観仏日々帖

トピックス~岩手・黒石寺の薬師如来像の発見~発見物語おまけ⑦    【2015.10.31】


黒石寺・薬師如来坐像
黒石寺・薬師如来坐像

【我が国唯一、9世紀の年紀墨書のある黒石寺・薬師如来像】

「貞観四年十二月」
岩手県水沢の黒石寺・薬師如来坐像の胎内に遺された、墨書に記された年記です。
貞観4年といえば、862年です。
この墨書銘が、当初のものであったならば、我国9世紀木彫の中で、唯一の年紀の記された在銘像ということになります。
文句なしの、バリバリの「平安初期彫刻」ということになるのです。

像の膝裏の部分に、ご覧のような墨書が残されているのです。

黒石寺・薬師如来の「貞観四年」の墨書銘全文

黒石寺・薬師如来膝裏に残された墨書銘
黒石寺・薬師如来の墨書銘文と膝裏の墨書写真
写真上部に「貞観四年十二月」の記銘が見える



【仏教美術史界の常識を覆した、みちのくの黒石寺・薬師像】

黒石寺の薬師坐像に、年紀の記された墨書が遺されているのが知られるようになったのは、昭和に入ってからでしょうが、何時の頃なのか、よく判りません。

ただ、かつては、
「どうせ、はるか後世に作為で書かれた、偽銘に決まっている」
とされて、専門家には相手にされなかったようです。

というのも、黒石寺のある地は、現在の岩手県奥州市水沢区黒石町、平泉のまだ北です。

黒石寺・本堂
黒石寺・本堂

「みちのくの僻地とも云うような鄙の地に、平安初期の木彫像など、遺されていよう筈がないじゃないか。」
「仏像の姿など見るまでもなく、あり得ない。」

このように、思われていたようなのです。

それに、この薬師像は、どう見ても都の仏師が造ったような出来の良いものではなく、粗野で土臭いというか、地方仏師の手になるような仏像であったのです。

「平安後期ならあるかもしれないが、文化果つるみちのくの地で、平安初期にこのような仏像がつくられる訳がない。」

そう考えるのが、極々自然なことであったのでしょう。

黒石寺・薬師如来坐像
貞観年間の像とは思われなかった黒石寺・薬師如来坐像


「黒石寺薬師像の墨書銘は、当初のものかもしれない?」

このような眼で注目されはじめたのは、昭和20年代の終わり頃から30年代初頭にかけてのことでした。

そして、調査研究の結果によって、
「墨書銘は貞観4年当初のものに間違いなく、9世紀唯一の在銘木彫仏である。」
とされるようになったのです。

今では、黒石寺の薬師如来坐像と云えば、東北地方の古代彫刻を代表する、9世紀一木彫像として、仏像愛好家に良く知られた仏像です。

当時は、衝撃の発見であったのだと思います。
奈良、京都の中央の仏像中心に語られていた仏教美術史の常識では、考えられなかった驚きだったのです。

仏教彫刻史に、大きな一石を投じる発見となりました。
「地方仏」という世界が注目され、光があてられるようになっていったのも、黒石寺薬師像の発見が契機になったのではないでしょうか?


【「在る筈が無い!」から「ひょっとしたら?」へ~注目され始めた昭和20年代】

それでは、黒石寺・薬師如来坐像が、平安初期彫刻として認められていくようになったいきさつなどについて、当時を振り返ってみたいと思います。

話は、昭和20年代に遡ります。

戦前、東北の古代仏像と云えば、会津・勝常寺の薬師如来などの諸仏は知られていたものの、岩手県以北となると、平泉・中尊寺の仏像が知られるぐらいでした。
在地の史家などからは、黒石寺のある北上川流域に、平安前期に遡るような古仏が、いくつも遺されているという声が、伝えられることもあったようです。

ところが、当時の仏教美術史界では、
「そんな辺北の鄙の地に平安前期の古仏が遺されていよう筈はない。」
「時代がかなり下ってからの、古様を留めた地方仏に違いない。」
このような受け止めで、冷たくあしらっていたというか、まともな議論にならなかったようです。


そんな、仏教美術史界の見方を一変させ、大きな驚きと注目を呼んだのは、昭和29年(1954)に、奈良国立博物館で開催された「平安初期展」でした。
この平安初期展に、黒石寺・薬師如来像が出展されたのでした。

黒石寺・薬師如来坐像

黒石寺・薬師如来坐像~顔部
黒石寺・薬師如来坐像

美術史関係者は、奈良博に展示された黒石寺薬師像の像容を直接眼前にして、また「貞観4年」の胎内墨書があることを知って、大いに驚きました。

「この薬師像は、本当に貞観時代に制作されたのかも知れない。」
「平安前期、この薬師像のような仏像が、みちのく北上川流域でいくつも制作されていたと考えるべきかもしれない。」

と、大注目となったのです。

この頃の状況を、久野健氏は、このように振り返っています。

「この(北上川)流域に散在する古彫刻は、他の地方ではみられない特異な性格をもっている。
この地方の彫刻として、中尊寺の古彫刻は、早くから学者の注意をひいていたが、中尊寺以前の古彫刻が、注目されだしたのは、第二次大戦後のことである。
大戦中この地に疎開した森口多里氏や、北上市の熱心な郷土史家である司東真雄氏らがこの地には、貞観時代の彫刻が沢山あるという話を中央の学界にもたらした。
終戦直後頃から、あの強烈な貞観彫刻のさびしい美しさに強く惹かれていた私にも、この話は間接的にはいってきた。

しかし当時の学界では、この話を素直に受け入れはしなかった。
岩手県は、辺邸な土地なので古い様式が後々まで残ったのであろうという見方が強く、積極的にこれをとりあげようとする空気は、少なかった。

多くの学者が、もしかするとと考えるようになったのは昭和29年に奈良国立博物館で行われた「平安初期美術展」に、黒石寺の薬師如来像がはこばれ、展観されてからである。
この薬師如来像の膝裏には、まさしく貞観四年(862)にこの像が造られた由を伝える墨書銘があり、もし、これが後世の伝説により書き込まれたものでないならば、ほとんど、平安初期彫刻の唯一の造像銘になるため、議論の的となった。」
(「仏像の旅」久野健著1975.1芸艸堂刊所収)


当時、文化財保護委員会事務局美術工芸課・文部技官であった倉田文作氏の回顧文を、ご紹介します。

「岩手黒石寺の薬師如来像について、県の担当官から報告を受けたのは、十年余もまえのことである。
写真もなしに、我々の部屋で、貞親四年の銘文のある薬師さんがある、というはなしで、はじめはいたずらの偽銘でしょう、折があったら像と銘文の写真を届けてください、というぐらいで片づけてしまった。
向うもがっかりしたらしくて、資料が届くまでに二、三年はかかった。

さて、こうして届けられた写真をみると、まさしく平安初期の一木彫成像であり、銘文も古体で、何の疑う余地もない。
岩手まで出張することになり、像は、その後、重要文化財に指定され、今日では修理もおわり、新造の保存庫に坐っておられる。」
(「調査餘談」倉田文作~日本彫刻史基礎資料集成・平安時代造像銘記編4巻餘録・月報所収1968.4刊)


もう一つ、高橋富雄氏の回顧です。

「この仏像は、戦後間もない昭和29年、奈良国立博物館で催された平安初期美術展に展示された。
そして、見る人をおどろかせた。
まず、この年代がはたして信じ得るものかどうか。
このように古い第一号紀年(平安最古の貞観銘木彫像)を、みちのくのこの全く並はずれた仏像に認めてよいかどうか。
正統史学は迷ったのである。
平泉以外、東北古代彫刻は、まだ歴史の位置を与られていなかったのである。」
(「みちのく古寺巡礼」高橋富雄1985.6日本経済新聞社刊所収)

ご紹介した、これらの回顧談のとおり、奈良博に展示された黒石寺・薬師像は、これまでの彫刻史の既成概念から外れた仏像であったのです。
美術史界は、これをどのように理解し位置づけたらよいのか、議論が起こり、迷ってしまったといっても良いと思います。


【大注目となった、昭和29年「平安初期展」への出展】

昭和29年(1954)に奈良国立博物館で開催された、「平安初期展」というのは、どんな展覧会であったのでしょうか?

奈良博開催・平安初期展目録奈良博開催・平安初期展目録
奈良国立博物館で開催された「平安初期展」の目録

展覧会目録の「まえがき」には、
「今次の展観はさきに催した自鳳天平展の後を受け、奈良時代の文化が平安遷都を契機として如何に変化し発展したかを明かにせんとするものである。」
とあるように、平安初期の彫刻、絵画、工芸、古文書の傑作、名品が取り揃えられ、展観されました。

総勢172点、彫刻は48点が出品されています。
展覧会目録の彫刻の処を見ると、神護寺・五大虚空蔵像、元興寺・薬師像、室生寺・十一面観音像、釈迦坐像、薬師寺三神像、法隆寺・地蔵像、獅子窟寺・薬師像をはじめとして、平安前期の綺羅星のような国宝、重文仏像ばかりです。
いずれも中央作の名品ぞろいの中に、ポツンと地方作の仏像が一躯、違和感があるとしかいえない「黒石寺・薬師坐像」が、出展されているのです。

目録の黒石寺薬師像掲載ページをご覧ください。

平安初期展目録の黒石寺薬師像の記載状況
平安初期展目録の黒石寺薬師像が掲載されたページ

「21 重文 薬師如来坐像 一躯 岩手 黒石寺」

と記されているだけです。

「重文」とあるのは記載ミスで、この時点ではまだ重文指定されていません。
他の仏像には皆、解説文が付されているのに、ここには一言の解説文もありません。
貞観4年の墨書があることすら記されていません。
ちょっと変な感じです。

当時の博物館の関係者の、
「平安初期制作の像だと考えたいが、貞観年間の作とみる解説を付するのは、躊躇してしまって出来ない」
という悩ましさのあらわれのような気がします。

それにしても、奈良博は、よく指定すらされていない地方仏の黒石寺薬師像の出展を、決断したことだと思います。
名品ぞろいの仏像の中に、この地方仏を展示するのは、よほど思い切ったことだったに違いありません。
当時の奈良博は、館長:黒田源次、学芸課長:蓮見重康、美術室長:岡直己の各氏という布陣です。

黒石寺薬師像の出展を企画し、決断したのは、どなただったのでしょうか?


