観仏日々帖

新刊・旧刊案内~「小川晴暘と飛鳥園」 月刊大和路ならら 3月号


月刊誌「大和路ならら」に、「小川晴暘と飛鳥園」と題する特集が組まれました。

「月刊 大和路ならら」 2013年 3月号

地域情報ネットワーク刊  400円

20130506-1.jpg

ちょうど、この観仏日々帖のメインサイト・神奈川仏教文化研究所HPの「埃まみれの書棚から」で、「奈良の仏像写真家とその先駆者たち」という連載を終えた処です。
連載で、「小川晴暘」について採り上げたばかりですが、この月刊誌が出たのが「小川晴暘」の話の掲載が終わってしまってからのことでした。

そこで、こちらの観仏日々帖「新刊・旧刊案内」の方で、追加紹介ということにさせていただこうと思います。

わざわざご紹介したのは、この特集、大変によくまとまった充実した内容だからです。
奈良の仏像写真家「小川晴暘」のことを知りたいと思えば、まずは、この一冊で充分と云っても良いものだと思います。

20130506-2.jpg

20130506-5.jpg


この「月刊・ならら」の特集号が、「奈良の仏像写真家とその先駆者たち」の連載よりも先に発刊されていたなら、私も色々手間をかけて、「小川晴暘」のことを調べてまとめることはなかったように思います。
この特集号の「つまみ食い」で、楽勝に書けたのに・・・・・というのが本音の処です。

流石に、プロの編集者の構成です。
「小川晴暘」の人と仕事について、見事にコンパクトにまとめられています。

特集のキャッチコピーは、

「仏像写真を芸術に高めた男」

ですが、このワンフレーズが、小川晴暘の写真の全てを、一言で語っていると云ってもよいでしょう

全27ページにわたる特集です。
内容については、「目次」をご覧になってください。
目次のインデックスをみれば、小川晴暘の人と仕事について、いろいろな角度から、採り上げられているのがよく判ると思います。

20130506-3.jpg


小川晴暘については、「埃まみれの書棚から」で詳しくご紹介しましたので、ここで改めてはふれないでおきます。

神奈川仏教文化研究所HP埃まみれの書棚から「奈良の仏像写真家とその先駆者たち」(第160回161回)をご覧ください。


この特集号で、私が特に面白かったのは、

「小川光三さんに聞く、〈わが父、小川晴暘〉」

という話でした。
ご存じのとおり、小川光三氏は、晴暘の三男で、現在の「飛鳥園」社主です。
肉親の眼から見た小川晴陽のことが語られていて、大変興味深く読むことが出来ました。

20130506-4.jpg



ついでの話ですが、「父・小川晴暘を語る」という形の文章は、このほかに二つあります。

ひとつは、最近刊行されたばかりの、
「小川晴暘の仏像」2012年12月 毎日新聞社刊
に、
小川光三氏による「父、小川晴暘と飛鳥園」という文章が掲載されています。

もうひとつは、
「アジアの彫刻」1968年3月 読売新聞社刊
に、
晴暘の長男・小川光暘氏の「父・晴暘と古美術写真」と題する文章が掲載されています。
小川光暘氏は、同志社大学の日本美術史の教授として著名であった人です。(1995年没)

それぞれに、「小川晴暘という人」を知るには、興味深い文章です。


今回の新刊案内、「月刊 大和路ならら~小川晴暘特集号」は、仏像写真の世界や、小川晴暘・飛鳥園に興味関心のある方には、必携だと思います。
大変面白く、是非お手元に置いて読んでみていただきたいと思い、紹介させていただきました。

この月刊誌、一般の書店やAMAZONでは、扱っていないようですが、「月刊大和路ならら」のHPから、ネットでバックナンバー購入申し込みが可能です。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanagawabunkaken.blog.fc2.com/tb.php/26-1de83393
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)