FC2ブログ

観仏日々帖

新刊・旧刊案内~「仏像と日本人ー宗教と美の近現代」 碧海 寿広 著  【2018.8.18】


ちょっと変わった切り口の、興味深い本が出版されました。


「仏像と日本人-宗教と美の近現代」 碧海寿広著 2018年7月 中公新書刊 【255P】 860円


「仏像と日本人ー宗教と美の近現代」碧海 寿広 著


【近代日本の仏像鑑賞の移り変わり、様々な視点を辿った本】


明治維新以降、現代にいたるまで、近代日本における「仏像鑑賞の有様、移り変わり」を、文化財保護にかかわった人、仏像鑑賞する教養人、随筆家、仏像写真家などなど、諸々の視点からたどっていった本です。

仏像鑑賞随筆や、仏像ガイドブックといった本は、これでもかというほど沢山あるのですが、「近代日本の仏像鑑賞を辿る」というテーマでまとめられた単行本は、この本が初めてなのではないでしょうか。

本書の表紙扉には、このような内容紹介がされています。

「仏像鑑賞が始まったのは、実は近代以降である。
明治期に吹き荒れた廃仏毀釈の嵐、すべてに軍が優先された戦時下、レジャーに沸く高度成長期から、“仏像ブーム”の現代まで、人々はさまざまな思いで仏像と向き合ってきた。
本書では、岡倉天心、和辻哲郎、土門拳、白洲正子、みうらじゅんなど各時代の、“知識人”を通して、日本人の感性の変化をたどる。
劇的に変わった日本の宗教と美のあり方が明らかに。」

このように綴っても、この本の内容のイメージが、きっと頭に浮かんでこないことと思います。


「目次」をご覧ください。

「仏像と日本人」 目次

「仏像と日本人」 目次

「目次」の各章の項目と小見出しをご覧いただくと、
「なるほど、こんなテーマについて書いた本なのだ。」
ということが、およそ想像がつかれたのではないでしょうか。

「近代仏像鑑賞概史」と称してもよいような内容になっています。

これらのテーマを、こんなふうにまとめた類書は、無かったように思います。
目次の各項目、一つ一つのテーマについて採り上げた小論、論考などが、美術雑誌に掲載されているものは、探すといろいろあるのですが、ひとまとめにして単行本にしたものは、初めてみました。



【これまでになかった近代仏像鑑賞概史とも呼べる本~美術作品と宗教的対象の二面性の視点で語る】


著者の碧海寿広(おおみとしひろ)氏は、本書の「まえがき・あとがき」で、本書の執筆意図や内容などについて、このように記しています。

碧海 寿広 氏
碧海 寿広 氏
「近代以降、西洋的な美術鑑賞の文化が日本に輸入され、やがて、仏像もまた美術品ととらえる風習が形成される。
その結果、仏像を信仰対象として拝むのではなく、美術品として鑑賞し語る人びとが増えた。
本書が詳しく論じるのは、こうした仏像をめぐる近代以降の変化である。
・・・・・・・
本書は、こうして美術と宗教のあいだで揺れ動く、近現代の日本人の心模様を追跡する。
そして、そこに見出される、新しい宗教性の諸相を明らかにしていきたい。」

「仏像の本は少なくない。
・・・・・・・・
が、本書のように、日本人と仏像の関係や、仏像をめぐる人びとの想像力や宗教性をテーマにした著作は、あまり多くない。
特に、近現代の仏像を取り巻く状況に関して、この種の検証や考察を行った書物は、これまで皆無だったと思う。
前例がないため、執筆にはさまざまな創意工夫が必要であった。
そうして試行錯誤のすえ完成した本書は、宗教学的な議論を基調にしながらも、美術史をはじめ多様な学問分野に接続した、学際性の豊かな作品に仕上がったと自負する。」

碧海寿広氏は、龍谷大アジア仏教文化研究センター博士研究員を務める、近代仏教研究者で、「入門 近代仏教思想 (ちくま新書)」などの著作があります。

中公新書HPには、【著者に聞く『仏像と日本人』/碧海寿広インタビュー】が掲載されています。



【「近代日本と仏像」に関する話は、私の最も関心あるテーマで興味津々】


皆さん、この本に、ご興味、ご関心を持たれましたでしょうか?