【間違いなく貞観4年の制作~進められた調査研究】

この、平安初期展への出展を契機に、黒石寺薬師像は調査研究が進められるようになります。

久野健氏
久野健氏
本格的な調査研究に取り組んだのは、久野健氏でした。
当時34歳、東京文化財研究所・美術部文部技官です。
久野氏も、出展された黒石寺像に注目し、東京から駆け付け、奈良国立博物館において、文化財研究所のメンバーと、この像のX線、赤外線撮影を実施しました。
そして、この光学的調査の結果を踏まえて、その年(昭和29年)の11月、岩手の黒石寺現地に赴き、再調査を行いました。
倉田文作氏も、紹介した回顧文「調査餘談」で、岩手に出張したと記していますが、久野氏等と一緒に調査したのかどうかは、良く判りません。

久野氏は、その調査研究結果を、昭和30年(1955)5月に発表しました。

「黒石寺薬師如来像」美術研究・第183号  (1995.9)

という論文です。

その結論は、
書銘の書体や記された人名などから、9世紀当初のものとあると考えて間違いない。
貞観4年(862)に、みちのくの地で、奈良京都の中央の流派には見られない特異な表現の一木彫が、蝦夷と対峙するという環境下で造立されたものと考えられる。
というものでした。

奈良博「平安初期展」への出展、久野氏の調査研究論文発表という合わせ技によって、黒石寺薬師像は、平安初期の在銘彫刻と認定され、平安彫刻、就中、東北古代彫刻の研究や地方仏の研究に、新たな視点、展開をもたらすものとなりました。
新発見ではないのですが「黒石寺薬師像の大発見」といっても過言ではないと思います。

黒石寺薬師像は、昭和32年(1957)2月に、重要文化財に指定され、昭和34年(1959)に、美術院国宝修理所によって修理修復が行われました。

昭和34年修理前の黒石寺薬師如来像
昭和34年修理前が行われる前の黒石寺薬師如来像


美術院での修理時の写真
美術院での修理時の像底写真
美術院での修理時の写真


【特異な容貌の薬師像~威嚇的で恐ろしいお顔の謎】

薬師像の造形などについて、簡単にみてみましょう。

像高126㎝、桂材の一木彫で、体幹部から膝前まで一材から彫り出しています。
内刳りは、後頭部中央からと体部背面から大きく刳り、蓋板、背板をあてています。
また、面相部、両肩などに、薄く乾漆が盛られています。

この像を拝して、なんといっても驚くのは、特異な容貌です。

威嚇的な造形の黒石寺薬師如来像・顔部
威嚇的で恐ろし気な黒石寺薬師像顔貌

荒々しい螺髪、目尻の強烈に吊りあがった厳しい眼、尖るように突き出した唇。
人を威嚇するような恐ろしげな顔で、周囲を畏怖するのに充分な面貌です。
呪術的というのか、魔力的というのか、魁偉な異貌としか言いようがありません。
この強烈なインパクトは、都の平安初期彫刻とは全く違う、特異なものです。

どうして、このような威嚇的な顔貌の仏像が、このみちのくの地で貞観年間に作られたのでしょうか?

その訳については、このように考えられています。

当時、東北の開拓にあたり、蝦夷と厳しく対峙した人たちが、その前進基地において、その脅威に立ち向かい、蝦夷を威嚇する頼りになる仏像を、守り神として造ったに違いない。
それ故に、誰もが畏怖するような、恐ろしげな容貌の仏像を造ったのだ。

9世紀の東北開拓は、蝦夷の反乱によって前進基地の柵や城が次々陥落するなど、厳しい状況にありました。

「三大実録」の貞観15年(873)12月7日の条には、このような記述がされています。

「陸奥国では、一応帰順した蝦夷までが、柵の近くに満ちみち、ややもすると反乱をおこそうという気配がある。
そこで、官民ともに、蝦夷を見ること、虎狼の如くにおそれおののいている。
願くは、武蔵の国の例にならい、五大菩薩を造り国分寺に安置し、蛮夷の野心をやわらげ、住民の恐怖をとりのぞいてもらいたい。」

このように、中央政府に申し出ているのです。
黒石寺の薬師像がつくられてから、11年後のことです。

黒石寺薬師如来像・顔部
黒石寺薬師如来像・顔部
この地の開拓にあたった人々が、いかに蝦夷を恐れ、ひたすら神仏の加護にたより、戦々恐々とした毎日を送っていたかが判ります。
黒石寺のある地は、陸奥の国府よりまだ北辺、前進基地の胆沢城のすぐ近くです。
このような、せっぱつまった限界状況の下で造られた薬師像の像容は、慈悲深い仏像などということは二の次で、まずもって蝦夷に対して威嚇になり、味方にたよりになる像が必要であったのでしょう。
そんな祈りが込められて、この薬師像がつくられたに違いないというのです。

この考え方が、真実なのかどうかは判りませんが、このみちのくの辺北の地に、何故、特異で魁偉な顔貌の薬師像がつくられたのかに思いを致すとき、「なるほど!」と、心よりの共感、深い感動を覚えてしまいます。



【不思議な造形、その訳は?~扁平な体躯・天平様の化仏】

ところで、この薬師像の側面にまわってみて驚くのは、面奥・体奥が随分扁平なことです。
正面からみた、堂々たる体躯、厳しい面貌からすると、平安初期彫刻に相応しく、ものすごく分厚く塊量的につくられているに違いないと思うのですが、意外なことに厚みがないのです。

黒石寺薬師如来像・側面~体奥の厚みが少ない.黒石寺薬師如来像・頭部側面~面奥の厚みの無さが著しい
黒石寺薬師如来像・側面~体奥・面奥共に意外にもに厚みがない
 

特に頭部は、それが顕著です。
衣文も翻波が鋭く彫り込まれているのではなく、浅くシンプルな刻線になっています。
このあたりを見ると「貞観の年紀」がなければ、平安初期の制作とは、とても思えません。

この点に注目しているのは、倉田文作氏で、このような見解を述べています。

「これほどの正面をつくった作者が、どうしてこうした側面をつくったのだろう。
それは、やはり地方作家の悲しさといわざるを得ない。
・・・・・・・・・・
とかく側面観に彫刻としての造型に欠陥かみとめられるのは、仏像彫刻にありがちのことなのであるが、それにしてもこの像のばあいは極端である。
それだけに、ここに考えられる理由としては、この像の作者がよりどころとしたものが、こうした正面の偉容をもつ図像(絵画の像容)であって、彼はその図像によって正面を彫刻したものの、側面についてはお手本がなかったのではなかろうか。
・・・・・・・・・・
こうした想像をさせるほどに、正面と側面とのちかいがはなはだしいことは事実である。」
(「仏像のみかた~技法と表現」倉田文作著・1965.7第一法規刊所収)

もう一つ、大変興味深いのは、薬師像の光背の七仏薬師の化仏が、穏やかで親しみやすい造形に表現されていることです。
化仏の写真のほかに、石膏原型から鋳造した作品をご覧ください。

黒石寺薬師如来像・化仏~奈良様の造形.黒石寺薬師像・化仏の石膏型鋳造品
黒石寺薬師如来像の化仏とその石膏型から鋳造した像
 
(鋳造像は、美術院創立百周年記念に際して、昭和34年に修理された際に化仏の一体を資料として石膏型取りされた原型から、記念品として鋳造制作されたものです。)

明らかに天平風で、奈良様の伝統の系譜にあるのです。
それを裏付けるように、薬師像本体の顔部、両肩などには、乾漆が盛りつけられています。

薬師像を造った仏師は、伝統的奈良様の技法を身につけた仏師であったに違いありません。
ただ、都の第一級の技量をもった仏師ではなかったということでしょう。
その仏師が、天平風の薬師像ではなく、みちのく開拓の人々が求める、畏怖感を発散する恐ろしげな像を造ったのだということです。


【地方仏の魅力を広める契機となった、黒石寺・薬師像の発見】

黒石寺薬師像が発見されたことの意義を振り返ってみると、
9世紀唯一の貞観4年銘のある木彫像が東北地方で見つけられたということが一番ですが、
もうひとつ、中央仏の系譜では考えられない特異な造形の仏像が、みちのくの地で制作されていたのだということが、認知されたことだと思います。

それまで、仏教美術史の世界では、専ら奈良、京都を中心とした中央の仏像を中心に語られてきました。
黒石寺薬師像の発見により、東北地方の仏像、あるいは全国の地方仏に、研究者の目が向けられるようになったのではないでしょうか?
地方特有の特異な造形や、その造像背景などにも目が向けられるようになり、彫刻風土論的な議論もされるようになったのかなと思います。

黒石寺薬師像の発見にかかわった久野健氏は、

「貞観4年という古い時代に岩手という辺境の地に、こうした彫像が生まれる可能性があるかで議論が分かれた。
この問題を解決するために、私は東北地方の古彫刻を次々に見てまわり、素木ではあるが、エネルギーに満ちた古彫刻にすっかりこころうばわれる結果となった。」
(「東北古代彫刻史の研究」まえがき所収)

このような思いで、東北地方の平安古仏を探して行脚し、東楽寺、成島毘沙門堂、双林寺の諸像、東北の鉈彫り像をはじめ、次々と調査研究成果を発表しました。

東楽寺の諸像
東楽寺の諸像

成島毘沙門堂・毘沙門天像ほか諸像

成島毘沙門堂・毘沙門天像~顔部
成島毘沙門堂・毘沙門天像他諸像と毘沙門像顔部
 

その集大成は、

「東北古代彫刻史の研究」 久野健著 昭和46年(1971) 中央公論美術出版刊 

という大著にまとめられました。

東北古代彫刻史の研究


これまで、振り返られることの少なかった「地方仏」というものが注目され、その独特の魅力が見出されるようになったと云えるでしょう。

研究者だけではなく、評論家の丸山尚一氏も、地方仏の魅力を発見した一人です。
はやくから地方仏の魅力の虜になり、全国各地の平安古仏を求めて行脚しました。

「生きている仏像たち~日本彫刻風土論」 丸山尚一著 昭和45年(1970) 読売新聞社刊


生きている仏像たち


この本をご存じの方は、多いことと思います。
この本を読まれて、地方仏の魅力に取りつかれたという方も数多いのではないでしょうか?

