FC2ブログ

観仏日々帖

あれこれ~新連載「仏像をみる眼はうつろうのか?~近代仏像評価の変遷をたどって」がスタートします  【2018.11.3】


近代仏像評価の変遷・タイトルページ


神奈川仏教文化研究所HP  「古仏愛好」ページで、

「仏像をみる眼はうつろうのか?~近代仏像評価の変遷をたどって」

連載 第1回  【はじめに】


と題した連載を、新たにスタートさせていただくこととしました。


仏像が、「美術作品」「仏像彫刻」として観られるようになったのは、明治時代半ば頃のようです。
それから現代までの百年数十年の間に、優れた彫刻作品として評価された仏像が、どのように変遷していったかをたどってみようとする話です。

「近代仏像評価変遷史をたどる試み」  とでも云って良いのかもしれません。



最近「仏像と日本人-宗教と美の近現代」という本が、出版されました。

「仏像と日本人~宗教と美の近現代」 碧海寿広著 2018年7月 中公新書刊 


仏像と日本人

「近代仏像鑑賞概史」とも云える本で、大変興味深く読みました。

この本、いろいろな書評に採り上げられるなど話題を呼び、結構、売れ行きもよいようです。

明治維新以降、現代にいたるまで、近代日本における「仏像鑑賞の有様、移り変わり」を、文化財保護にかかわった人、仏像鑑賞する教養人、仏像写真家などからたどっていった本です。

岡倉天心、和辻哲郎、亀井勝一郎、土門拳、入江泰吉、白洲正子、みうらじゅんなど、時代時代に「仏像を観た人」が、どのような視点や感性で仏像を鑑賞したのかが論じられています。
これらの人たちが、「美術作品としての仏像」と「信仰の対象としての仏像」をどのような眼で捉え、どのような態度で接していったのかをたどることによって、美術と宗教のあいだで揺れ動く近代の仏像鑑賞の諸相が論じられています。


私も、明治以降の近代における古寺や仏像にまつわる話は、従来から関心が強いテーマです。

これまでも、
文化財保存の話、仏像修理・模造の話、仏像写真家の話、仏像新発見や盗難の話
などを「神奈川仏教文化研究所HP」・「観仏日々帖」などで、ご紹介してきたことがあります。

実は、一番興味があった話は

「明治以降、近代の仏像の評価は、どのようにうつろい、変遷していったのだろうか?」

というテーマでした。

現在、人気NO1の興福寺・阿修羅像は、明治時代にはほとんど評価されていなかったようですし、広隆寺の宝冠弥勒菩薩像もそのようです。
神護寺薬師如来像に代表される平安初期一木彫も、現在は、高い評価でその魅力が語られますが、明治大正期の評価は随分違ったものであったようです。
仏像の評価も時代と共にうつろっており、評価観、美のモノサシも時代々々の思潮、時代精神に大きく影響されているようです。

いわば「近代仏像評価変遷史」とでもいうものをたどってみるというのも、大変興味深いのではないだろうかと思い、このテーマについて、少しずつ調べてみたりしていました。

以前、「観仏日々帖」に、
「明治時代の美術史書にみる『仏像の評価』を振り返る」
と題して、明治時代の仏像評価の特質や変遷について、ふれさせていただいたこともあります。


「仏像と日本人~宗教と美の近現代」という本に触発された訳でもないのですが、丁度良い機会かと思い、思い切って、明治から現代までの仏像評価の変遷をたどる「近代仏像評価変遷史」を、

「仏像をみる眼はうつろうのか?~近代仏像評価の変遷をたどって」

という連載に、まとめてみようという気になりました。


どんな話になりそうかということについては、「連載予定の目次」をまとめてみました。

近代仏像評価の変遷・目次


この目次、ご覧いただいて、如何でしょうか?
おおよそ、どんな内容の話になりそうなのかは、ご想像がつくのではないでしょうか。

かなりというか、相当にマニアックな話なので、皆さんのご関心があるのかどうか心持たないところですが、
「近代仏像評価の変遷と時代精神、思潮との関わり」
をたどっていくというのも、なかなか興味深いテーマなのではないかと思います。


実は、まとめるのに結構、手間と根気のいる作業でした。

20回以上の長い連載になり、資料やリストの羅列が続く、面白みの無い話が続きそうなのですが、辛抱してお付き合いいただければと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanagawabunkaken.blog.fc2.com/tb.php/172-502f1dbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)