FC2ブログ

観仏日々帖

トピックス~会津・慧日寺跡に、草創当初の薬師如来復元像(東京藝大制作)を安置(7/30)  【2018.08.10】


福島県、会津の磐梯町にある、慧日寺跡を訪ねられたことがあるでしょうか?


慧日寺跡~再興中門・金堂を望む
慧日寺跡~再興中門・金堂を望む



【南都の高僧、徳一開基、大同年間草創の会津・慧日寺】


慧日寺は、平安時代初め、大同2年(807)に僧・徳一(とくいつ)によって開創されました。

ご存じのとおり、徳一は南都、法相宗の高僧で、天台宗の開基、最澄と「三一権実諍論」と呼ばれる大論争を繰り広げたことなどで知られています。
布教活動のために、会津地方や東国に下り、慧日寺のほか会津・勝常寺や、筑波山・中禅寺、茨城石岡・西光院などを建立したと伝えられています。

なかでも、慧日寺は、東北地方で開基が明らかになっている最古の寺院で、東北の中心的寺院として隆盛し、大伽藍を誇ったといわれています。
草創時の本尊像は、室町初期に焼失したようです。
戦国時代には、戦渦に巻き込まれ、江戸初期には金堂も焼失するなどして、衰亡しました。
その後に、薬師堂、本尊・薬師如来像などが再興されましたが、明治の廃仏毀釈によって廃寺となり、再興本尊も再び焼失してしまいました。



【一度は訪ねてみたい国指定史跡、慧日寺跡~資料館や再興金堂・中門が】


慧日寺跡は、東北の仏教文化発祥の地として、昭和45年(1970)に国の史跡に指定されると共に、伽藍の発掘調査が進められ、その遺構が明らかになってきています。

史跡・慧日寺跡俯瞰
史跡・慧日寺跡 俯瞰

また、地元あげて、史跡の保存保護、慧日寺当初の姿の復元整備への取り組みが進められています。
昭和62年(1987)には、「磐梯山慧日寺資料館」が開館するほか、2008年に金堂が復元、翌年には中門の復元が実現しています。

慧日寺・再興金堂~2008年再興復元
慧日寺・再興金堂~2008年再興復元

私は、会津の仏像探訪には何回も行ったことがあるのですが、慧日寺跡には未だ訪れたことがありません。
東北の仏教文化を語るには、大変重要な古跡で、伽藍史跡も遺されているので、訪ねていないとおかしいのですが、「仏像」のないところには、どうしても足が向かなかったというのが、本音のところなのかもしれません。

唯、もし慧日寺の当初本尊像が、遺されていたならば、それは見事で素晴らしいものであったことは間違いありません。
ご存じのとおり、会津で、徳一開基を伝える勝常寺には、優れた平安古仏が多数残されています。
本尊・薬師如来像は9世紀前半に遡るもので、東北地方の仏像の中でも、唯一、国宝に指定されているという見事な傑作です。

会津 勝常寺・薬師如来像(平安前期・国宝)
会津 勝常寺・薬師如来像(平安前期・国宝)

慧日寺は、勝常寺よりもはるかに大寺であったでしょうから、それこそ、どれほど凄い本尊像であったのだろうと想像を逞しくしてしまいます。



【慧日寺草創時の本尊・薬師如来像の復元像が完成、再興金堂に安置】


この慧日寺の創建当初の本尊・薬師像、即ち平安初期、大同年間の草創像が、この度、復元制作されたのです。
7月30日、慧日寺再興金堂に、復元制作薬師如来像が、安置されました。

