観仏日々帖

古仏探訪~奈良市・法華寺町の墓地に祀られる地蔵菩薩立像


奈良、京都に在る、ちょっと知られざる古仏を、これからいくつか、ご紹介してみたいと思います。
奈良、京都の「かくれ仏」とでもいうのでしょうか?

奈良や京都は、超一流の仏像が此処そこに一杯あります。
誰もが知る有名な美仏が祀られる古寺には、沢山の参拝者が毎日訪れますが、ちょっと外れた場所にあると、重要文化財に指定されている仏像でも、あまり訪れる人がありません。

また、奈良京都の仏像は、出来の良さ、素晴らしさのレベルが圧倒的に高くて、

「こんなに良い出来の古仏が無指定? どうして?」

というように感じることも、結構あります。

地方に在れば、
「バリバリの重要文化財指定、間違いなし!!」
と思う古仏が、「無指定」というケースに出くわすことも、間々あって、流石に競争激烈という感じです。

そんな、奈良京都に在っても、訪れる人があまりいないが結構見どころのある「かくれ古仏」を、これから折々、少しずつご紹介していきます。



最初は、奈良市法華寺町に在る、地蔵菩薩立像です。

まずは、地蔵菩薩の写真をご覧ください。

法華寺町・地蔵菩薩立像
法華寺町・地蔵菩薩立像

写真うつりがあまり良くないのですが、なかなか堂々たる見事な平安古仏の一木彫像です。
それなりの迫力を感じます。
「何処のお寺にまつられている仏像なのだろうか?」
思われるでしょうが、
この地蔵菩薩、なんと墓地のなかにある小さなお堂に、ぽつんと置かれているのです。

この墓地は、国宝十一面観音で有名な法華寺の北、2~300メートルのところに在ります。
奈良市・法華寺町という処で、バス停「法華寺北町」で降りると、すぐそこです。

バス停を降りて、出会った人に尋ねても
「そんな仏像のことは知らんなー?」
と云われましたが、なんとか墓地を見つけて、
きっとここだろうと、恐る恐る墓地の中に入って行きました。

法華寺町・共同墓地
法華寺町・共同墓地

お寺に属した墓地ではなく、共同墓地になっているようで、なかに粗末な簡素な休憩所と、お堂が見えます。
お堂には鍵はかかっていますが、管理の方がいるわけでもありません。

法華寺町・共同墓地内のお堂
地蔵菩薩像が安置されている墓地内のお堂

平安前~中期の作ではないかと云われる地蔵菩薩立像は、そのお堂の中に、佇んでいました。
ひっそりと墓地を守っているという風情です。

お堂の扉のガラス格子越しにしか見ることが出来ませんでしたが、堂々たる重厚感ある姿です。

法華寺町・地蔵菩薩立像

法華寺町・地蔵菩薩立像~脚部..法華寺町・地蔵菩薩立像~衣文
地蔵菩薩像~上半身・脚部・衣文~

像高は135㎝だそうです。

堅木に彫られていることもあるのでしょうか、やや大雑把な衣文表現で、ごつごつした感じがして、それがまた一つの迫力になっているように思えます。
衣文線の彫りが少々浅いのと表現に形式化、硬直化的な処が見えるのがちょっと気になるところです。
表面が、結構あしゃれているようで、磨滅しているのかもしれません。


それにしても、なかなか見どころのある一木彫の平安古仏です。
この仏像が、全くの無指定とは、ちょっと信じられません。

どうして、こんなところにこんな立派な平安古仏が、さびしげな墓地のお堂に、ぽつんと置かれているのでしょうか?
本当に、びっくり!!です。

この共同墓地のお堂では、仏像が祀られていたとしても、江戸時代~明治時代あたりに造られたありふれた仏像がせいぜいだろうとしか思えません。
地元の方も、きっと重文級の立派な平安古仏とは、あまり考えたことがないのかも知れません。
どう見ても、立派な文化財としての扱いを受けている感じではありません。


この仏像があるのを知ったのは、「大和のかくれ仏」という本に採り上げられていたからでした。

昭和51年(1976)に、創元社から出版された古い本で、奈良石仏会主幹の清水俊明氏が書かれています。

清水俊明著「大和のかくれ仏」
清水俊明著「大和のかくれ仏」
清水氏が注目された
「奈良の知られざるかくれ仏」
が、百体ほど紹介されています。

清水氏は、この本で「法華寺墓地の地蔵」と題して、このように書かれていました。

「この地蔵像の作風は、博物館に並べても決して見劣りしない藤原彫刻の秀作である。

特にその厳粛な顔つきと、すこぶる重量感ある体部の肉付け、衲衣の流麗な流れの衣文線は優れ、腹部から両膝に流れるY字形の衣文線は、平安時代の特色を示すものである。
もとは由緒正しい寺院にまつられていた地蔵尊とも思われるが、一流仏師の技量の域に達した高い水準の作品である。