私は、明治以降、「近代における仏教美術、仏像に関する話や出来事」は、最も関心のあるテーマです。
「どうしてか?」
と聞かれても、困るのですが、「仏像鑑賞、仏像愛好の世界」以上に、面白く興味深くて、いろいろ調べてみたりしています。

神奈川仏教文化研究所HPの「埃まみれの書棚から」連載にも、「近代奈良と古寺・古文化をめぐる話 思いつくまま」と題して、近代の古寺、仏像にまつわる話を掲載させていただいています。

本書「仏像と日本人」の採り上げテーマに関する話では、次のような話を採り上げたことがあります。

二人の県令、四条隆平・税所篤~廃仏知事と好古マニア(廃仏毀釈の話)

明治の文化財保存・保護と、その先駆者~町田久成・蜷川式胤

奈良の仏像写真家たちと、その先駆者


そんなわけで、この本は出版予告の段階から興味津々で、発売日に即座に購入したのでした。

馴染みの深いテーマの本でしたので、一気に読破してしまいました。
私には、大変、面白く、興味深い内容でした。
近代における仏像鑑賞とそれを取り巻くテーマについて、コンパクトにわかりやすくまとめられています。
「近代仏像鑑賞史」を、「美術作品としての仏像、宗教的対象としての仏像」のはざまという視点で、流れをたどった読み物のようになっていました。
様々なエピソードなども、いろいろ挿入されており、愉しく読み進めます。

「目次」のようなテーマに、ご関心がある方には、格好の必読書です。
それほどの関心がない方も、仏像好きの方なら、是非、一読をお薦めします。

結構、幅広く多面的な切り口から書かれていますので、面白い話が並んでいるのですが、ちょっと羅列的に登場するなとか、それぞれのテーマについてもう少し掘り下げて知りたいという印象もありました。
新書というボリュームの制約がありますので、致し方ないことだとは思いますが・・・・・

この切り口、テーマでの、第2弾の著作が、いずれ発刊されるのを、期待しています。



【関連本を3冊ご紹介~ご関心ある人へ】


最後に、このテーマに興味を待たれた方のために、関連本を、絞り込んで3冊だけ、ご紹介しておきます。


「〈日本美術〉の発見」 吉田千鶴子著 (2011年) 吉川弘文館歴史文化ライブラリー 【209P】 1700円

「日本美術の発見」

明治維新から始まる、明治期の古美術品、文化財の調査、保存保護の歴史とその取り組みについて、時系列に体系的に、きわめて判りやすく綴られています。
副題には「岡倉天心がめざしたもの」と付され、岡倉天心はが、いかに古物、宝物を「美術」品として再評価させたのか。
フェノロサらと関わりつつ古美術保護に献身し、「日本美術」発見にいたる天心の足跡が記されています。


「仏像と近代」浅井和春執筆 (1993年) 東京国立博物館「大和の古寺の仏たち展図録」所収 

「大和の古寺の仏たち展図録」

東博で開催された特別展「大和の古寺の仏たち」の図録です。
冒頭、10ページに亘って、浅井氏の「仏像と近代」と題する一文が掲載されています。
今般出版の「「仏像と日本人」の内容の、エッセンス、超コンパクト版といった内容ですが、たいへん判りやすくまとめられています。


「写された国宝」(2000年)東京都写真美術館企画監修・同名特別展図録 【173P】

「写された国宝展図録」

この展覧会は、明治初年の横山松三郎から現代に至るまでの代表的仏像写真作家達を時系列で振り返る画期的な写真展でした。
いわゆる近代仏像写真の歴史を、一覧することが出来る、貴重な図録です。
それぞれの写真作家たちの特色、魅力についても丁寧に解説されており、「写された国宝~日本における文化財写真の系譜」(岡崎章子)と題する、充実した解説・論考も載せられています。
明治初期からの文化財、仏像写真の歴史とその系譜を知るには、必携必読の本です。


コメント

歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。

  • 2018/08/18(土) 16:18:34 |
  • URL |
  • omachi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanagawabunkaken.blog.fc2.com/tb.php/169-7d3a9567
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)