黒石寺薬師如来像は、「地方仏の魅力」を世に広める起爆剤となった、モニュメンタルな仏像であるともいえるのでしょう。



【忘れ得ぬ想い出、私の黒石寺探訪】

最後に、私の想い出話をさせていただきたいと思います。
初めて、黒石寺薬師如来像を拝した時の話です。

私が、初めて黒石寺を訪れたのは、昭和46年(1971)夏のことでした。
二十歳過ぎ、大学の頃です。
初めての地方仏の旅でした。
それまで、京都、奈良の仏像しか観たことがなかったのですが、同好会の友数人と、東北地方仏像探訪に出かけたのでした。

渡辺熊治翁
渡辺熊治翁
カバンには、「生きている仏像たち」の本が入っていたのは言うまでもありません。

黒石寺に行くには、一日数本しかないバスしかなく、なんと夕刻着いて檀家総代・堂守の渡辺熊治さんのお宅に、泊めていただきました。
八十歳近い熊治老は、みちのくの古老そのものという風貌で、「熊んつぁん」と呼ばれていました。
生粋の東北なまりで、何をしゃべっているのかさっぱりわからないのには往生しました。

翌朝、「熊んつぁん」に伴われ、朝露に濡れた夏草を踏みしめながらお堂に向かいました。


黒石寺~当時はこんなに整備されていなかった
黒石寺本堂への階段~訪れたときはこんなに整備はされていませんでした
 
朝陽が燦々と降り注ぐ中、薬師如来像の姿を拝しました。
荒々しき螺髪、目尻の強烈に吊りあがった厳しい眼、その魁偉な異貌を眼の前にしたときの、強烈なインパクトは、今もこの眼に焼きつき忘れられません。

昭和46年探訪時に撮影した黒石寺薬師像の写真

昭和46年探訪時に撮影した黒石寺四天王像の写真
昭和46年に黒石寺を訪れたとき撮った、薬師如来像と四天王像の写真
 

この時の、心揺さぶられた鮮烈な感動。
それが、私が仏像好き、平安古仏好きになった「心の原点」になっているのではないかと思います。

黒石寺薬師如来像は、私にとっても、
「記念碑的出会いの仏像であったなあ・・・」
と、懐かしく思い出されます。


深大寺・釈迦如来倚像からスタートした仏像発見物語シリーズも、今回で7件目になりました。
奈良博・白鳳展出展仏像のなかから、幾つかの仏像の発見物語をご紹介し、ついでに東寺御影堂の不動明王・三神像、黒石寺・薬師像の発見について振り返ってきましたが、ここらで「おしまい」にさせていただきたいと思います。
ご覧いただき、有難うございました。
お愉しみいただけましたでしょうか??




岩手・黒石寺の薬師如来像の発見  【追補】    2016.2.5  ~本文から続く~


~~貞観4年墨書銘の発見時期と、疑問が呈された「怖い顔」の造像背景~~



黒石寺・薬師如来像の発見物語について、新たに判ったことがありました。
そこで、本文に追加して、ちょこっとだけ新たなお話を、紹介させていただきます。


【黒石寺・薬師像の貞観4年墨書銘の発見時期が判りました】

黒石寺・薬師如来坐像が、「いつごろから注目され、いつ墨書銘が発見されたのか」という話なのですが、前段の本文では、このように記しました。

「黒石寺の薬師坐像に、年紀の記された墨書が遺されているのが知られるようになったのは、昭和に入ってからでしょうが、何時の頃なのか、よく判りません。
・・・・・・・・
『黒石寺薬師像の墨書銘は、当初のものかもしれない?』
このような眼で注目されはじめたのは、昭和20年代の終わり頃から30年代初頭にかけてのことでした。」

私の調べた資料では、薬師像の墨書銘が、いつ頃、誰によって発見されたのかが、よく判らなかったのです。

この、薬師像墨書銘発見のいきさつが、はっきりしました。
ここで、ご紹介しておきたいと思います。


去年(2015)12月に発刊された、東京国立博物館研究誌「MUSEUM」659号に、こんな論文が掲載されていました。

「岩手・黒石寺薬師如来坐像と像内銘記」    執筆:西木政統氏

西木政統氏「岩手・黒石寺薬師如来坐像と像内銘記」
「MUSEUM」659号に掲載された西木政統氏の論文


【貞観4年墨書銘の発見は、昭和25年(1950)のこと】

面白そうな論文なので、早速目を通してみると、墨書銘発見に至る経緯が、このように述べられていました。

「もともと銘文の存在は知られておらず、明治20年代(19世紀末)の臨時全国宝物取調局による調査でも墨書銘は見逃されていたようで、わが国の美術史学の黎明期には残念ながらその名はみえない。
もつぱら、『県内に稀な弘仁様式を覗われる本尊薬師仏』といつた評価がなされていたようである。
ところが、昭和25年(1950)に像内墨書銘が見出され、同29年に奈良国立博物館でおこなわれた「平安初期展」に出陳されるに及び、研究者の関心を集めることになった。」

黒石寺・薬師如来像の銘文が発見されたのは、昭和25年(1950)のことだったのです。

西木氏論文の、この部分の「注記」を見ると、
明治期の、岡倉天心をはじめとする臨時全国宝物取調局による調査の際に出された、明治29年2月6日付けの監査状が残されており、黒石寺像は「五等」と記され、国宝指定には至らなかった。
ということと、

昭和25年に、墨書銘が発見された時の経緯は、

・吉川保正「黒石寺薬師如来座像」(奥羽史談4-1・1953年)
・宮城県史編纂委員会編「宮城県史17巻・金石志」(宮城県史刊行会1956年・司東眞雄解説)

に詳しいと、記されていました。


早速、図書館で、この二つの墨書銘発見資料に目を通してみました。

この資料には、このような発見経緯が記されていました。

昭和25年(1950)、東北史研究家の司東眞雄氏の案内によって、文部省文化財研究所の小林剛氏や県文化財委員の吉川保正氏等が黒石寺を訪ねた時に、薬師像が小林剛氏の目にとまり、改めて小林氏が来訪し、県美術調査委員の佐伯敬紀氏とともに調査を行ったときに、体内から貞観銘の墨書が初めて発見された

という、発見経緯であったと述べられていました。

黒石寺薬師像の墨書銘が、発見された年と経緯が、はっきり判りました。
墨書銘は、何時頃から、その存在が地元では知られていたのだろうかと、何だかモヤモヤしていたのですが、これでスッキリしました。


司東眞雄氏という人は、奥州大学教授を経て岩手県文化財審議会委員を務めた東北文化史の研究家で、多数の著作が残されています。
「古代文化の黒石寺」1957年・亀梨文化店刊、という著作もあります。

小林剛氏
小林剛氏
墨書銘の発見者、小林剛氏というのは、仏教美術史に関心ある年配の方には、聞き慣れた名前でしょう。
大変著名な仏教彫刻史の研究者で、沢山の著作、論考が残されていますので、目にされた方も多くいらっしゃるのではないかと思います。
墨書銘発見当時は47歳、文化財保護委員会保存部美術工芸課在職当時のことだったようです。


重箱の隅をつつくような細かい話で、皆さんには、何の興味もなく、どうでもよいようなことだと思います。
私にとっては、黒石寺薬師像・墨書銘発見経緯を知るということでは、大切なことでしたので、それが判った嬉しさついでに、ここでご紹介させていただきました。


【恐ろしい顔は「蝦夷調伏の祈りの表現」か?  疑問を呈した、西木氏の論文】

ところで、西木政統氏の論文には、大変興味深い考えが述べられていました。

この論文は、薬師像の銘文の釈読、造像記の内容検討、及び造立意図を中心に論及されたものなのですが、薬師像の「恐ろしげで畏怖感を発散させる顔貌」の解釈のあり方についても、新たな考究がされています。

威嚇的で恐ろしい顔貌といわれる黒石寺・薬師如来像
威嚇的で恐ろしい顔貌といわれる黒石寺・薬師如来像

前段の本文でふれたように、黒石寺薬師像が「威嚇的で恐ろしいお顔」をしているのは、

東北の開拓にあたり、蝦夷と厳しく対峙した人たちが、その前進基地において、蝦夷に対する調伏の祈りをこめて、畏怖するような容貌の仏像を造ったのだ。

という風に、これまで説明されてきました。


【黒石寺薬師の容貌、造形は、「唐風の新様」の採り入れという考え方】

西木氏は、この考え方に、一つの疑問を呈しています。

結論からご紹介すれば、
黒石寺薬師像の特異な容貌やその造形は、夷狄調伏などといった意図を顕したものではなくて、当時都で流行していた「唐風の新様」を採りいれ、東国に馴化した造形表現になったものではないか。
という新たな考え方が、示されているのです。

「黒石寺薬師の威嚇的容貌は、夷狄調伏の祈りの造形にはあらず。」

という考えを主張された論考を読んだのは、この論文が初めてです。
これまでの、所謂「常識、定説」に対する、大いなる問題提起といえるのでしょうか?

