模型、すべて手作り」とか、
「屋根上の鍾馗さんの置物を、全国行脚1万7千体で調べ上げた」
というような、
呆れるようなマニアックな趣味や研究に没頭している話が、採り上げられています。

この観仏日々帖、【興福寺仏頭展によせて・・・「仏頭発見記」をたどる】
で、ご紹介した、仏頭発見者・黒田曻義の妻・康子さんの当時の思い出話「仏頭の目覚め 見届けた夫」という記事も、この日経新聞文化欄に掲載されたものです。


竹居明男氏は、この執筆記事で、
金子静枝のスクラップブック「棄利張」(きりばり)を古書市で発見し買ったのをきっかけに、金子静枝という人物と「日出新聞」・明治21年古美術調査報道記事の発掘研究に取組むことになったいきさつなどを、活き活きと語られています。

記事を、ちょっと御紹介したいと思います。

きっかけは1980年夏、自宅に近い北野天満宮の縁日だった。

金子静枝「棄利張」
金子静枝「棄利張」
露店で5冊の古い帳面を見つけた。
1冊200ページほど、反故紙の裏紙をこよりでとじた自家製だ。
表紙に墨書で大きく「棄利張金子静枝」とあった。
中をめくると、新聞の切り抜きがびっしりと貼り付けられていた。
特に明治の古美術調査の記事や正倉院の宝物の絵がある1冊が目に留まった。
古書と古美術が好きな私は、迷った末、5冊2万円で購入した。

すぐに金子と記事について調べ始めた。
ところが、最も信頼できる「京都大事典」はじめ、どの事典にも出てこない。
記事は大半が日出新聞に掲載された本人の記事だと判明。
後身の京都新聞社に足を運んだ。
社内では有名な記者だったと教えてくださったが、残念ながら資料はなかった。

図書館などで古い文献をひもとくうち、金子は幕末の新潟の医師の家の出身で、いくつかの新聞や雑誌の記者を経て創刊時の日出新聞に招かれたことがわかった。
調査の後は各種博覧会の審査員などとして活躍したようだ。
私はマイクロフィルムで関連記事をさらに入手。
「棄利張」の膨大な記事と併せて日付順に整理し、作品や人物の略注も施していった。

~~~~~~~~~~~(略)~~~~~~~~~~~~~~~

文化財保護の観点から近年、この調査(明治21年の古社寺宝物調査)が注目を集めているが、詳細に内容を記した金子の記事はかなり有用な基礎資料になるだろう。

実は北野天満宮で「棄利張」を見つけたとき、一度購入をあきらめた。
ところが帰宅しかけたとき、夏の夕立がポッリ。あわててとって返し、購入した。
私の専門は「天神信仰」。
もしかしたら、天神様のお導きでは、と人に指摘された。
この希有な〝出会い〞に感謝している。


金子静枝「棄利張」
金子静枝「棄利張」


この北野天満宮の縁日での、金子静枝のスクラップブック「棄利張」(きりばり)との出会いがなかったならば、竹居氏は金子静枝の研究に手を染めることはなかったでしょうし、【「日出新聞」の明治21年古美術調査報道記事】が、世に広く紹介されることもなかったのではないかと思います。

劇的な出会いであったということなのでしょうか。

竹居氏は、その後3冊の「棄利張」を別の機会に入手され、現在8冊架蔵されているとのことです。


「棄利張」との出会いから、34年。
今般、「芸艸堂」からこの本が出版されることになったということです。
出版に至るいきさつについては、先の話でご紹介したとおりです。

【「日出新聞」記者金子静枝と明治の京都】
という本は、なかなか世に注目されそうにないマニアックな本だと思いますが、今般、日経新聞文化欄にこれだけ大きく採り上げられたことによって、より多くの人に知られ関心を惹くようになればと、思うばかりです。


この本のことが、全国紙に、こんなにも大きく紹介されたということが、ちょっと嬉しくなって【続報】を書かせていただきました。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanagawabunkaken.blog.fc2.com/tb.php/48-fc73ced7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)