観仏日々帖

古仏探訪~秋田県湯沢市 談山神社、土沢神社の観音像


小沼神社に続いて、同じ日に訪れた秋田の平安古仏を、ご紹介しておきたいと思います。

訪れたのは、湯沢市にある談山神社、土沢神社という二つの神社です。
やはり、平安古仏の木彫像が、神社に祀られているのです。

二つの神社に祀られている二躯の観音像は、制作年代は違っているかもしれませんが、いずれも立ち木に顕れる霊性を造形表現したのではないかと思われるような木彫仏です。
仏像は、随分朽ちてしまっているのですが、今でも、神社のご神体として祀られ、地元の人々に大切に守られています。

もともとは、神社に祀るために造られたということではないのでしょう。
いつの頃からか、集落の神社に観音像が祀られ、その地の守り神のように信仰されている有様を目の当たりにすると、いにしえの古代から長らく息づいてきた、みちのく出羽の地における、神仏習合の原風景をみるような気がしました。


まずは、談山神社の伝千手観音像のご紹介です。

談山神社・伝十一面観音像~「古仏への視点」掲載写真談山神社に祀られる伝千手観音像といわれる像は、随分朽ちていて顔貌をとどめないほどに摩耗しているためか、地方仏について採り上げた本にも、まず採り上げられていることはありません。

この仏像の存在を知ったのは、井上正氏が日本美術工芸に連載していた「古仏への視点」というシリーズに採り上げられていたからです。
右の写真が、掲載されていた写真です。

「秋田の霊木化現像」という表題で、談山神社・伝千手観音立像が登場します。
今回ご紹介の小沼神社、土沢神社の仏像の他、白山神社女神像も、一緒に採り上げられていました。


談山神社は、秋田県の南部の内陸部、湯沢市杉沢という処にあります。
折角、小沼神社まで出かけるのだから、脚を伸ばして是非行ってみようと、訪れました。

談山神社は、杉木立に囲まれた、小高いところに在ります。

談山神社・鳥居...談山神社
談山神社の鳥居と杉並木に囲まれた石段

鳥居をくぐり、階段を少しばかりのぼると、社殿が見えてきます。

談山神社・社殿
談山神社・社殿

地元で、管理されている方がお二人お迎えいただき、ご案内頂きました。

千手観音像は社殿の後ろ側に造られた、コンクリート製の収蔵庫に祀られていました。
社殿の奥に接続するように収蔵庫が造られているので、社殿に参拝すれば、ちゃんと観音様の方に向かって参拝できるようになっています。
我々も、社殿に上げていただき、お賽銭箱を乗り越えるように奥に上がらせていただき、収蔵庫に向かいました。
収蔵庫の鉄扉が開かれ、姿を現した千手観音像は、なんとも痛ましいお姿でした。

談山神社・伝十一面観音像収蔵庫
談山神社社殿の奥の観音像収蔵庫

腕は全部残っていませんし、火災にあったのか上半身には焼け焦げの後のような肌が残っています。
また、一部焼けた肌を削り落としたのでしょうか、目、鼻、口は削ぎ落とされたようで、「のっぺらぼう」のような痛々しいお顔になっています。

談山神社・伝十一面観音像 上半身
談山神社・伝十一面観音像 上半身

「千手観音略縁起」によると、この仏像の来歴は、このように伝えられているそうです。


この像は、行基菩薩が日本各地に三十三体の観音木像を造立したものの一体である。
神社西北の杉沢山普門寺に祀られていたが、天正年中(1573~1592)兵火に遭い堂塔が焼亡し、千手観音像は谷中の土中に長く埋没し、後には古木谷の橋となっていた。
これを見出した僧円海が、山上に安置して中興したが、慶長年中(1596~1615)に現在の地に遷座したという。

この像の痛ましいお姿を見ると、「土中に埋もれ、橋として使われた」という言い伝えとなるのも、むべなるかなという思いです。

千手観音像は、像高251㎝、ちょうど半丈六の立像です。
内刳りのない一木彫で、材はブナと思われるそうです。(カヤとする資料もあります)
頭部を、左側に大きくかしげているのが特徴です。

談山神社・伝十一面観音像 上半身...談山神社・伝十一面観音像 脚部
談山神社・伝十一面観音像 上半身                脚部       .

