観仏日々帖

新刊旧刊案内~「国華余芳」多色石版図集(明治15年刊)について 【2017.3.3】


【手に入れた、珍しい明治初期の図集「国華余芳」】



「国華余芳」(こっかよほう)多色石版図集を、手に入れました。

「『国華余芳?』 そんなもの聞いたことは無い!」
「多色石版図集? ますますよく判らない!」

このように思われた方が、沢山いらっしゃるのではないでしょうか?

「国華余芳」多色刷石版図集3冊
「国華余芳」多色刷石版図集3冊

確かに「国華余芳」という図集は、ほとんどといって良いぐらいに、世に知られていないのではないかと思います。
この「国華余芳」は、明治15年(1882)、印刷局の手によって、当時の印刷技術の粋を集めて造られた、カラー刷り石版図集です。

「正倉院御物」「伊勢内外神宝部」「古書之部」の三部構成になっています。



【精巧、美麗な宝物図版に、眼を奪われる「国華余芳」】


まずは、「国華余芳」の写真をご覧ください。

「正倉院御物」の冊です。
長い紙を折りたたんでいる折帖仕立てになっており、25図が収められています。
正倉院に秘された鏡や絵箱の宝物が描かれており、三部のなかで、最も美しい図集です。

「国華余芳・正倉院御物」

「国華余芳・正倉院御物」収録図版1

「国華余芳・正倉院御物」収録図版2

「国華余芳・正倉院御物」収録図版3

「国華余芳・正倉院御物」収録図版4

「国華余芳・正倉院御物」収録図版5

「国華余芳・正倉院御物」収録図版6
「国華余芳・正倉院御物」~多色石版図版


「伊勢内外神宝部」の冊です。
伊勢神宮の社殿や剣などの神宝、19図が収められています。

「国華余芳・伊勢内外神宝部」

「国華余芳・伊勢内外神宝部」収録図版1

「国華余芳・伊勢内外神宝部」収録図版2

「国華余芳・伊勢内外神宝部」収録図版3

「国華余芳・伊勢内外神宝部」収録図版3
「国華余芳・伊勢内外神宝部」~多色石版図版


「古書之部」の冊です。
宸翰、高僧などの古筆が、24図収められています。

「国華余芳・古書之部」

「国華余芳・古書之部」収録図版

「国華余芳・古書之部」収録図版2
「国華余芳・古書之部」収録図版


如何でしょうか?
写真ではありますが、国華余芳の原色図譜の精緻な美しさがお判りいただけたのではないかと思います。



【10年前に開催された展覧会、「国華余芳の誕生展」】


今から10年前、平成19年(2007)に、「国華余芳の誕生~明治における古美術調査の旅」という展覧会が開催されました。

国華余芳の誕生展チラシ

国立印刷局が運営する「お札と切手の博物館」で開催された展覧会です。

この展覧会に、「国華余芳」の原本や、国華余芳の誕生に至る関係作品等が展示されたのでした。
私は、明治初期に制作された、この「国華余芳」という出版物に、以前から関心がありましたので、早速、出かけてみました。

お目当ての「国華余芳」の原色石版図の現物は、期待以上の驚くべき美しさで、見惚れてしまいました。

「こんなに精緻で美麗な多色刷り印刷物が、明治の初年にできていたのか!」

と、感嘆の声をあげてしまいました。
とりわけ正倉院宝物の螺鈿鏡や飾箱の図版の、色鮮やかで細密な美麗さには、眼を奪われてしまいます。

「国華余芳の誕生展」国華余芳図版の展示風景
「国華余芳の誕生展」~国華余芳図版の展示風景

「国華余芳」図版の石版原版
「国華余芳の誕生展」~図版の石版原版

展覧会のパンフレットには、

「本展でとりあげた『国華余芳』は、写真帖・多色石版図集ともに、美術的にも歴史的にも非常に価値のあるものですが、残念ながら、一般にはほとんど知られていません。」

と書かれています。
きっと少部数だけ印刷されたに違いなく、なかなか目にすることはない貴重な図集ということです。



【なんとNET「日本の古本屋」に、「国華余芳」が出ているのを発見!】


それから10年が経ちました。

数か月前、ネットの「日本の古本屋」を、なんとなく検索していると、なんと「国華余芳~多色石版図集」が売りに出ているではありませんか!
それも、「正倉院御物之部」「伊勢内外神宝部」「古書之部」が3冊セットで出ていたのです。