西木氏の主張のポイントは、次のようなものです。

・蝦夷調伏の為の造像という考えは、「三代実録」貞観15年の条に、「武蔵国に倣った、蛮夷の野心をやわらげる「五大菩薩像」を陸奥国分寺への安置」の記述があることからくるものであるが、胎内墨書銘には、夷狄調伏的な造立願意はどこにも触れられていない。

・胎内墨書銘は、あくまで貞観4年に、在地の有力者であろう主として4名の人物がかかわって造立された、という事実のみが記されているだけなので、氏族繁栄や追善供養のような願意を想定する方が、妥当ではないだろうか。

・薬師像の特異な造形は、調伏的表現とみるより、むしろ、都で流行していたであろう「唐風の新様」を採り入れた造形と考えた方が良いのではないか。

・目頭から目尻にかけてつりあがった眼の表現は、同時期の日本でこそすくないものの、中国・唐代に類例を求めることができ、武周期(7世紀末〜8世紀初め)の龍門石窟にはこうした表現の像が多く、東山・擂鼓台の宝冠如来坐像などに、顕著な例がみられる。

龍門石窟~東山・擂鼓台の宝冠如来坐像・顔部.黒石寺・薬師如来像・顔部
龍門石窟~東山・擂鼓台の宝冠如来坐像(左)と黒石寺・薬師如来像・顔部(右)
~目尻を厳しく吊り上げた眼の表現~


・脚部の、下から上に刻まれる「八」の字形に流れる衣文については、金剛峯寺西塔の大日如来坐像(仁和三3年・887頃)など、平安時代前期の造像に類例として見出せる。
東山・擂鼓台の宝冠如来坐像も同様の衣文形式で、こうした表現は唐の影響を受けたものだと考えられる。

黒石寺薬師如来坐像
黒石寺薬師如来坐像~下から上に刻まれる「八」の字形に流れる脚部の衣文

金剛峯寺西塔・大日如来坐像.龍門石窟~東山・擂鼓台の宝冠如来坐像
金剛峯寺西塔・大日如来坐像(左)  龍門石窟~東山・擂鼓台の宝冠如来坐像(右)

・総じて、古様さにもとづく正統的な造形の名残がうかがえるなかに、新渡の図様を採用したところが、本像の特色といえるのではないだろうか。

大胆に端折りましたが、このような考え方が述べられていました。


たしかに、黒石寺薬師像の顔貌を「威嚇的で恐ろしいお顔」として受け止め、蝦夷調伏的な願意に結び付ける考え方は、大変魅力的でロマンに満ちたものですが、確かな根拠資料があるものでないことも事実です。

「渡来の新様を採り入れた表現」という見方も、また一つの切り口ではないかとも思います。
ただ、目尻が吊り上がった表現の我が国での類例や、何故中央でなく東北に唐風新様の作例が残されているのかと云ったことについて、もう少し深い言及があればと思いました。

神護寺薬師像や、秋篠寺地蔵像、勝尾寺薬師三尊、霊山寺十一面観音像など、所謂「怖い仏像、恐ろしい仏像」については、その霊威感を表出する造立意図、背景について、いろいろ議論されていますが、現代の視点から当時の造形表現の精神、背景をさぐっていくというのは、なかなか決め手のない難しいものでしょう。

西木氏の論考は、黒石寺薬師像の「恐ろし気な威嚇的容貌」の考察を主眼としたものではないので、造形表現の類例検討などについて、詳しく考察されたものではありませんが、一つの問題提起として、大変興味深く感じました。


そんな訳で、この追記で、簡単にご紹介させていただきました。

皆さん、この新たな考え方、どのように感じられたでしょうか?


トピックス~東寺御影堂・不動明王像、三神像の秘仏発見物語~発見物語おまけ⑥[その2] 【2015.10.19】


ここからは、同じく東寺御影堂から発見された、八幡三神像の物語です。

東寺・八幡三神像
東寺・八幡三神像

東寺・八幡三神像~僧形像

東寺・八幡三神像~女神像

東寺・八幡三神像~女神像


【御影堂・不動明王像安置の間に置かれた4基の仮厨子の発見】

【その1】では、東寺御影堂・不動明王像の調査・発見物語をたどってみました。

不動明王像は、御影堂の南面する後堂に、古来、厳重秘仏として伝えられてきました。
東寺では、不動明王の霊威に対し、畏怖の念をもって厳重に秘されてきたことが、お判りいただいたことと思います。
昭和29年(1954)の、不動明王像移坐の時にも、当時の管長、山本大僧正自身でさえ、
「未だ拝したことも、安置の間に入ったことさえない。」
とのことでした。

東寺・御影堂
東寺・御影堂

移坐は、6月に行われ、調査にあたった、丸尾彰三郎氏、倉田文作氏、西川新次氏等は、暗闇の不動明王像安置の間に、ついに足を踏み入れたのでした。

そこには、秘仏・不動明王像が祀られていたことは、当然の事なのですが、そのほかに想定外の発見があったのです。
安置の間の不動明王像の両脇には、大きな木製の仮厨子が4基置かれていたのでした。
「安置の間に秘められた4基の仮厨子」には、何が納められているのでしょうか?
神仏像が祀られているに違いありません。

実は、この想定外に見出された4基の仮厨子に納められていたのは、
「八幡三神像と伝武内宿禰像」
であったのです。
現在、国宝に指定されている、平安前期の八幡三神像のことです。


【仮厨子の中に秘められているのは八幡社・三神像なのか?】

4基の仮厨子には、厳封がなされていました。
この昭和29年の移坐の時には、開封は許されず、納められた像の姿を確認することは叶いませんでした。
像容等ははっきりしないけれども、
「東寺草創期に近い頃に造立された、八幡三神像が納められているのに違いない。」
このように、想定されたのでした。

御影堂の4基の仮厨子発見の時の有様について、倉田文作氏はこのように回顧しています。

倉田文作氏
倉田文作氏
「さて、御影堂の堂内に入ることを許されたとき、この不動明王の両わきに、大きな木製の仮厨子が四基あって、厳重に封印されているのをみないわけにいかない。
秘仏の本尊を移動するのと同時に、これらの大きな厨子も堂外にはこび出されたが、その手ごたえからすると、中にかなり大きな一木造りの像が秘められていることを想像できる。

山本管長に承ると、これらの仮厨子の中には、明治元年に焼失した東寺八幡宮の御神体が納められているという。
この方は、何しろ厨子に封印がしてあるので、扉を開くわけにいかず、調査は後の機会にゆずる外はなかった。」
(「東寺の秘宝」倉田文作・芸術新潮1966年8月号所収)


東寺八幡宮の御神体といわれると、
「弘仁年中(810~825)に、空海が八幡宮を勧進した折に、三体の神像を感得し彫刻した。」
と「東宝記」に記されている神像である可能性が高いということになります。

もし、そのような神像であったとしたら、これは驚きの大発見です。
僧形、俗体神像の最古例の像の発見ということになるわけですから。

倉田文作氏は、平安前期の三神像に違いないとの確信を持ちました。
確信を持った訳について、このように回顧しています。

「不動さまの両脇にある大きな四つの仮厨子がいやでも目にはいる。
寺の方にうかがうと、神像だときいていますというはなし。
それなら東寺鎮守の八幡三神のお像にちがいない、とおもう。
どの厨子にも厳重な封紙がみられ、これは勅封であるとのこと。

いまだから白状するが、わずかな観音開きの扉の、せい一杯のすき間から苦心してかいまみると、堂々たる女神の面相がみえる。
われわれは、そもそもこの堂の屋根つくろいにそなえて、堂内の像を搬出するお手伝いに参入したのだから、四つの厨子も移動しなければならぬ。

持ちあげてみると.仮厨子は板でつくった簡素なものなのに、像の手ごたえはずっしりと重い。
かいまみた面相のあたりに見当をつけて、厨子のそとから扉のうえにものさしを当ててみると、像高は等身をこえるものであるらしい。
わが国最古の神像である可能性がつよい。」
(「こぼればなし」倉田文作~重要文化財彫刻編第3巻付録7所収・毎日新聞社1973.11刊)

倉田氏は、扉の隙間から像容を垣間見て、また運んだ厨子(像)の重みから、「一木彫・内刳り無しの平安前期女神像」と確信したに違いありません。

4基の厨子の開封が許されず、神像の調査が叶わなかったことは、倉田氏等にとって、誠に残念なことであったことでしょう。
いつの日か、厨子の中の神像の姿を拝したいものとの強い思いを抱かれたに違いありません。

東寺・伝武内宿禰像
4基目の仮厨子に納められていた伝武内宿禰像


【3年後、厨子から姿を顕わした三神像~東寺総合調査】

秘められた、これら4基の厨子が開封され、神像が姿を顕わしたのは、それから3年後のことです。

昭和32年9月、文化財保護委員会、東寺当局、朝日新聞社の三者協力により、「東寺・総合調査」が実施されました。
東寺の霊宝蔵、宝蔵、三蜜蔵、金剛蔵に4宝庫の収蔵品を約2週間かけて全面的に確認すると大調査です。
この時、総数2600点に及ぶ寺宝が調査され、そのうち、新しく国宝、重要文化財の候補と目されるものが、約30点も確認されました。

この東寺総合調査のときに、この厨子の実査が許されることになったのでした。
厨子には勅封がなされていたため、宮内庁の手で勅封が解かれたということです。

ついに、神像との対面となりました。

「はたして二躰はまさしく女神であって、薬師寺の八幡三神のばあいとおなじであることが判明した。
いよいよ、これら四躯の像が、仮厨子からとり出されてみると、なにしろその大きさにびっくりさせられる。
八幡神は109センチ、女神二躯は、頂に髻があるので、112、114センチと像高はさらに大きい。
外に、武内宿禰像と伝えられるもの一躯があり、これは像高84.8センチで、他の三像にくらべると小ぶりにつくられている。
僧形八幡は、円頂の法躰に袈裟をかけて坐る姿で、女神二躯は、袍衣に背子をかされ、髪を胸前と背に垂れる。」
(「東寺の秘宝」倉田文作・芸術新潮1966年8月号所収)