拝した印象を、単語で並べると、こんな感じです。

「ゴツイ」「野太い」「ゴツゴツ」「ズドーン」

仏像の造型表現としては、なんともふさわしくないように思うのですが、本当にそんな感じがするのです。

このタイプの像は、平安前期彫刻を語る時によく使われる
「量感豊か、魁量性、重厚感、迫力」
といった言葉で表現されることが多いと思うのですが、この観音像はちょっと違うのです。
量感、重厚感豊かに彫り上げ、木彫として見事に彫り出したという感じではありません。
大きな木の幹から、用材そのままの姿がまだ偲ばれるような彫り方で、粗野で野太くゴツゴツと彫られた仏像のような感じがします。
頭部を、左側に大きくかしげているのも、木の幹の曲りに沿うように彫り出されているからだと思われます。
立ち木仏だったのでしょうか?
この土地に根ざした、土臭い信仰のエネルギーの表現をみるようです。

制作年代については、この像を採り上げた井上正氏も、
流石に行基時代の制作とは考えられず、藤原時代の制作とみて、

「行基が創始して全国に広めた、霊木化現の心と形が、後世まで生き続ける一例と見るほうが妥当であろうか」

と記されています。

いずれにせよ、朽ちかけた仏像というせいもあるのでしょうが、地霊のような不思議な霊感を感じさせる仏像でありました。



次にご紹介するのは、土沢神社の十一面観音像です。

この十一面観音像は、像高が430㎝もある巨大な木彫像だということです。
秋田県の指定文化財になっています。

土沢神社は、談山神社から南へ4~5キロの、田畑が連なる平地の中にぽつりと在りました。
鳥居も簡素で、社殿の方もこじんまりして、ちょっと失礼ながら、みすぼらしく傷んでいます。

土沢神社・鳥居...土沢神社の鳥居から見る風景
土沢神社の鳥居と、鳥居から眺めた風景

土沢神社・社殿
土沢神社・社殿

4メートル超の巨像がお祀りされている社殿のようには、とても思えません。
この土沢神社は、無住だそうで、地域で守られている神社です。
この日は、総代の方がわざわざ社殿を開いていただきました。

観音像は、社殿の一番奥に祀られています、
眼前に見上げると、びっくりするほどに巨大な観音像です。

土沢神社・十一面観音像....土沢神社・十一面観音像
社殿に祀られた土沢神社・十一面観音像と全身写真

この巨像が社殿にちゃんと収まるよう、仏像は床下の地面の処から立ち上がっていて、座って拝すると沈んだように見えます。
それで、やっとこの社殿に頭まで収まっています。
観音像の足元の所まで入れていただいて、拝することが出来ました。
余りの巨大さに、天に向かって仰ぎ見るという感じです。

土沢神社・十一面観音像 上半身
土沢神社・十一面観音像 上半身

相当に痛々しい姿で、欠失したり補ったりされている処がたくさん見られます。
膝から下は完全に失われたようで、後世に造られたものが、どう見ても不釣り合いに継ぎ足されています。

土沢神社・十一面観音像 脚部
土沢神社・十一面観音像 脚部

胸から上の方は、火災に遭ったのでしょうか、かなり焼け焦げた跡が残っています。
それにしても、ドーンと立つ巨像を目の当たりにすると、そのボリューム感に圧倒されてしまいます。


この観音像は、伝えるところによれば、近在の「安養寺」という寺のご本尊であったということです。
地元では「タニシ観音」と云い習わされているそうです。
「タニシ観音」の名のいわれは、次のような話だそうです。


ある日、安養寺のお堂が火災に遭い、建物は焼失してしまった。
だが、不思議なことに、この観音像は焼けて喪われずに、残っていた。
村人が近づいてよく見ると、無数のタニシが観音像を包むように貼り付いており、殻が焼かれてボロボロになったり、泡を吹いたりして死んでいた。
その姿は、まるでタニシが身をもって観音像を守ったかのようであった。
その後、村人はこの観音像を「タニシ観音」と呼ぶようになった。
以来、村ではタニシをとったり食べたりすることは禁じられ、今もその決まりは守られている。

神社のすぐそばには、「タニシ池」と呼ばれる池があり、ここにはタニシが多く生息しているそうです。
そこで、災難を乗り越えて土地の人々に守られてきた観音像に、こんな言い伝えが生まれてきたのかもしれません。

土沢神社近くのタニシ池
土沢神社近くのタニシ池

さて、この観音像をもう一度よく拝してみましょう。

カツラ材の一木彫で、内刳りがほどこされています。
4メートル超、丈六になんなんとする巨像を一木で彫ったのですから、どれほどのカツラの巨木であったのでしょうか?

土沢神社・十一面観音像 上半身丸山尚一氏は、


「カツラの立ち木に直彫りして、立ち木の勢いをそのまま表現しようとした、そのずんどうの像には、生の力が宿っている。
さすがに立ち木仏の威容を今に伝えている木彫像と云って良い。」
(「わが心の木彫仏・東日本」東京新聞出版局・1998刊)

と述べています。

この像も、霊木に刻んだ立ち木仏的なものだったのでしょうか?