「あの『国華余芳の誕生展』に展示されていた、『国華余芳』を手元に置くことが出来るのか!」

そう思うと、心高鳴るというのか、ワクワクしてきました。
ちょっと高かったのですが、思わず「購入する」をクリックしてしまいました。

数日後、我が家に「国華余芳」が届きました。
早速、ページをめくると、次々と色鮮やかな正倉院宝物の細密図が、眼前に現われます。
展覧会でガラス越しに観たのとはまた違って、現物を手に取って眼近に観るというのは、格別のものがあります。
こういうのを、「眼福」というのでしょう。


ちょいと嬉しくなり、仏像の話ではないのですが、この観仏日々帖で、ご紹介させていただきたくなったのでした。



【古美術調査の旅と、「国華余芳」が誕生するまで】


ここで、「国華余芳」というのはどのようなものなのか、「国華余芳」が制作されるに至るいきさつについて、簡単にふれてみたいと思います。

「国華余芳」は、ご紹介した多色石版図集3冊に加えて、写真帖5冊とで構成される出版物です。

明治12年(1879)、政府の印刷局は、大々的な古美術調査旅行を実施します。
一行12名、約5か月間をかけて各地を巡るという古美術調査でした。
この古美術調査旅行の成果物として、当時の技術の粋を集めて、調査宝物の石版図集と、寺社などの古建築や景観の写真帖を制作したのです。

それが「国華余芳」なのです。

この印刷局による古美術調査旅行は、明治維新以来の政府の大々的古美術調査としては、第2回目となるものでした。



【近代最初の政府、古美術調査は「壬申検査」(明治5年)】


最初の古美術調査は、よく知られていると思いますが、明治5年(1872)に実施された「壬申検査」と呼ばれるものです。

政府は、古美術品の散逸、破壊を憂慮し、明治4年「古器旧物保存方」を布告して、府県に管内社寺等の文化財の目録を提出させました。
それを元に、明治5年に、現物確認の宝物調査を行つたのが「壬申検査」です。
壬申検査は、政府による最初の文化財調査となるもので、調査は文部省の町田久成、蜷川式胤によって行われました。

町田久成.蜷川式胤
町田久成(左)、蜷川式胤(右)

我が国近代における文化財保護の嚆矢となるものと云われています。

この時の調査記録としては、同行の写真師・横山松三郎が撮影したステレオ写真と、「壬申検査宝物図集81冊」(重要文化財)が制作され、現存しています。

「壬申検査宝物図集」

「壬申検査宝物図集」収録図

「壬申検査宝物図集」収録拓本
「壬申検査宝物図集」収録図と拓本

この「壬申検査宝物図集」は、拓本と手描きの詳細複写によってなるもので、印刷物ではありませんでした。



【印刷局長・得能良介が企画した、明治12年の古美術調査】


「壬申検査」の7年後、今度は、政府の印刷局において、大々的な古美術調査旅行が実施されることになったのでした。

印刷局というのは、当時、主にお札と切手の印刷を行っていた処です。

明治草創期の印刷局では、当初外国に委託していた紙幣の国産化に向けて、お雇い外国人を招聘し、様々な新技術を学んで偽造防止、品質向上に努めていました。
有名な版画家、画家のキヨッソーネも、印刷局に招聘されたお雇い外国人でした。

当時の印刷局長であった得能良介は、キヨッソーネから、
「西欧諸国で日本美術を愛好する風潮が高まり、日本の古美術品が安価に外国へ販売され、大量に流失している」
という現状を聞かされたといいます。

キヨッソーネ.得能良介
キヨッソーネ(左)、得能良介(右)

そこで、印刷局長、得能良介は、各地の古美術調査旅行を行うことを企画発案します。

得能良介は、

・日本の貴重な古社寺等の宝物、文化財を調査し、これを記録して後世に残すこと

・調査を通して、図柄の題材を求め、紙幣のデザインに反映させるなど、印刷局の技術向上を図ること

を、企図したのでした。
印刷局では、お札や切手の図案や模様などの意匠を創案する必要があり、また偽造、模造を許すことがない最高レベルの印刷技術を保持する必要があったのです。

