観仏日々帖

あれこれ~新連載 「近代『仏像発見物語』をたどって」 が、スタートします  【2019.9.30】


明治以降に新発見された、主な国宝重文級の仏像の、発見当時のいきさつなどをたどる物語を「近代『仏像発見物語』をたどって」と題して、スタートさせていただくことにしました。



神奈川仏教文化研究所HP「古仏愛好」ページの連載読み物として、掲載いたします。

仏像発見物語表紙

「近代『仏像発見物語』をたどって」    【目次】    【はじめに】



以前、HPに、近代の「仏像盗難物語」を連載させていただいたことがありました。

【埃まみれの書棚から~第29話「奈良の仏像盗難ものがたり」


盗難物語でも、発見物語でも、そうなのですが、当時のいきさつをたどった話は、仏像愛好者にとっては、結構、知的興味をくすぐるものです。
ただの蘊蓄話と云ってしまえば、それまでなのですが、ノンフィクション・ドキュメントを読んでいるようで、理屈抜きに面白いものです。

そんな面白さもあって、これまで「観仏日々帖」に、私の関心のある「仏像発見物語」を、ご紹介してきました。

最初に掲載したのは、
「興福寺仏頭展によせて・・・「仏頭発見記」をたどる」(2013.11)
という、興福寺・仏頭の発見物語でしたが、
書き連ねていると、随分な数になるもので、数えてみると10篇余にもなりました。

そこで、【神奈川仏教文化研究所HP】に掲載する、連載記事ネタも無いので、「観仏日々帖」に掲載した発見物語をまとめて、
「近代『仏像発見物語』をたどって」
と題して、HPの連載ネタに転用してやろうと思いつきました。

再掲にはなるのですが、一括してまとめると、ご覧いただいている皆さんにも、仏像発見物語を一覧でみることが出来て、お役にも立つのではないかとも考えたのです。


再掲にあたって、これまで採り上げた「仏像発見物語」を振り返ってみると、最も重要な発見物語が二つ漏れていることに気が付きました。

一つは、法隆寺夢殿の救世観音像の発見物語です。

もう一つは、運慶作品の発見物語です。

この二つの発見物語が入っていないと、「近代『仏像発見物語』をたどって」という題名の連載は、看板倒れでお恥ずかしいということになってしまいます。


そこで、連載開始のスタートテーマは、新稿の「運慶仏発見物語」とすることに決めました。

書き始めてはみたものの、明治以降の「運慶仏発見物語」をたどるというのは、正直な処、思いのほかに骨の折れる道程でした。
私は、もともと鎌倉彫刻は、興味関心度が低いというか、苦手分野でしたので、運慶作品の発見史という世界も、詳しいことは何も知りませんでした。
一から運慶の本を読んでみたりして、エッチラオッチラおぼつかない勉強をしながら、発見物語を調べてみたという処です。
いろいろな資料を漁って、初めて知った話をやっとのことでつなぎ合わせて、近代運慶仏発見物語の体裁を整えたというのが実情です。
結構長い連載物になってしまいましたが、中身は消化不良ということでお赦し下さい。


近代運慶仏発見物語をたどっていくと、
「それぞれの運慶仏の発見が、それまでの運慶の作風の考え方や展開論に、新たな問題を提起したり、定説を覆したりすることの連続」
で、大変興味深く、深く考えさせられるものがありました。

ご存じのことも多いかと思いますが、お愉しみいただければ有難き限りです。


もう一つの、法隆寺夢殿・救世観音像の発見物語は、超有名な話で、諸書に丁寧に紹介されているので、今更ご紹介しても目新しくも何でもないのですが、外すわけにはいかないので、これから書き足してみようかなと思っています。


新稿の「運慶仏発見物語」から、旧稿再掲の10余編の「仏像発見物語」を全部併せれば、明治から現代までの主要な仏像発見物語を、ほぼ一通りご紹介できるのではないかと思います。
(快慶仏発見物語が抜けているのですが、これは私には歯が立ちそうにありませんので、ご容赦ください)


仏像発見物語というのは、単なる蘊蓄話とは違って、新たな発見が、従来の仏教美術史の考え方や様式展開論の定説を覆したり、新たな問題提起となることも多々あり、大変興味深いものがあります。

お愉しみいただき、お役に立てば何よりです。



コメント

運慶仏

早速初回を読ませて頂きました。
運慶ほどの有名仏師の仏像であれば、伝来もはっきりしていそうな感じもしますが、全くそうではなく、きちんとした考証が必要なのですね。

東大寺の重源上人坐像は運慶作である説があるようですが、作者については文献に何も残っていないのですね。重源上人ほどの人物であっても、よく分からないことが多いというのだから大変です。

  • 2016/10/08(土) 10:26:34 |
  • URL |
  • とら #VBkRmpN2
  • [ 編集 ]

Re: 運慶仏

とら様

「運慶仏発見物語」、これからしばらく連載させていただきますので、是非、お楽しみいただければと思います。

この話を書いてみて、今更ながらに思ったのですが、この時代の仏像の
「作者個人を特定するということに、どれほどの意味、意義があるのだろうか?」
という気持ちになったというのも、また事実です。
「運慶」「快慶」作であることが特定されると、大変な騒ぎになるのですが、出来の良い作品でも「運慶、快慶作」ということにならないと、さほどに注目されません。

「誰々作」というと、突然珍重される、近現代の絵画の世界を見ているような気分がよぎったという感じです。

管理人

  • 2016/10/11(火) 20:45:20 |
  • URL |
  • 神奈川仏教文化研究所 #-
  • [ 編集 ]

「弘法大師御作」といった寺伝の多さからして、「誰が造った」というのは、昔から誰もが気にしていることなんだろうと思います。
(寺伝については、みなどこまで本気にしていたのかはわかりませんが。)

最近でも、金剛峯寺の執金剛神と深沙大将が快慶作と判明したすぐに重文に指定されました。
作者が判明したということで、学問的価値が上がっての指定なのでしょうが、
これも快慶というネームによる部分が大きいのではと思います。

  • 2016/10/16(日) 22:48:40 |
  • URL |
  • とら #VBkRmpN2
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanagawabunkaken.blog.fc2.com/tb.php/121-c5fe4700
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)