厨子開扉に立ち会った倉田文作氏は、初めてその姿に接した時、このように語っています。

まさしく、期待に違わぬというか、想定通りというか、平安初期の見事な三神像が姿を顕わしたのでした。

東寺・三神像~僧形像
東寺・三神像~僧形像

東寺・三神像~女神像
東寺・三神像~女神像


東寺総合調査を報じる朝日新聞は、三神像発見をこのように伝えています。

「こんどの調査ではとくに工芸と彫刻の部門に大きな成果があげられたが、例えば彫刻では、従来秘仏となっていた御影堂安置の東寺八幡宮のご神体が調査された。
これは平安初期の作品で、日本の神像の最古にして最大の作品と確認されるなど、神像史上重大な発見というべきであろう。」
(1957年10月31日付・朝日新聞~松下隆章氏執筆)

総合調査、最大の発見というべきものであったのです。

東寺総合調査を報じる朝日新聞記事(1957.9.30).東寺総合調査を報じる朝日新聞記事(1957.10.31)
東寺総合調査を報じる朝日新聞記事



【平安前期の第一級の傑作神像彫刻~三神像】

私も、この三神像を、東寺宝物館や博物館に、まれに出展された折に観たことがあります。

神像を眼前にして
「これは凄い、流石、第一級の平安前期神像だ!」
と、大いに感動した記憶があります。
堂々たる重量感に満ちて、迫力満点のインパクトを強く感じる神像です。
まさに平安前期彫刻の威風、オーラを発散しています。
また、一種妖しげな感覚に惹き込まれていくような引力のようなもの漂わせています。

東寺・三神像~僧形像顔部
東寺・三神像~僧形像顔部

東寺・三神像~女神像顔部
東寺・三神像~女神像顔部


本像の像容、作風について、松原智美氏は、このように解説しています。

「作風を見ると、三像とも体躯は幅が広く、厚みがあり、膝張りも十分で、きわめて重量感に富んでいる。
丸く張った肩から胸にかけての肉づきは、豊かで弾力性がある。
この体躯にふさわしく、頭部も丸く大きい。

全体に丸く豊かな印象を与えるところが、本神像の造形的特徴のひとつである。
面部は、眼鼻の彫りが比較的浅く、肉づけは起伏に乏しい。
そのため一見平板のようだが、やはり丸く豊かな頬には張りがあり、生気が感じられる。
眉は細く、ゆるやかなカーブを描き、直線的な上瞼にゆるい曲線の下瞼をそえた細い眼は、伏し目がちに前方を見据えている。
鼻は低めで短く、唇は小ぶりで厚みがある。

その表情には、承和12年(845)頃の神護寺五大虚空蔵菩薩像や、これとほぼ同時期の作とみられる観心寺如意輪観音像に通じる、一種官能的といえるムードが漂っている。
本三神像は神像彫刻であるが、以上のような豊満で官能的な作風は、承和6年(839)に開眼供養された東寺講堂の諸像を嚆矢とする、いわゆる密教様の概念でとらえられるものであう。」
(「日本の古寺美術12巻・東寺」1988保育社刊所収)


神護寺・五大虚空蔵菩薩像.神護寺・五大虚空蔵菩薩像~顔部
神護寺・五大虚空蔵菩薩像

観心寺・如意輪観音坐像.観心寺・如意輪観音坐像~顔部
観心寺・如意輪観音坐像


【三神像の来歴と、御影堂安置のいきさつ~神像彫刻の最古例】

さて、倉田文作氏は、厨子開封前から、
「この神像は、東寺八幡宮草創期のご神体が、厨子に祀られているのではないか?」
と想定しました。

間違いなく平安前期の制作であろうその姿が顕れ、「想定」は「確信」に変わったことでしょう。

その来歴はどのように考えられるのでしょうか?

東寺八幡宮の草創と三神像について、「東宝記」はこのように記しています。

東寺草創にあたり、帝都鎮護のために八幡宮を勧請したが、この時は神体を安置するには至らず、弘仁年中(810~824)に社殿を建立して、再び勧請した。
その際、空中に影現した八幡三神所の御影を空海が紙形に写しとり、後に木像に刻んだ。
その木像は、僧形、女体、俗体の三体であったという。

この記事によると、八幡宮の神体は、僧形、女体、俗体という姿であったことになります。
現存三神像は、僧形1躯、女神2躯で、一致しません。

ところが、同じ「東宝記」の八幡宮遷宮についてふれた部分には、

正中2年(1325)に行われた八幡宮修造の際、夜陰におよんで神体を仮殿に遷座したが、その時に、執行厳伊が実見した神体は、僧形と左右女躰であった。

とされており、現存三尊像と一致しています。

現三神像は、東寺八幡宮草創期に造立されたものと見てよいのでしょうか?


倉田文作氏は、「東寺の八幡三神について」(大和文華26号1958.6)という論文において、

この三神像は、遷座の時も余人を寄せ付けないほどの秘され方で、その像容も寺家の言い伝えに過ぎず、八幡宮草創時から僧形1躯、女神2躯であったと考えて差し支えないであろう。

像の構造や造形表現などから、総合的に考えても、
「東宝記に、これらの神像を大師在世時の感得像として紹介するのも故なきにあらず、ここにこの一具の像は、わが国神像中の最古最大の作と称すべきものである。」

このように述べています。

久野健氏も、この倉田氏の見方を支持しているようで、このように述べています。

広隆寺講堂・地蔵菩薩像
広隆寺講堂・地蔵菩薩像
「八幡神像がこれ(貞観6~10年・864~8造立とされる広隆寺講堂地蔵菩薩像)に比べ、古様を示していることは、誰の目にも明らかなところであろう。

そして二女神像の両膝に現れる衣文などは、承和6年(839)の東寺講堂の五菩薩像、また承和7年より12年(840~845)頃までに真済により発願造立された神護寺の五大虚空蔵菩薩や、さらに古く、天長年間(824~834)の制作と考えられる広隆寺講堂の阿弥陀如来坐像に近く、こうした点は、この三神像が、弘仁年中の制作と記す『東宝記』の記事もまた一部の真を伝えていると考えられ、少なくとも空海在世中(835年没)には制作されていたのではないかということが推定される。」
(「平安初期彫刻史の研究・第4章~東寺草創期の彫像」久野健著・1974年吉川弘文館刊)


三神像の造立が、空海在世中の弘仁年間(810~824)まで遡り得るかどうかは、何とも言えないと思いますが、東寺講堂諸像が開眼された承和6年(839)をさほど下らぬ頃以前の、平安前期の制作であるのは間違いなく、9世紀制作の神像彫刻の最古例の一つであることには間違いありません。

因みに9世紀に遡る神像彫刻としては、
広島・御調神社の女神像、京都・松尾大社の三神像、奈良・薬師寺の八幡三神像(寛平年間889~898)を挙げることが出来ます。

御調神社・女神像
御調神社・女神像

松尾大社・男神像
松尾大社・女神像.松尾大社・男神像
松尾大社・三神像

薬師寺・八幡三神像
薬師寺・八幡三神像.薬師寺・八幡三神像
薬師寺・八幡三神像
 

東寺三神像が最も古いのかどうかは、これからまだ議論が起こる余地がありそうです。


ところで、東寺八幡宮草創期のご神体であった三神像が、どうして御影堂の不動明王像の横に保管されていたのでしょうか?

八幡宮の建物についての主なる記録をたどると、草創期から何度かの修理修復が行われてきましたが、文明18年(1486)の土一揆で伽藍と共に焼失し、翌18年に再建が開始されました。
ところが再建社殿も、明治元年に、南大門と共に再び焼失してしまいます。
この時、八幡三神像と伝武内宿禰像の4体は、仮厨子の中に納められ、御影堂に移されて保管されました。
緊急避難の仮住まいであったのだと思います。
そのことが世に伝えられることなく祀られ、80年余を経た昭和29年(1954)に発見された、というわけです。

東寺の鎮守八幡は、平成3年(1991)に本殿、拝殿が再建されました。

東寺・鎮守八幡宮

東寺・鎮守八幡宮
東寺・鎮守八幡宮
 

発見された三神像は、昭和40年(1965)に宝物館が出来てからは、そこで保管所蔵されていましたが、現在は、この八幡社に祀られており、まれに一部の像が宝物館に展示されることがあります。
通常は、拝することが出来ないのは、残念なことです。


ここで、三神像と共に発見された、伝武内宿禰像について、ちょっとふれておきます。
寺伝に武内宿禰と伝えられる像で、像高84.8cmと、三神像よりやや小ぶりの上半身裸形像です。
一木彫像ですが、やや細身のおだやかな作風で、三神像からはかなり遅れた時期の、平安後期の制作とみられています。

東寺・伝武内宿禰像
東寺・伝武内宿禰像
 


【一本の神木、霊木から彫り出された三神像】

最後に注目しておきたいのは、東寺三神像の制作に用いられた、樹木・用材についてのことです。
材はヒノキといわれていますが、特殊な樹木が使われていると思われるのです。

三つの神像を像底から見ると、共に像の上の方に向けて大きな空洞があるのです。
内刳りではなく当初からの用材のウロ、即ち朽損なのです。
三体とも、この空洞を覆うようにして、面部、胸部、腹部などに別材を矧ぎ付けるという特殊な構造をしています。

下賀茂神社・霹靂木
霹靂木(へきれきぼく)
~落雷で神が降臨したとされる~
京都下賀茂神社
特別な意味なしに、大きなウロのある不自由で、窮屈な材を、わざわざ用いて彫るということは考えられません。
そんな材に、無理をして彫っているので、大事な顔の部分にも埋木のような矧付けをせざるを得なかったのです。

要するに、一本の朽損した巨木から、三像全ての材をとったとみられるのです。
この巨木が、由緒ある「霊木、神木」であったことに違いありません。
神像彫刻に霊木、神木を用いるということは、古来よく言われているのですが、それを間違いなく確認できる数少ない貴重な作例ということになるのです。
「神の依り代」という言葉が、実感されます。