得能良介は、この古美術調査旅行の記録日記「巡回日記」を著しています。

得能良介記「巡回日記」.得能良介記「巡回日記」の復刊出版本(1996年刊私家出版)
得能良介記「巡回日記」(左)と、199年に私家本で解説等を附して出版された復刊本(左)

得能は、その中で、キヨッソーネをこの旅行に同行した理由を語って、このように記しています。

「山川ヲ跋渉シ、我ガ国ノ神社、仏閣、官民秘蔵ノ古器、古画ヲ見、人情、風俗如何ヲ審ラカニセバ、他日、筆ヲ執ルニ當ツテ、必ズ大イニ覚悟スル所ノモノアラン」

即ち、

ものを描くためにはその対象が造られた背景や風俗を理解することが必要であり、ただ姿形をなぞるのでは、本当にそのものを描いたことにならない。
そのため今回の旅で、古器古画を見、各地の風俗・人情を知って業務の参考としてもらうためにキヨッソーネを同行させたのだ。

と語っているのです。

得能良介(左)キヨッソーネ(右)
得能良介(左)キヨッソーネ(右)

「壬申検査」は、文化財保護、保存を主目的とした古美術調査でしたが、
印刷局の「古美術調査旅行」は、日本のデザイン、印刷レベルの向上、練磨の目的を併せ持つ古美術調査と云えるものであったといえるのでしょう。



【総勢12名、142日間で各地を巡った、古美術調査旅行】


印刷局の古美術調査旅行は、どのようなものであったのでしょうか?

明治12年(1879)年5月1日に旅立った古美術調査旅行は、なんと142日間の長きにわたり各地を巡ります。

印刷局・古美術調査の旅~巡回ルート
印刷局・古美術調査の旅~巡回ルート

伊勢神宮や東大寺・正倉院、日光東照宮を訪ねるなど、ご覧のとおりのルートを巡り、この年の9月19日に東京へ帰着したのでした。
調査旅行のメンバーは、局長の得能良介、お雇い外国人キヨッソーネをはじめ、写真技師、古器物鑑定担当など、総勢12名でした。

記録によると、調査した器物総数は、2426点、撮影した写真は510枚、模写図は200枚に及びました。

古美術調査の旅~日程参加者等の概要
古美術調査の旅~日程参加者等の概要



【古美術調査の成果を、印刷物に実現した「国華余芳」】


142日間にわたる古美術調査旅行から帰京したのち、印刷局調査団が旅で鑑賞した古器物、景勝を多色石版図集や写真帖として発行したのが、『国華余芳』です。

「国華余芳」多色石版図集
「国華余芳」多色石版図集

『国華余芳』の題字は、「受け継がれるべき国のすぐれた宝」という意味に取ることができます。

局長・得能良介は、国華余芳の巻頭言において、

「国華余芳ト題シ 之ヲ工場製品ノ儀範トナシ 以テ世ニ廣メ 愛国ノ志操ヲ培養スルノ具ト為ント欲ス」

と綴っています。

「国華余芳」の得能良介執筆巻頭言「国華余芳」の得能良介執筆巻頭言
「国華余芳」の得能良介執筆・巻頭言、(右)文末引用部分

『巡回日記』においても、この『国華余芳』を、工場の模範とするほか、世間に日本の風景や芸術を広く伝えようとする製作趣旨を語っています。
まさに我が国の「国華余芳」を、印刷局の技術で世に示し伝えんとする、得能良介の思い入れ、気概が伺えるようです。



【写真帖と多色石版図集を制作刊行】


そして、当時の我が国の最高峰のレベルの技術を以て、「国華余芳・写真帖、石版図集」の制作にあたったのでした。

「国華余芳・写真帖」は、古美術調査旅行で撮影した文化財や景勝の写真を選りすぐって発行したものです。

「国華余芳・写真帖」

「国華余芳・写真帖」収録写真1

「国華余芳・写真帖」収録写真2

「国華余芳・写真帖」収録写真3
「国華余芳・写真帖」収録写真

撮影した写真技術師は、三枝守富です。
写真帖は5分冊で、一冊につき概ね25枚、主に神社や仏閣などの建造物や、山川などの景勝を被写体とした写真が納められています。
この写真帖は、明治13年(1880)に完成しました。


