FC2ブログ

観仏日々帖

新刊・旧刊案内~「奈良・大和を愛したあなたへ」 千田稔著   【2018.7.19】


読んでみると、ほのぼのとした心温まる気持ちになりました。

「奈良愛」とでもいうのでしょうか?
「奈良」という地へ心寄せる、深い愛情を感じる本でした。


「奈良・大和を愛したあなたへ」 千田稔著 2018年1月 東方出版刊 【162P】 1600円


千田稔著「奈良・大和を愛したあなたへ」



【近代奈良ゆかりの人々への想いを綴った本~41人へ差し出す手紙】


この本、明治以降の「近代奈良」にゆかりのあった著名人、学者、文化人、41人について綴った本です。
「41人へ差し出した手紙」という形式をとって、彼らの奈良での足跡や状況、作品などをたどり、当時の思いに寄り添いつつ、著者自身の奈良への愛惜が綴られています。

「近代奈良を彩る人物の紹介本」のようなつもりで、ページをめくっていったのですが、読み進むうちに、著者の「ほのぼの、しみじみとした深い奈良愛」の方に心惹かれるような気持ちになってしまいました。

本の帯に

「奈良にゆかりの 多彩な人たち その足跡に 思いを寄せ 大和への 愛情を綴る」

と書かれていましたが、まさにそのとおりです。

目次をご覧ください。

「拝啓 伊藤博文様」から始まって、著者から41人へ差し出す手紙の形式がとられています。

「奈良・大和を愛したあなたへ」目次1

「奈良・大和を愛したあなたへ」目次2

「奈良・大和を愛したあなたへ」目次4「奈良・大和を愛したあなたへ」目次3


採り上げられた人物、その小見出しをみると、近代奈良の文化史にご関心のある方ならば、大変興味深いラインアップになっていると感じられると思います。

私は、近代奈良の文化史に関心が強く、神奈川仏教文化研究所HPに、 「近代奈良と古寺・古文化をめぐる話 思いつくまま」(埃まみれの書棚から・第24~31話) という連載を掲載したりしていますので、この目次を見ると、そこで採り上げたテーマピタリの項目もいくつかあって、益々、読書欲をそそられてしまいました。



【著者の「奈良愛」がにじみ出す語り口】


著者の千田稔氏は、著名な歴史地理学者で、数多くの著作がある方なので、ご存知の方も多いのではないかと思います。

千田稔氏
千田稔氏
千田氏は、1942年、奈良県生まれ。
本書に、「奈良愛」が、にじみ出しているように感じるのも、ご自身が奈良の地に生まれ育ったということからなのでしょう。

千田氏は、あとがきで

「本書には、明治よりこの方、いわば往年の奈良を訪れた、あるいは奈良に関心をもった各分野で名の知られた人々の筆によって奈良に寄せる思いを書かれた文に寄り添って、私からその方々へ差し上げた手紙という形式をとってみた。
本書にとりあげた方々の文に接しながら、奈良に対して愛惜の念が漂うのを思わざるをえなかった。」

このように語っています。

その語り口と、内容のさわりに、ちょっとだけ触れていただけるように、
「拝啓 関野貞様」の最初のページを、ご覧いただきたいと思います。

「奈良・大和を愛したあなたへ」~関野貞ページ


名宛人に寄せる想い、ほのぼのとした語り口を感じていただけたのではないかと思います。
随想的な文章なのですが、歴史地理学者である深い学識に裏打ちされた内容で、近代奈良文化史にかかわった、それぞれの人々の足跡やエピソードが奥深く紹介されています。

一気に読破してしまいました。

奈良の近代文化史と人物にご関心ある方には、是非、おすすめの一冊です。

著者の千田稔氏は、現在、奈良県立図書情報館の館長も務められています。
本書は、そうしたことから奈良のフリーペーパー、雑誌「喜楽」に2006年から21012年にかけて、連載掲載されたものが、単行本化されたものだそうです。