この三神像が発散する、霊的な威風、オーラの源泉は、こんなところにあるのかも知れません。

因みに、薬師寺の八幡三神像も一材から三体分を木取りしていると見られ、同じく霊木、神木から彫り出された像だと見られています。

東寺・三神像が、平安前期彫刻の傑作であること、最古例の神像彫刻として、神像史上極めて重要な像であることがお判りいただけたことと思います。

昭和32年(1957)9月の東寺総合調査で、実査が実現した東寺三神像は、翌年、昭和33年(1958)2月に、すぐに重要文化財に指定されました。
そして、3年後の昭和36年(1961)4月には、「国宝」に指定されました。
伝武内宿禰像も、国宝三神像付けたりとして指定されています。


【御影堂不動明王像、三神像発見物語の終わりに】

この辺で、東寺西院御影堂から調査、発見された、国宝・不動明王像、国宝・三神像の発見物語のご紹介を、終えたいと思います。

共に、平安前期を代表する、超一流の傑作です。
よくぞ、これだけの優れた彫像が、当初の美しさを残したままで、伝えられてきたものだと、感動さえ覚えてしまいます。

両像の調査発見に関わった倉田文作氏が、東寺御影堂での「二つの国宝仏像の発見」を回顧し、感慨を込めて語った文章を最後にご紹介して、この話を締めくくらせていただきます。

「これらの御影堂の彫刻の国宝指定は、史料的にいえば、発掘ととなえるのはあたらないとおもうが、これらの、文字どおり平安初期の代表作品に数えられるべき仏像、神像が、こうして近年はじめて公にされ、平安彫刻史の研究にあたらしい光をなげかけたことは、発掘の名にあたいするともいえよう。

この御影堂は、けっして何も大堂宇ではない。
大師の住坊よばれるのに、いかにもふきわしい、簡素で、清らかな一郭であって東寺の大伽藍のなかでは、いたって人目をひかぬひそやかなところなのだが、近年にいたって、この東寺御影堂の名は、とみに日本彫刻史上重きを加えたといわねばなるまい。」
(「東寺の秘宝」倉田文作・芸術新潮1966年8月号所収)


あれこれ~中国石窟探訪旅行記「中国河北省・山東省の古仏を訪ねて」連載スタート 【2015.10.10】


沼田保男さんの中国石窟・石仏探訪旅行記の第3弾、

「中国河北省・山東省の古仏を訪ねて」

の連載が、神奈川仏教文化研究所HPでスタートします。

中国河北省・山東省の古仏を訪ねて・表紙

毎週、8回連載で掲載させていただく予定です。

沼田さんは、ここ数年、我国の古代仏像のルーツを求めて、精力的に中国石窟を探訪されています。
これまでに、
中国五大石窟~敦煌莫高窟、雲崗石窟、龍門石窟、麦積山石窟、炳霊寺石窟~
の全踏破、探訪を果たされました。

中国石窟探訪の中で培われた、中国古代仏像についての造詣の深さには、並々ならぬものがあります。
こうした知見を生かし、飛鳥白鳳の小金銅仏について、造形のルーツや中国仏像様式の伝播などを考察した
「法隆寺献納宝物と『四十八体仏』について」
と題する論考を執筆され、今年(2015年)1~4月に、神奈川仏教文化研究所HPに掲載させていただきました。
皆さん、興味深く愉しくご覧いただいたことと思います。


今回スタートする連載は、沼田さんが同好の方少人数で、河北省・山東省の石窟、博物館などを、昨年8~9月に探訪旅行された時の旅行記です

・河北省、山東省に点在する、南北響堂山石窟、神通寺千仏崖石窟、駝山石窟など主要な石窟の探訪、

・近年、青洲龍興寺遺跡から発掘され、「飛鳥仏の面影」を漂わせるといわれる数百体の古代石仏像を展示する青洲市博物館訪問

などを、主なターゲットにした探訪旅行であったそうです。

少人数でじっくり訪れた旅行記は、興味深く、読み応えがあります。
私も、ついつい惹き込まれて、自ら現地を訪ねているような気持ちになって、読ませていただきました。
ツァーなどでは訪ねることのない中国石窟の数々の探訪記と、沼田さんならではの造詣で綴られた旅行記を、是非お愉しみください。


これまで、神奈川仏教文化研究所HPに掲載している中国石窟に関連する連載記事は、沼田さんの旅行記をはじめとして、次のようなものがあります。

中国石窟にご関心のある方には、ご参考になろうかと思います。
今回の新連載と共に、もう一度振り返っていただければ、有難く思います。

中国山西省 雲岡石窟・古寺・古仏 感動の旅(2010)   沼田保男氏執筆
沼田さんの中国石窟探訪旅行記、第一弾です。
雲岡石窟、天竜山石窟など、山西省の古寺・古仏を巡る旅の記録です。
雲岡石窟・各窟の石仏の有様や美しさが、沼田さんの眼を通じて、細やかに鮮やかに綴られています。

黄河上流域 遥かなる石窟の旅(2011)   沼田保男氏執筆
沼田さんの中国石窟探訪旅行記、第二弾です。
五大石窟とも称せられる麦積山石窟、炳霊寺石窟をはじめ、大像山石窟、須弥山石窟、王母宮石窟、南北石窟寺などの探訪記です。
西域と中原を結ぶシルクロードの玄関口に近いエリアの10箇所の石窟を巡ります。

雲崗・鞏県・龍門石窟道中記   高見徹氏執筆
本HPの創設者・前管理人の故高見徹さんが、2006年に、雲崗・鞏県・龍門三石窟を巡ったときの探訪記です。

中国洛陽石窟道中記(H22) 高見徹氏執筆
故高見徹さんが、2010年に、鞏県・龍門石窟を再訪するとともに、洛陽の博物館などを巡った時の旅行記です。

埃まみれの書棚から
中国三大石窟を巡る人々をたどる本   《その1》敦煌石窟編
中国三大石窟を巡る人々をたどる本   《その2》雲 岡・龍門石窟編

敦煌・雲崗・龍門・天龍山石窟についての近代の歴史物語です。
探検家や学者による石窟の発見、経典など古文書の海外流出や石仏の盗掘・海外流出、その後の保存事業など、近代から現代に至るこれらの石窟の歴史と、それを巡る人々を物語風にたどった読み物です。
関連する本も、数多く紹介しています。


是非、ご覧ください。

トピックス~東寺御影堂・不動明王像、三神像の秘仏発見物語~発見物語おまけ⑥ [その1] 【2015.10.3】


これまで、奈良博「白鳳展」に出展された5躯の仏像の発見物語を、ご紹介してきました。

発見のいきさつなどをたどってみると、こんなエピソードがあったのかと感心したり、ドラマチックな物語もあったりして、感慨深いものがありました。

皆さん、愉しくご覧いただきましたでしょうか?

綴った本人の私は、仏像発見のいきさつを色々調べたり、確認していくほどに、ミステリーを解いていくような心ときめくものがあり、ついつい熱が入ってしまったような気がします。


そこで、熱の入りついでに、ちょっと調子に乗って、「おまけ」で仏像発見物語を1~2ご紹介してみたいと思います。
「白鳳展」とは何の関係ないのですが、仏像彫刻では「大変重要な美術史上の発見」となる二つの仏像発見物語を、おまけで振り返ってみます。

一つは東寺・西院御影堂の秘仏・不動明王坐像と八幡三神像の発見です。

もう一つは、岩手黒石寺の貞観4年(862)銘のある薬師如来坐像の発見です。


【東寺西院御影堂に秘されていた不動明王坐像、八幡三神像】

それでは、東寺西院御影堂の秘仏発見物語から振り返ってみましょう。

ご紹介する、不動明王坐像、八幡三神像は、共に東寺西院御影堂に祀られていました。

東寺御影堂・不動明王坐像(日本の美術「貞観彫刻」至文堂刊掲載)
東寺御影堂・不動明王坐像(日本の美術「貞観彫刻」至文堂刊掲載)

東寺・八幡三神像(「東寺の歴史と美術」東京美術刊掲載)

東寺・八幡三神像(「東寺の歴史と美術」東京美術刊掲載).東寺・八幡三神像(「東寺の歴史と美術」東京美術刊掲載)
東寺・八幡三神像(「東寺の歴史と美術」東京美術刊掲載)

秘仏・不動明王坐像については、仏像好きの方ならご存知ないという方はいらっしゃらないことと思います。
何人も拝観が出来ませんので、写真でしか観ることはできませんが、その素晴らしい造形、堂々たる姿は、超一流の平安前期の優作で、見惚れてしまいます。

また、八幡三神像は、これまたパワフルで一種妖しげな魅力を発散させる、平安初期の神像です。
僧形、俗体神像彫刻の最古例ともいわれる、貴重な傑作です。


不動明王像は、昭和29年(1954)6月に調査(発見)され、翌年、昭和30年(1955)2月に重要文化財指定後、その4か月後の6月に「国宝」に指定されました。

八幡三神像は、昭和32年(1957)に調査(発見)され、翌年、昭和33年(1958)2月に重要文化財指定、3年後の昭和36年(1961)4月に「国宝」に指定されました。

不動明王像、八幡三神像共々、調査発見後、「即座に重要文化財指定から、一気に国宝へ」とスピード指定されていることからも、これらの像が日本を代表する優れた傑作であることが、容易に理解できることと思います。

東寺御影堂から、これほどの仏像、神像が発見されたのです。
仏教彫刻を愛好するものにとっては、世紀の発見といっても過言でない「大発見」でありました。


【古来、厳重秘仏として守られる御影堂・不動明王像】

東寺伽藍・遠望
東寺伽藍・遠望

まずは、西院御影堂の不動明王坐像の調査発見物語から始めたいと思います。

御影堂は、金堂、講堂などが立ち並ぶ東寺伽藍からちょっと離れた境内の西北部、西院と呼ばれる一角にあります。
この場所に、空海の住坊があったと伝えられています。
御影堂は、その名のとおり、弘法大師・空海をお祀りするお堂で、鎌倉時代創建の国宝建造物です。

お堂の北面には、弘法大師・空海の彫像(康勝作・天福元年1233~重要文化財)が祀られています。

御影堂北面・大師像側
御影堂北面・大師像側

御影堂・弘法大師像(天福元年・1233康勝作)
御影堂・弘法大師像(天福元年・1233康勝作)