「国華余芳・多色石版図集」は、精密な原色版図集です。

カラー写真が存在しなかった当時、多色石版印刷は写実的で細密な原色再現の、最高レベルの印刷技術でした。
「正倉院御物之部」「伊勢内外神宝部」「古書之部」に分かれ、それぞれ25枚、19枚、24枚の図を収めた、折本式の冊子となっています。
国華余芳に収められた石版画は、明治期を代表する石版技師・石井重賢(鼎湖)の指揮のもとに制作されたものです。
宝物の再現にあたっては、工芸官の本多忠保、斎藤知三による入念な現物調査、考証を経て、極めて写実的にすぐれたものになっています。

国華余芳「正倉院蔵・平螺鈿背円鏡」の精巧美麗な図版
国華余芳「正倉院蔵・平螺鈿背円鏡」の精巧美麗な図版

正倉院蔵「平螺鈿背円鏡」
正倉院蔵「平螺鈿背円鏡」のカラー写真

多色石版図集は、明治14年から15年にかけて発行されました。


印刷局において、画期的な古美術調査の旅を実現し、「国華余芳」の制作させた、得能良介は、職務中に倒れ、58歳でその生涯を閉じました。
国華余芳が完成した翌年の、明治16年(1883)12月のことでした。

得能良介
得能良介



【明治に入ってから、新たに伝わった石版印刷技術】


ところで多色石版印刷というのは、どのような印刷技術を云うのでしょうか?

当時の、図案画像など印刷技法としては、

凸版としての木版印刷
凹版としての銅版印刷
平板としての石版印刷

とが存在しました。

木版印刷は、江戸時代の浮世絵に代表される、我が国伝統の印刷技術です。
明治時代に入ってからも、美術書の原色版印刷に用いられ、例えば「国華」や「真美大観」のカラー図版は多色刷り木版印刷が使われています。

「国華」創刊号
「国華」収録の多色木版刷り図版
「国華」創刊号と収録の多色木版刷り図版


「真美大観」「真美大観」収録の多色木版刷り図版
「真美大観」と収録の多色木版刷り図版


銅版印刷は、エッチングと云われる技術で、江戸後期、司馬江漢以来の伝統でによるものです。
緻密な描線が描けることから、紙幣の印刷はこの技法を使って行われています

明治期の印刷局製造紙幣
明治期の印刷局製造紙幣
明治期の印刷局製造紙幣


そして、石版印刷は、リトグラフと呼ばれるもので、1798年ドイツのセネフェルダーによって発明されました。
印刷原版に石版を用い,脂肪と水が反発し合うことを利用して、平面の上に油性インクで文字、画像を描くだけで印刷を可能とする技術です。
日本には、明治初年にその石版技術が導入されました。

石版と印刷のありさま
石版と紙に印刷している様子

明治期のカラー刷りの多色石版印刷は、三原色を組み合わせて色を表現するのではなくて、熟練した職人が勘を頼りに色分けを行い、その色の数だけ石版面を用意しなければなりませんでした。
印刷する際には、十数個ある版を順番に刷っていくのですが、頼りは石と紙に付けられた見当(目印)のみで、ズレが内容に刷り重ねるのは、大変な手間と技術を要する作業であったといいます。



【最高峰の多色石版印刷技術で制作された「国華余芳」~印刷局の偽造防止研究の一環~】


「国華余芳・多色石版図集」も、当時の最高峰の多色石版印刷技術を以て作成されたのでした。

印刷局で、多色石版の制作にあたったのは、石井鼎湖でした。
石井鼎湖が印刷局石版科長の任にあった間に、当時の民間では出来得可くもない精巧な複製的多色石版の出版物が、いくつか制作されました。
「国華余芳」はその代表作品ですが、その他には、明治10年(1877)制作の「玉堂富貴」、明治16年制作の「朝陽閣鑑賞・錦繍の部」「なみまの錦」「卓上静物」などの作品が残されています。

「玉堂富貴」(明治10年)
「玉堂富貴」(明治10年)

「朝陽閣鑑賞・錦繍の部」(明治16年)
「朝陽閣鑑賞・錦繍の部」(明治16年)

「なみまの錦」(明治16年)
「なみまの錦」(明治16年)

「卓上静物」(明治16年)
「卓上静物」(明治16年)


これほどの高度な印刷技術を以て「国華余芳」などを制作したのは、紙幣や切手の偽造防止、模造防止対策の一環としての印刷技術研究の為でもあったそうです。
一方、防贋技術開発という側面があったために、一人一業で、その技術を秘守して決して漏らさないということとなり、印刷局の優れた多色石版の技術は、後の世に広く伝えられなかった、ということなのだそうです。