7/30に慧日寺・再興金堂に安置された、復元薬師如来像
7/30に慧日寺・再興金堂に安置された、復元薬師如来像

復元制作像は、東京藝術大学藪内佐斗司教授が監修し、同大学の保存修復彫刻研究室の手で、約3年をかけて制作され、このほど完成したものです。

会津・慧日寺に、草創像を想定した像を制作安置する計画が進められていることは知っていましたので、

「いったいどのような像容の仏像が、制作されるのだろうか?」
「会津・勝常寺の薬師如来像の模造のようなスタイルになるのだろうか?」

と、興味深く愉しみにしていたのですが、ついに完成安置に至ったということなのです。

新聞各紙は、慧日寺・薬師如来坐像の復元完成安置を、こぞって報道しました。

河北新報は、

「<福島・磐梯 慧日寺跡金堂> 輝く薬師如来坐像 復元 明治に焼失150年ぶり安置」

という見出しで、このように報じています。

「福島県磐梯町の国指定史跡「慧日寺跡」に再建された金堂内に安置する薬師如来坐像の復元が完了し、現地で30日、除幕式があった。
慧日寺・復元薬師如来像完成安置ポスター
慧日寺・復元薬師如来像完成安置ポスター
平安時代に高僧、徳一が開いた会津仏教文化発祥の地は、1200年の時を超えてよみがえった。
薬師如来坐像は光背を含めて高さ4.2メートル。
ヒノキの寄せ木造りで、漆と金箔を施した。

町の委託を受け、東京芸術大大学院の藪内佐斗司教授が監修し、同大学院保存修復彫刻研究室が約3年かけて制作した。
2008年に復元された金堂は白と朱が基調。
薬師如来坐像は金堂に渋い輝きを放ち、いにしえの仏都の雰囲気をほうふつさせた。

慧日寺は807年創建。
会津地方の仏教文化の中心だったが、明治初期に廃寺となった。
薬師如来坐像は明治期に火災で焼失し、安置は約150年ぶり。
町は1970年の史跡指定後、歴史的景観の再現に取り組み、博物館施設として復元した金堂に続き、09年に中門を整備した。
展示物となる薬師如来坐像の復元費用は約9000万円。
地元企業や住民らの寄付で全額賄った。

除幕式には約70人が出席。
東京芸大の澤和樹学長がバイオリンの記念演奏を披露した。
五十嵐源市町長は
「金堂復元から10年。歴史を今に生かし地域の宝として後世に伝えたい。住民、企業、行政皆で作り上げることができた」
と語った。」



【復元費用は、9000万円】


この記事を読んで、印象深かったのは、

「復元費用に、9000万円もかかったのか!」

という処です。

2013年に完成した、唐招提寺の鑑真和上像(脱活乾漆)の模造制作費用が3000万円ということでしたが、その3倍ということになります。
総高4.2メートル(像高1.9メートル)という巨像の復元制作ともなると、このぐらいの費用は当然ということなのかもしれません。



【一木造りではなくて、寄木造りで制作~100本以上の材を木寄せ】


もう一つ、記事の中でアレッと思ったのは、

「ヒノキの寄せ木造りで・・・・」

という処です。

「大同2年(807)草創期の像となれば、一木造りしかないでしょ。
会津・勝常寺の薬師如来も、一木割矧造りなのに、どうして寄木造り?」

と思ったのです。

ちょっとNETで調べてみたら、「復元像制作記念誌」が発刊されていて、そのPDFが「東京藝大保存修復彫刻研究室のHPに掲載されていました。

そこには、寄木造りとした訳について、このように書かれていました。

「造像当時の慧日寺薬師如来像は、平安時代初期という時代から見て巨木から像のほとんどを彫り出した一木造であったと考えられます。
しかし現在ではそのような巨木は極めて貴重であり、彫刻制作に用いることはできません。

そこで今回の復元制作では、反りの少ない良質な天然木曽ヒノキを用いた寄木造を採用しました。
15cm 角の材を中心とし、本体だけで100 本以上の材を使用しました。
内刳りとして内部を空洞にする部分は無駄になるため、CGも用いてその部分を省いた木取りを行いました。」


CG を援用した木寄せ設計復元像の木寄せ図材木が仮組された復元像
CG を援用した復元像の木寄せ設計図 と 材木が仮組された復元像

成る程、いまどき、こんな巨像を一木で造れるような巨木はどこにも存在しないのだ。
寄木造りで造るしか方法がなかったのだと、納得です。
それにしても、100本以上の膨大なヒノキ材を寄せたという技巧には、二度ビックリです。
もし、一木造りに近い巨材を世界中から探して制作したりしたら、数億円かかっても難しかったのかなと、今更ながらに感心してしまいました。

「復元像制作記念誌」(東京藝大保存修復彫刻研究室HP・PDF掲載)は、慧日寺本尊薬師像の歴史と、復元制作像の制作プロセスが詳しくわかる、興味深い資料です。



【復元像の像容は、会津勝常寺・薬師如来像にそっくり】


さて、復元制作像の像容は、どのような姿になったのでしょう?