秘仏・不動明王像は、御影堂の南面の後堂本尊として祀られています。

御影堂南面・不動明王像側
御影堂南面・不動明王像側

この像は、空海の作、日夜恭敬の仏と伝えられており、弘法大師・空海と密接不離の霊像として、寺内の畏敬は一際ただならぬものがあります。
それ故、古来、絶対秘仏として人目を隔てられてきました。

秘仏といっても、何十年に一度はご開帳されたり、特別な場合には拝観が可能だったりする秘仏が結構あるのですが、この御影堂・不動明王像は、厳重秘仏として誰の目にふれることなく秘されてきたのでした。


【東宝記が伝える、畏怖される不動明王霊験譚】

東寺の歴史を記した「東宝記」には、この不動明王が厳重秘仏とされるようになったいきさつや、畏怖の念をもって鄭重に伝えられるようになったことが各所にふれられています。

東宝記(巻第一)
東宝記(巻第一)

ちょっと、ご紹介したいと思います。

「東宝記・西院」のくだりには、不動明王像についてこのような記事があります。

平安時代末に近い仁平3年(1153)、東寺の長者(寺の代表者・管長職にあたる)寛信の代の時、不動明王の後光(光背)の破損した部分に修理が、2月15日に行われた。

ところが、3月7日に寛信が急に入滅した為、諸人の間に、ご本尊の修理をしたせいだとの噂が立った。

その後には、不動明王の頭上を飾る天蓋が落下して、光背や像の右手に持つ宝剣が折れて損傷した時にも、数代の寺務のあいだ修理に及ばなかった。

平安時代の昔から、この不動明王の威力が畏れられ、像を触ったり、手を入れたりすると「祟りのある怖い不動様」という評判が広まっていたようです。

その他のくだりにも、

・寛遍僧正(1100-1166)が寺務の時に、御影堂の修理を二度行ったが、本尊は他所に動かさずに修理を行った。

・文治4年(1188)に、俊証権僧正が事務の時にも、不動堂の修理を行ったが、この際も東廊東門に移坐しただけであった。

・応安元年(1368)に、光背や天蓋にわずかな修理が加えられた。

・康暦元年(1379)、西院が炎上した際には、不動明王像は無事運び出され講堂に仮安置、翌年西院が再興されると、盛大な法会の中、不動堂に戻った。

というようなことが記されています。

御影堂・不動明王像の修理や移坐について、これだけの記録が、わざわざ残されていることをみても、この像がとりわけ畏怖の念をもって、ひたすら鄭重な取扱いがされてきたことが判ります。

こんな謂れのある不動明王像ですから、古来、特段厳重な秘仏として、開かずの扉の奥に祀られてきたのです。
一方、誰の眼にもふれたことはないのですが、御影堂には、平安時代の古作であろうと思われる不動明王が安置されていることは、広く世に知られていることでもありました。


【何故か残されている、明治時代の不動明王像の撮影写真】

ところが、絶対秘仏であるはずの不動明王像ですが、何故か、明治時代に撮られた写真が残されているのです。

日本初の官製日本美術史の書といわれる「稿本帝国美術略史」や、明治の豪華美術書「真美大観」に、この不動明王の写真が、掲載されているのです。

(「稿本日本帝国美術略史」とは、明治33年(1900)のパリ万国博覧会を機会に出版されたフランス語版の Histoire de l'art du Japonの日本語原稿を、 大正5年(1916)に国内出版した本です。)

「稿本帝国美術略史」(大正5年1916刊・東京帝室博物館蔵版).「稿本帝国美術略史」(大正5年1916刊・東京帝室博物館蔵版)
「稿本帝国美術略史」(大正5年1916刊・東京帝室博物館蔵版)

「稿本帝国美術略史」の解説全文をご紹介しますと、このように記されています。

「此の不動は弘法大師一刀三礼の作と伝えられる。
その刀痕を検するに、仏師の作としては熟練を欠きて鋭利ならざる点あれども、全体の形状は雄偉にして自ら高邁の気象を帯び、真に弘法大師の作として信ずるに足るべきものなり。」

このように、明治時代に一度開扉されたことは間違いないのですが、この解説と一枚の写真以上の資料は、何も残されていません。

「稿本帝国美術略史」掲載写真をご覧ください。

御影堂・不動明王像(「稿本帝国美術略史」掲載写真)
御影堂・不動明王像(「稿本帝国美術略史」掲載写真)

この一枚の写真が、残されているだけのようです。

ところで、「稿本帝国美術略史」に掲載の写真は、誰の手で撮影されたのでしょうか?
誰が、この不動明王像を、直接拝したのでしょうか?

この点について記された資料等は見当たりませんが、私は、このように推測しています。

この写真は、明治21年(1888)の「近畿地方古社寺宝物調査」の際に、写真家・小川一真によって撮影されたものではないかと思っています。

東京国立博物館の情報アーカイブに掲載の「古写真データベース・東博所蔵」を検索すると、この不動明王像の写真が1枚だけ掲載されています。

明治21年・小川一真撮影写真(東博・古写真データベース所収)
明治21年・小川一真撮影写真(東博・古写真データベース所収)

この写真と、「稿本帝国美術略史」掲載写真を較べると、ピッタリ一致するのです。
構図も、ライティングの感じも、同じように思えます。

この不動明王像の写真には、
「撮影者:小川一真、撮影時期:明治21年(1888)」
と記されています。

小川一真が、「近畿地方古社寺宝物調査」の撮影記録者に任命され、調査に同行した時に撮影されたものと思われます。

「稿本帝国美術略史」掲載写真..明治21年・小川一真撮影写真
(左)「稿本帝国美術略史」掲載写真   (右)明治21年・小川一真撮影写真 

「近畿地方古社寺宝物調査」は、政府初の組織的宝物調査として実施された本格的文化財調査で、九鬼隆一、岡倉天心、フェノロサ等が参加しています。
撮影時期の明治21年というのは、「近畿地方古社寺宝物調査」の実施年に一致しています。

この「近畿地方古社寺宝物調査」の時、御影堂不動明王像が開扉されたのではないでしょうか。
岡倉天心、フェノロサ等は、東寺に調査に赴き、
「国家による宝物調査であるから、厳重秘仏もすべて官命により調査する。」
と厳命し、扉を開かせたのでしょう。

あの法隆寺夢殿の秘仏・救世観音像を強引に開扉して、巻き付けられた白布を解いた天心、フェノロサのことですから、東寺御影堂についても無理にでも開扉させ、小川一真に写真を撮影させたのではないだろうかと、私は想像しています。


【昭和29年、開かずの扉が開かれた不動明王像】

明治時代の開扉の事情がどうだったのかという話はさて置き、その後は一切開扉されることなく、厳重秘仏の掟は厳しく守られ、何人もこの像を拝することが出来た人はありませんでした。
文部省や研究者にとっては、本当の処どのような仏像なのかもはっきりとはせず、是非とも直接調査をする機会を得たいという念願の像であったのでした。

その実像が、ベールに閉ざされたままとなっていた御影堂・不動明王像でしたが、昭和29年に至り、ついにそのベールが開かれることになったのです。


不動明王像が開扉され、調査が叶うことになったいきさつを、当時、調査にあたった人たちの回顧文、論文などから振り返ってみたいと思います。

昭和28年(1953)、文部省文部技官で国宝調査を担当していた丸尾彰三郎氏は、当時の管長・山本大僧正に、その拝観について折り入って願い出ました。
文化財指定のための調査が、是非とも必要ということでお願いしたようです。
ところが、大僧正自身も、未だ拝したことも安置の間に入ったことさえないとの話でした。

ただし、御影堂の桧皮が傷んで、葺き替えをしなければいけない時期に来ており、屋根の修理の間は、不動明王像も他堂に移坐しなければならない。
移動には、その道の専門家が必要になろうから、その際に一応記録のために、写真も撮影しておく必要があろうという話になったのだそうです。

この調査了解は、まさに山本大僧正の大英断でありました。

翌昭和29年(1954)6月、移坐の日を迎え、限られた専門家の拝観が叶ったのです。
拝観が叶ったのは、丸尾彰三郎氏、倉田文作氏、西川新次氏等のようです。
この3氏は、秘仏拝観を振り返る論文、回顧文をいくつか執筆されています。

倉田文作氏の回顧文から、不動明王像拝観の有様を、振り返ってみたいと思います。

「御影堂の南面には、当然のことだが、大きな大壇があって、さまざまな法具があって、また供物もたくさんにおかれている。
作業は、この大壇や供物のかたづけからはじまる。
それが終って、扉を開くと、たたみ敷の中ノ問がある。
何もおかれていない。
片すみに、古い大壇が一基仮におかれているだけである。

この中ノ間の正面に、三つの観音開きの頑丈な扉がある。
これを開くのにやや時間がかかった。
扉が、重い音をたてて開かれると、灯をまったく用いない堂内は、文字どおり漆黒の闇で、しばらくは、どこに御本尊があるのかもわからない。
懐中電灯を直接あてるのがはばかられる一瞬である。

わずかに、かいまみたときの、仏・光・座のはなやかな暈繝彩色のあざやかな色あいが、今日も忘れられない。
それにしても、息をころし、進み出る一足ごとに気づかれのする一時であつた。

像は、中ノ間まではこび出されて、前もって用意した電灯が、ここで照らされて、実はあまりはっきりした記憶がないが、たぶんこのとき撮影を行なったのではないかと思う。
記憶がうすれたのではなくて、ともかくこちらが上気していたために、こんがらかっているのである。

そのくらい、この不動さまにお日にかかるということは、私の一生でも何度もない、千載一遇の折だったのである。
何しろ、国宝調査の仕事をしているありがたさが身にしみて感じられたのだから。」
(「東寺の秘宝」倉田文作・芸術新潮1966年8月号所収)