【公募で「奈良・大和を愛したあなたへ」エッセイも募集】


この連載は、好評であったようで、奈良県立図書情報館では、千田館長の連載だけではなく、一般からの公募も企画してみようということで、2010年に、県立図書館創立100周年記念「奈良・大和を愛したあなたへ」エッセイ募集というイベントが実施されました。

7件のエッセイが、入選となったようです。

入選作品については、
「奈良県立図書情報館のイベント情報
「奈良・大和を愛したあなたへ」エッセイ募集 審査結果について
で、読むことが出来ます。

ご関心ある方は、ご覧になってください。



【近代奈良の文化史ゆかりの人物を採り上げた本のご紹介】


ところで、本書に名前が挙げられているような、近代奈良の文化史にゆかりのある人物について、まとめて記されたような本は、有るようで意外と無いものです。

近代奈良の文化的な出来事などについて書かれた、いわゆる「奈良本」という随筆本の中に、折々、ポツポツと語られていることはあるのですが、人物だけを採り上げてまとめた本は、ほとんどありません。

そんな中で、近代奈良文化史にかかわる人物をテーマにしたような本を、私の知る限りで、ちょっとだけご紹介しておきたいと思います。


「大和百年の歩み 社会人物編」 1972年 大和タイムス社刊 【718P】 4000円

「大和百年の歩み 社会人物編」


大和タイムス社の明治百年記念事業として刊行された、奈良県近代の百年史の三部作「政経編、文化編、社会人物編」の中の一冊です。
分野を限らず、奈良近代史にかかわった重要人物、130余名の列伝が記されています。

文化史的な分野では、
北畠治房、森川杜園、棚田嘉十郎、溝辺文四郎、加納鉄哉、水木要太郎、保井芳太郎、高田十郎、森本六爾、富本憲吉、新納忠之助
等々が、採り上げられています。



「文士の大和路」 田中昭三著 1998年 小学館刊 【127P】 1600円

「文士の大和路」

奈良にゆかりの深い文士たちについて、その文学作品、奈良での歩いた道や宿、足跡、エピソードなどをたどったガイドブック的なエッセイ本です。
司馬遼太郎、志賀直哉、和辻哲郎、森鴎外、堀辰雄、折口信夫、会津八一、幸田文、亀井勝一郎、水原秋櫻子、谷崎潤一郎、佐多稲子、
の12名の文士が採り上げられています。
関連のコラムも豊富で、気楽に愉しく読める本です。


「奈良まち 奇豪列伝」 安達正興著 2015年 奈良新聞社刊 【335P】 1500円

「奈良まち 奇豪列伝」

書名のとおり、奈良に在住した「奇人、奇豪」と呼ばれる人物の列伝。
ほとんど知られていない人物かもしれませんが、
石崎勝蔵、工藤利三郎、左門米造、ヴィリヨン神父、吉村長慶
という人物の列伝が語られています。


「奈良百題」 高田十郎著 1943年 青山出版社刊 【350P】 5.1円

「大和寸感」 青山茂著 2005年 青垣出版刊 【316P】 2100円

「奈良百題」「大和寸感」

この2冊は、いわゆる「奈良通」によって綴られた、「奈良本」です。
昭和前期と近年に発刊された本ですが、いずれも、近代奈良の文化的な事柄、出来事についての寸評、エピソードなどが綴られた随筆本です。
この中に、近代奈良の文化史にかかわった人々の話が、頻繁に出てきて、読み進むうちに、これらの人々についての諸々のエピソードを知ることが出来ます。


近代奈良にゆかりのある人への愛惜を綴った本「奈良・大和を愛したあなたへ」のご紹介とともに、近代奈良文化史にかかわる人物を採り上げた、いくつかの本にふれさせていただきました。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanagawabunkaken.blog.fc2.com/tb.php/167-e1a740e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)