観仏日々帖

古仏探訪~兵庫・多可郡 楊柳寺 楊柳観音・十一面観音像(その2)


次は、楊柳寺・十一面観音像についてのご紹介です。


楊柳寺・十一面観音立像.........楊柳寺・十一面観音立像


頭のてっぺんからつま先まで、身体全体に「気」を漲らせています。
その漲らせた「気」を、そのひん曲がった唇から吐きつけているようです。
像の前で拝すると、圧倒的に押し寄せてくる「気」に押し倒されてしまいようになります。思わず後ずさりしてしまいそうです。

「霊威みなぎる像」とでもいうのでしょうか。


楊柳寺・十一面観音立像顔部.....楊柳寺・十一面観音立像顔部
十一面観音立像・顔部    .

この像は、内陣の右手の厨子の中に一躯だけ祀られています。

7年前に拝した時には、この本堂が修理中のため、内陣内の仏像は全て隣の阿弥陀堂に写されて仮安置されていました。
その時、この十一面観音像のお顔を、目と鼻の先というか、目と目を付け合わせるほどの間近で拝することが出来ました。
本堂の御本尊をはじめとした諸仏が並んで安置されている中で、1躯だけ強烈な「気」を発散させていたのがこの十一面観音像でした。
そのオーラというか、強烈なインパクトは、その後ずっと忘れられないものになっていました。

地方へ出かけると、強く印象が残る仏像に出会うことがあります。
しばらくの年月を置いて再訪し、その仏像に再会すると、初対面のときの迫力やインパクトを感じなくなってしまうことが良くあります。
「どうして、この仏像にそんなに惹かれたのだろうか?」
と、がっかりしてしまうのです。

はじめて出会った時の「想定外の意外性、第一印象効果」とでもいうものだと思います。

今回、この十一面観音像に二度目の対面をする時、

「ひょっとしたら、かつて感じたほどの強烈な印象を感じないのではないか?」
「意外に、ちょっと気抜けしてしなうのでなないだろうか?」

そんな気持ちを抱きつつ、扉の開けられた厨子の中の像を拝したのです。
果たして、そんな懸念は全く無用でした。
十一面観音像は、やっぱり強烈な「気」を身体全体から変わりなく発散させていました。


楊柳寺には、御本尊・楊柳観音のほかに、平安古仏が6躯あります。

本堂の十一面観音像3躯と、奥の院の千手観音像、両脇の不動明王像・毘沙門天像で、いずれも県指定文化財に指定されています。
ここで採り上げた十一面観音像の以外の5躯は、穏やかな造型表現で、いかにも平安中後期の仏像を思わせます。
10世紀末から11世紀の制作と云われています。

楊柳寺・千手観音像(奥の院)
楊柳寺・千手観音立像(奥の院)


楊柳寺・十一面観音立像(本尊厨子内).....楊柳寺十一面観音像(本尊厨子内)
本尊楊柳観音厨子内に脇侍として安置される2躯の十一面観音像         .


この十一面観音像だけが、これらの諸仏と全く異質の、強烈な「気」を漂わせた特異な仏像です。
実は、この像は楊柳寺本来の仏像ではなく、いずれの時にか、どこかの寺から楊柳寺に移されてきた「客仏」と云われています。

こんな「霊威みなぎる仏像」を祀っていたお寺は、どのような由緒の寺であったのでしょうか?

楊柳寺・十一面観音立像.......楊柳寺・十一面観音立像
客仏として安置されている霊威みなぎる十一面観音像         .


十一面観音像の姿を、今一度、拝してみたいと思います。
楊柳寺・十一面観音像衣文
本像は半等身大(125.3㎝)の立像で、蓮肉までカヤの一材で彫り出し、内刳りはされていません。
9世紀、平安前期制作の像と云われています。

全面に黄土を施した、黄彩檀色像だそうです。
造形は、「歪んでいる」という言葉がそのまま当てはまります。
頭部の正中線と脚間の正中が外れて歪んでいます。突き出た口唇もまた、ひん曲がっています。
衣文は鋭い鎬をもち、荒々しく深く抉り出しています。しつこくくどいと云って良いような衣文表現です。
身体全面には、刀痕を残して仕上げられています。

「精神性を内に秘めた」という像ではありません。
「強烈な精神性」を目一杯、これでもかと表に発散させる造形表現です。
彫像としての出来の良さということでは、一歩二歩譲るのかもしれませんが、強烈な「霊威」「気」を発散させる造形になっているのだと思います。

この仏像の、みなぎるような「霊威」の発散は、三重・観菩提寺の十一面観音像や、奈良・霊山寺の十一面観音像を思い起こさせるものがあります。

観菩提寺十一面観音像.....観菩提寺十一面観音像顔部
三重・観菩提寺十一面観音立像         .


霊山寺十一面観音像.....霊山寺十一面観音像顔部
奈良・霊山寺十一面観音立像         .

私は、このような
「気迫勝負!」
と云って良いような仏像に、強く惹かれるものがあり、魅力を感じています。
アクが強いというのか、デフォルメにすぎるというのか、どこか破綻したような造形ですが、それがまた心に深く突き刺さる、強烈なインパクトを与えるのではないのでしょうか?


久しぶりに訪れた、播磨・楊柳寺。
楊柳観音像と十一面観音像は、やはり
「興味をそそられ気になる仏像であり、惹きつけられる仏像」
でありました。

なかなか訪れにくいところに在る古寺・古仏ですが、「来てみてよかった」そんな満足感を抱きつつ、楊柳寺を後にしました。

(なお、掲載写真については、出版物、多可町・那珂ふれあい館HPから転載させていただきました。)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanagawabunkaken.blog.fc2.com/tb.php/17-91ca153f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)