西川新次氏は、このように語っています。

「始めてこの像を拝した時の不思議な感動を、筆者は述べる言葉を知らない。
それは予想外に大きな、静かで、しかも常ならぬおそろしさの溢れる姿であった。

真の秘仏のみが持つ手の切れるような空気にとり巻かれて、それは千古のままの新しさ厳しさを守っていたのである。」
(「東寺西院の秘仏」西川新次・大和文華第35号1961年7月)

二氏の回顧文をみると、絶対秘仏・不動明王が開扉されるという、ただならぬ緊張、興奮に包まれた中で、その姿を拝し、一種異様な空気感、不可思議な感動を覚えたことが、ひしひしと語られているのが実感されます。


【紛うことなき平安前期の傑作、不動明王像~即座に国宝指定】

果たして、不動明王の姿を拝すると、紛うことなく平安前期の不動明王像の優作に間違いありませんでした。

御影堂・不動明王坐像(日本彫刻史基礎資料集成・重要作品編第4巻掲載)

御影堂・不動明王坐像(日本彫刻史基礎資料集成・重要作品編第4巻掲載).御影堂・不動明王坐像(日本彫刻史基礎資料集成・重要作品編第4巻掲載)
御影堂・不動明王坐像(日本彫刻史基礎資料集成・重要作品編第4巻掲載)

この像については、皆さんよくご存じでしょうから、ここでは極々エッセンスのみ記しておきます。

像高123cm、ヒノキ材の一木造りの彩色像で、一部に乾漆を併用しています。
長く秘されていたことから、衣と条帛には鮮やかな繧繝彩色、截金が残されています。
空海により将来された「大師様」という不動明王の形式で、東寺講堂の不動明王像と同じ形姿をとっています。

御影堂・不動明王坐像(日本彫刻史基礎資料集成・重要作品編第4巻掲載)
御影堂・不動明王坐像
(日本彫刻史基礎資料集成
重要作品編第4巻掲載)
堂々たる安定感ある造形で、忿怒の面相などには、他に類を見ない周りを圧するような、神秘的重圧感を漂わせています。
古来、畏怖の念をもって祀られてきたというのも、誰もが納得という姿です。

弘法大師当時の作と伝えられますが、穏やかでゆったりとした表現からは、9世紀後半の造立と推定されています。
具体的な造立年としては、貞観9年(867)という推定もされています。
宝菩提院蔵の「九徹剣図」が、不動明王像の右手に執る宝剣を図示したものと考えられ、そこに
「貞観九年歳丁亥十月五日始」
と記されており、この年紀が制作時期を推定する最有力の手懸りと考えられているとのことです。

いずれにせよ、講堂・不動明王像に少し遅れるころの制作とみられています。
講堂・不動明王像は、わが国最古の不動明王彫像ですが、それに次ぐ貴重な古例ということになります。

東寺講堂・不動明王坐像(日本の美術「貞観彫刻」至文堂刊掲載)

東寺講堂・不動明王坐像(日本彫刻史基礎資料集成・造像銘記編第1巻掲載)
東寺講堂・不動明王坐像
(上)日本の美術「貞観彫刻」至文堂刊掲載
(下)日本彫刻史基礎資料集成・造像銘記編第1巻掲載


不動明王像は、美術院の仏師の方々のご奉仕により、御影堂から灌頂堂に移坐されました。

この時の調査、発見によって、平安前期の傑作と確認された不動明王像は、調査の翌年、昭和30年(1955)2月に重要文化財指定の後、その4か月後の6月に、即座に「国宝」に指定されました。

この超ハイスピードの国宝指定をみても、この像が日本彫刻史上の傑作といって良い像であることが、納得頂けると思います。


【調査で明らかになった新事実~別保管の天蓋は不動明王像のものと判明】

この移坐時の調査、その後の修理により、新発見というか、このようなことも新たに判明しました。

「東宝記」に、
「不動明王の頭上を飾る天蓋が落下して、光背や像の右手に持つ宝剣が折れて損傷した時にも、数代の寺務のあいだ修理に及ばなかった。」
と記されていますが、
それが事実に相違ないことを実証するかの如く、不動明王像には損傷の痕が残されていたのです。

そして、落下した「天蓋」というのは、東寺に別に保管され、京都国立博物館に寄託されている古様な天蓋に違いないことが、判明したのでした。

御影堂・不動明王像天蓋(「東寺国宝展」図録1995刊掲載)

不動明王像天蓋・彩色文様(「東寺国宝展」図録1995刊掲載)
御影堂・不動明王像天蓋、圏帯に描かれた彩色菩薩像の姿が美しい
(「東寺国宝展」図録1995刊掲載)


御影堂・不動明王像光背(日本彫刻史基礎資料集成掲載)
御影堂・不動明王像光背(日本彫刻史基礎資料集成掲載)

別保管の古様な天蓋は、その文様、彩色の特色、八葉部の各弁の彫り口が、御影堂・不動明王像の光背のそれとそっくりであったのです。
光背と天蓋は、一具のものである可能性がきわめて大きくなったのです
さらには、天蓋には、落下した時のものと思われる大きな損傷痕まで残されていました。
一方、不動明王像の宝剣の方も、東宝記に伝えるとおり、柄頭の三鈷形の上のあたりで折損して、竹の副木で応急につないでありました。

まさに、東宝記に伝える、天蓋落下、宝剣損傷の有様が、そのとおりの形で遺されていたのでした。

調査にあたった丸尾彰三郎氏は、このように述べています。

「東宝記抄記中『天蓋落而御光并剣破損』とあるのを実状等から想定して見ると、天蓋が何かの故障で落ちた、先づ光背の火炎部が透彫で弱かつたのでこれを散落せしめ、次に沙髻を打ってこれを壊ぼつと、次いで弁髪の中間部、透彫になって弱いところをたたき折り、右手の三指を折り、剣身を打ち落してから膝辺に当って天蓋も一部破損した。

天蓋破損とは応安注記に
『於天蓋者朽損之間不及釣、只御座後邊寄立之 天蓋裏有八葉形 其廻有飛天図像等』
とあるのによつての想定で、墜落して破損したのを旧のように懸けずに置いてあつた間に朽損した、のであると解いて見たのである。」
(「教王護国寺西院不動明王像」丸尾彰三郎・美術研究183号1955.9)

同じく倉田文作氏は、このように回顧しています。

「こうして、私は、この東寺の天蓋は、今日こそ西院の不動像とはなれて保存されているものの、元来一具をなすべきものと考える。
『東宝記』の伝える不動像の損傷は、この天蓋が落ちたときに生じたものであるという。
それなら、天蓋もまたそのときこわれたにちがいない。

この問題の天蓋は、まさしく、八葉と吹返しの一部が欠失して、かなりひどい損傷があった。
こうしてこの天蓋と、御影堂の本尊とは、一具のものとして扱ってよいであろう。

それにしても、この天蓋は、平安初期の天蓋の貴重な作例として尊ぶべきであるとともに、その華麗な彩色は、このころの絵画のすぐれた作品としても注目されればならない。」
(「東寺の秘宝」倉田文作・芸術新潮1966年8月号所収)

この不動明王像の天蓋は、たまに博物館の展覧会に出展されることがありますので、ご覧になった方も多くいらっしゃるのではないかと思います。
落下損傷した痕は、今ではきれいに補修されています。

不動明王像は、宝剣や羂索が損傷していたり、矧ぎ目がゆるんだりしていましたので、国宝指定後に美術院で、入念な修理がなされました。


この時の調査、修理の後も、現在まで、御影堂不動明王像は厳重秘仏として守られ、一度も開扉されたことはありません。

一度は、この目で直に拝したいというのが念願でありますが、当面、御開帳されそうな気配は全くありません。

60代半ばになった私にとっては、どうも叶わぬ夢で終わってしまいそうです。



【ちょっと付けたり】

ここからは、ちょっと付けたりの話です。

御影堂不動明王像は、この調査後も厳重秘仏として、誰の眼にもふれたことが無いものと思い込んでいました。

・不動明王像の写真は、この昭和29年(1954)の調査から一連の修理の時に撮影された写真しか存在しない。

・美術書などには、不動明王像の写真が、折々掲載されていますが、すべてこの時に撮影された写真が使われているのだ。

・現場での調査なども、この時限りだ。

このように、思っていたのです。

ところが、今般、この発見物語をご紹介するために、いろいろな資料や写真集にあたってみました。
意外にも、昭和29年調査以降にも、不動明王像の写真が撮影されていることに気がつきました。

「大師のみてら 東寺」東寺文化保存会刊行・土門拳写真 美術出版社制作1965刊

「秘宝・東寺」佐和隆研著・講談社1969年刊

に掲載されている写真は、新たに撮影されたものだと思います。

「大師のみてら東寺」東寺文化保存会1965刊掲載・土門拳撮影写真

「大師のみてら東寺」東寺文化保存会1965刊掲載・土門拳撮影写真
(上下共)「大師のみてら東寺」東寺文化保存会1965刊掲載
土門拳撮影写真


「秘宝・東寺」講談社1969年刊掲載写真
「秘宝・東寺」講談社1969年刊掲載写真

「大師のみてら 東寺」掲載の写真は、ご覧のとおり、いかにも「土門拳の写真」というものです。
私が気がついた新しい写真は、これだけなのですが、厳重秘仏とはいえ、写真撮影だけは事情によってなされているのかも知れません。


「日本彫刻史基礎資料集成・平安時代 重要作品編第4巻」中央公論美術出版1972年刊

には、御影堂・不動明王像が採り上げられています。
その記述をみると、
「実査 昭和46年8月 西川新次 水野敬三郎」
と記されていました。
昭和46年(1973)にも、実査調査がなされたようです。

どうでもいいことだと思いますが、ちょっと付けたりでご紹介してみました。


東寺御影堂の厳重秘仏・不動明王像の開扉、調査に至る物語について振り返ってみました。
私は、当時の関係資料などを辿ってみただけなのですが、書き綴るにつれ、何やら息を詰めて緊張してしまうような気持ちになってしまいました。

これも、不動明王の霊威力のなせる技なのでしょうか?


【その2】では、同じ西院御影堂から発見された、国宝・八幡三神像の発見物語をたどってみたいと思います。