復元制作された慧日寺・薬師如来像

復元制作された慧日寺・薬師如来像

復元制作された慧日寺・薬師如来像
復元制作された慧日寺・薬師如来像

同じく徳一開基と伝えられる、会津・勝常寺の薬師如来像と較べてみましょう。
繰り返しになりますが、勝常寺・薬師如来像は、徳一ゆかりといわれるバリバリの平安初期一木彫像で、東北の仏像で唯一の国宝に指定されている傑作です。

会津 勝常寺・薬師如来像
会津 勝常寺・薬師如来像
会津 勝常寺・薬師如来像

慧日寺・薬師如来像 顔貌勝常寺・薬師如来像 顔貌
(左)慧日寺・薬師如来像 顔貌、(右)勝常寺・薬師如来像 顔貌

如何でしょうか?

全体としては、よく似ています。
やはり、勝常寺・薬師如来坐像を「本歌」として、復元制作されたように思います。

通肩の衣の衣褶の形状や、左足先の半分だけ衲衣でくるんだ形式などは、同様です。
復元像の方は、写真で見ているだけなので、何とも言えない印象論になってしまいますが、
全体のボリューム感、胸の厚みや、眼の釣上がり方、突き出した唇などの顔貌の表情も、そっくりという感じがします。

ただ、勝常寺像の方が、慧日寺復元像よりも、キリリと引き締まった感じがするように思うのですが、
これはやはり、勝常寺像は、平安初期当初の制作だからでしょうか?
それとも、慧日寺像の方が、かなりの大型像 (勝常寺像:141.8㎝、慧日寺像:190㎝) であるからでしょうか?

いずれにせよ、慧日寺の復元本尊像、現代の復元像といえども、なかなかパワフルでダイナミックな存在感を感じます。
一見の価値ありという思いが強くなってきました。

いずれまた、会津方面に観仏探訪に出かける機会があったら、今度こそ慧日寺跡を訪れて、復元本尊像の姿を観に訪れてみたいものです。



【仏像模造制作、修理修復の研究発表などを進める、東京藝大「保存修復彫刻研究室」】


ところで、復元像制作の中心となった藪内佐斗司氏は、東京藝術大学の教授で、仏像彫刻の修理修復研究者として著名な仁です。
「せんとくん」
「せんとくん」
また、現代彫刻家としても活躍中で、平城遷都1300年記念事業のマスコット「せんとくん」の制作者としても有名です。

この薮内教授が指導に当たる東京藝術大学の「文化財保存学専攻保存修復彫刻研究室」では、近年、仏像彫刻技術に関する公開の研究発表会や、仏像模造制作発表会などが活発に行われています。

仏像彫刻を中心に文化財の保護の現場での理論と実技の両方が判る有為な人材を育成するために設けられた研究実践の場ということだそうで、今般の、慧日寺・薬師如来像の復元制作をはじめ、数多くの著名仏像の復元制作が行われています。

昨年(2017年)に、奈良柳生の円成寺の多宝塔に新たに安置された、運慶作大日如来像の模造も、この研究室の藤曲隆哉氏の研究制作によるものです。
この模造研究制作の過程で、
「運慶が康慶工房の図面を利用しながら、姿勢の傾斜角度を変える工夫をするなど、独自の創造性を発揮している」
ことが判明したという、興味津々の研究発表がされたのを、覚えておられる方もいらっしゃるのではないかと思います。

ごく直近では、東大寺において「東京藝術大学が育む文化財保護の若き担い手達展」(7/27~8/7)が開催され、研究発表会などもありました。

「東京藝術大学が育む文化財保護の若き担い手達展」ポスター

先ほどもご紹介しましたが、この「文化財保存学専攻保存修復彫刻研究室」のWEBサイトは、仏像彫刻にご関心ある方には、大変興味深く勉強になるものです。
研究発表会や模造制作のニュースをはじめ、仏像の制作技法、修理修復などに関するオンラインレクチャーなどが掲載されています。

是非、一度、ご覧になってみることをお薦めします。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanagawabunkaken.blog.fc2.com/tb.php/168-040beda3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)