「太造り」という言葉が似合う造形です。
土沢神社・十一面観音像 背面
お腹もドーンと膨らんで、腕も太く造られています。
まさに「堂々たる立ち姿」という感じがしますが、こんなに太く大きいのに、重厚感とか圧迫感というような威圧的迫力を感じさせません。
宗教的な暗さとか重たさというようなものを、全く感じさせないのです。

むしろ、「おおらかで和やか」という印象です。
開放的な明るさ、拡がりのようなものを強く感じさせるのです。
巨大な体躯をもった、おおらかな青年のような魅力で、仰ぎ拝する人を惹き付ける魅力をもった仏像です。


さて、この像の製作年代や背景はどのように云われているのでしょうか?

一般的には、鎌倉初期に下る、地方仏師の作とみられているようです。

湯沢市史(1965刊)には、このように解説されています。


「土沢の十一面観音は鎌倉初期の地方仏師の作で、藤原時代様式の優美さがうかがわれる堂々たる傑作で、地方作の丈六仏としては、東北屈指の逸品である。」

もう一度、お姿を見上げてみました。
「ふーん、鎌倉?」
ちょっと、違和感があるような気がします。

一方、田中恵氏は、この像の表現に中央仏の表現とは違う、東北地方特有の造型表現の変容がみられ、定朝様式以降の仏像とは見られないと考え、


「この像は、その造形のおおらかさ(穏やかさ)から、従来制作時期を下げて考えられていた像である。
しかし、形式が示すところは、かなりの古様であり、11世紀以降の都で隆盛を誇った定朝様式の影響は全く見られない。
・・・・・・・・・
ここにみられるように、形式が古様で造像様式が都のままでなくて変容するという形態は、北東北では仏像の造像を考えるとき重要な要素となることである。」

と述べています。
こうした造形変容の事例の一つの重要作例として、黒石寺薬師如来坐像を挙げています。

黒石寺・薬師如来像
黒石寺・薬師如来像

さらには、その変容については、


「土沢神社像の造形の魅力である『おおらかさ(穏やかさ)』を、変容の一つと考えるからである。
このような造形を生んだ秋田の平安前半期の造仏は、多分に土着の信仰を含み込んだものであって、その造形も都とは必然的に異なることを示しているのである。」
(「秋田県の仏像」仏像を旅する・奥羽線所収、至文堂1989刊)

と述べ、この観音像の製作時期が平安前半期である可能性を示唆しています。

田中氏は、
この土沢神社観音像も、先にご紹介した小沼神社聖観音像も、みちのくの地の土着の固有信仰である「カミ」と、中央から伝えられた「ホトケ」が一体化して、造られた像と考え、
そうした像であるからこそ、中央仏の写しというのではなく、みちのくの地らしい色々な表現に造形変容して、造られ祀られるようになった
と説明しています。

小沼神社の二躯の観音像
小沼神社の二躯の観音像

私には、よく判りませんが、
この観音像の造形を観ていると、鎌倉時代の制作という感じはしませんでした。
平安後期ぐらいかなと感じました。
堂々とおおらかで明るく開放的で、太造りな有様を見ると、平安仏と思いたくなりますし、そのように見えてきます。


この日、訪れた二つの神社の仏像は、共に「立ち木仏」かも知れないと云われる像でしたが、この湯沢市には、もうひとつ「立ち木像の神像」が残されています。

白山神社・女神像今回は、訪ねることが出来ませんでしたが、湯沢市松岡にある白山神社の女神像です。

右の写真のような神像です。

この女神像には、なんと根の部分が今も残されているという、大変珍しい像です。
根を含む総高165㎝のケヤキの一木造りで、内刳りはありません。
平安後期の製作と云われています。

この地域には、立ち木彫り的な彫像が、多く残されているのは、訳でもあるのでしょうか?


今回の、秋田の平安古仏観仏の旅は、云いかえると

「神社を訪ね、ご神体となっている仏像を拝する旅」

となりました。

それは、辺北の地における、
仏教の信仰は、どんな有様だったのであろうか?
仏像は、どのようにこの地に受け入れられていったのだろうか?
ということに、思いを馳せさせてくれることになりました。

土着の信仰と、仏教・仏像とが、一体融合してカミとして祀られたという、この辺北の土地固有の仏像、

「カミとホトケの一体化した神仏習合像」

という、不思議な造形にふれることが出来たような気がしました。

今回訪問した、小沼神社、談山神社、土沢神社の仏像は、どれも皆、
「出来の良い仏像」「造形的に優れた仏像」
という感じはしません。
どちらかといえば、ちょっと出来が良くないというか、美しさとは縁遠い仏像でした。

しかし、決して期待外れの古仏探訪とはなりませんでした。

どの仏像を観ていても、そこに、古代の東北という辺北の地に生きた人々の、この地に根ざした信仰の力のようなものを、何故だか感じさせられてしまう像ばかりでした。

ズシーンと、心に残る仏像たちでありました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanagawabunkaken.blog.fc2.com/tb.php/39-e0734190
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/10/06 08:56)

湯沢市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

  • 2013/10/06(日) 08:56:27 |
  • ケノーベル エージェント