「なるほど!」
と、技術が秘された訳は理解できるのですが、大変残念なことです。

こうした石版印刷の技術は、大変手間がかかるために、その後、写真製版技術の発達、印刷技術の発達によって、写真や図版そのものを機械的に忠実かつ大量に再現できるようになっていくと、一部の美術作品を除いて、用いられなくなってしまいました。

そして「国華余芳」という美麗石版印刷の極致のような存在も、忘れられていったのでしょう。



【民間でもつくられた、美しい石版印刷図譜「観古図説」】


最後に、ついでの話です。

明治初期、ご紹介したように印刷局では、多色石版印刷のカラー図集が制作されていましたが、民間でも石版印刷による美しい図譜が制作されていました。
その代表的なものとして、蜷川式胤によって刊行された「観古図説・陶器之部」があげられるのではないかと思います。
「観古図説・陶器之部」は、蜷川式胤が収集した陶磁器などを、石版印刷図譜として刊行したものです。

「観古図説」
「観古図説」

美しい手彩色石版印刷の「観古図説」の図譜写真をご覧ください。

「観古図説」収録図版(昭和48年歴史図書社復刻図版)

「観古図説」収録図版(昭和48年歴史図書社復刻図版)

「観古図説」収録図版(昭和48年歴史図書社復刻図版)
「観古図説」収録図譜(昭和48年歴史図書社復刻図版)

写真は、昭和48年に歴史図書社から、原本そのままに精密復刻された復刻版によるものですが、陶磁器の微妙な質感が再現され、品格ある美麗な彩色が見事な図譜であることが実感されると思います。


この図譜は、多色印刷ではなく、モノクロームの石版印刷の上から手彩色により色付けを施したものです。
第1冊が明治9年(1876)に刊行され、明治13年(1880)まで、全7冊が刊行されました。
亀井至一の描いた挿図をふんだんに用い、民間で石版印刷を進めた玄々堂の刊行となっています。
「国華余芳」が作成される数年前の出版です。
「国華余芳」の多色石版印刷の最高峰レベルの図版と較べると、「観古図説」の図版はやはり見劣りしてしまうのですが、上品な石版手彩色の美しさには、惹きこまれるものがあります。

「観古図説」を刊行した蜷川式胤は、先にふれたように、近代初の古美術文化財調査と云われる「壬申検査」に町田久成とともに赴いた人物で、「壬申検査宝物図集」の制作にもかかわっています。

蜷川式胤
蜷川式胤

文化官僚でありましたが、明治初期の好古家、古美術研究家としても知られ、エドワード・S・モース(大森貝塚の発見者)の陶磁器蒐集の師であったことは有名な話です。

この「観古図説・陶器之部」の図譜も入手して手元に置きたいところなのですが、余りにも稀少かつ高価で、全く手が出るものではありません。
私は、何とか、昭和48年(1973)に歴史図書社により、蜷川家伝存本から精巧複製された復刻版を手に入れました。
復刻版と云えども、明治の刊行当時を十二分にしのばせる美麗な図譜で、時々、書架から取り出して目を愉しませています。

観古図説復刻版(昭和48年・歴史図書社刊)

観古図説復刻版(昭和48年・歴史図書社刊)
観古図説復刻版(昭和48年・歴史図書社刊)



今回は、仏像関係の話ではなくて、申し訳ありませんでしたが、
明治初期の美麗な多色石版図集「国華余芳」を手に入れることが出来、嬉しくて、このご紹介記事を綴らせていただきました。


この話で、明治初期の古美術調査と図譜の世界に、ちょっとご関心を待たれることになれば、嬉しき限りです。


コメント

掘り出し物

明治時代にこんなきれいな図版が出版されていたのはまったく知りませんでした。

この頃の彩色・印刷技術の高さに驚かされます。
浮世絵は現代でも職人がいらっしゃるようですが、多色石版はそういう方はいないのかな。今となっては活躍する場がないのでしょうが、ロストテクノロジーとなってしまうのは惜しいです。

  • 2017/04/16(日) 19:57:25 |
  • URL |
  • とら #VBkRmpN2
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanagawabunkaken.blog.fc2.com/tb.php/131-9990f4f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)