見学者も訪れない墓地のお迎え地蔵尊として、この地区の人々に引導を渡し、冥途への道を迷わないように導く地蔵尊として、信仰されてきたのであるが、墓地にまつられた地蔵像にも、平安時代の古像がみられるというのは、いかにも仏教古都、大和ならではのことであろう。

仏像の少ない他県なら、とっくに重要文化財に指定される価値のある仏像である。
今後の完全な保存を願ってやまない。」

これを読んで、一度は観ておかなければと、3年ほど前に訪れてみたのですが、果たして期待に違わぬ立派な地蔵像でした。

清水氏の云う
「重要文化財に指定される価値のある」
かどうかは置いたとしても、無指定は、どう見ても不思議としか言えません。
ただ、奈良市の文化財としては注目されているようで、

「奈良市の仏像 奈良市彫刻調査報告書」奈良市教育委員会
昭和62年(1987)刊


にしっかり採り上げられています。

解説にはこのように記されています。

「法華寺町の共同墓地の中央の小堂に安置されている地蔵菩薩立像である。

像高132.5㎝とやや小ぶりであるが、両手首、両足先を矧ぎ付ける他、略全容を木心を込めた欅(けやき)の一材から彫成して内刳りも施されていない。
左手で宝珠を執り、右手を垂下して直立する形の像で、体躯の奥行をたっぷりとって等身に満たない像とは思えない大きさを感じさせる。
頭部は、体躯と同様奥行きを十分にあらわしているが、目鼻立ちの彫りのやや浅いのが特徴的である。
衣の襞は一見形式的に整えられた感はあるが、はっきりと刻まれてめりはりがある。
9世紀後半の地蔵菩薩の古例である。

平安時代の彫像で欅(ケヤキ)材を用いる例は近畿地方では比較的少ないが、天理市、桜井市などなどで作例がみられ、当市(奈良市)では珍しく、或いは何れかからもたらされたものかと推測される。」

法華寺町・地蔵菩薩立像「奈良市の仏像 奈良市彫刻調査報告書」所載

法華寺町・地蔵菩薩立像「奈良市の仏像 奈良市彫刻調査報告書」所載......法華寺町・地蔵菩薩立像「奈良市の仏像 奈良市彫刻調査報告書」所載
法華寺町・地蔵菩薩立像「奈良市の仏像 奈良市彫刻調査報告書」所載


「なるほど」と、私の実感にぴったりの解説です。

なかなかの褒め言葉の解説の仏像なのに「未指定」なのは、なにか、事情でもあるのでしょうか?

「9世紀後半の制作」と断じられている処は、皆さんどのように感じられるでしょうか?
微妙な処かとも思いますが、ケヤキと云いう堅木の材の持つ特性を見事に発揮させた、重量感と硬質感ある強さを感じさせる迫力像だと思いました。

天理市、桜井市近辺には、平安時代の欅の作例がみられるということですが、どの様な像なのでしょうか?
ちょっと調べてみましたら、次のような平安古仏が、ケヤキ材でつくられているのが判りました。

・天理市合場町   廃教恩寺 薬師如来坐像(10世紀前半)
・天理市杣之内町  薬師堂  如来坐像・菩薩坐像(10~11世紀)
・天理市檜垣町   元暦寺  薬師如来坐像(平安後期)
・天理市和爾町   善福寺  薬師如来坐像(平安後期)
・明日香村      橘寺    地蔵菩薩立像(9~10世紀)
・桜井市芝      慶田寺   十一面観音立像(10世紀以前)
・桜井市三輪     平等寺  十一面観音立像(11世紀)
・橿原市北八木    国分寺  十一面観音立像(10~11世紀)
・奈良市虚空蔵町   弘仁寺  明星菩薩立像(9世紀)

いくつかの像の写真をご覧いただきますが、
欅材は広葉樹で堅木ですので、重厚感、硬質感を感じさせるように思います。

廃教恩寺 薬師如来坐像(天理市合場町)
廃教恩寺 薬師如来坐像(天理市合場町)

橘寺 地蔵菩薩立像(明日香村)...慶田寺 十一面観音立像(桜井市芝)
橘寺 地蔵菩薩立像(明日香村)     慶田寺 十一面観音立像(桜井市芝)   .

法華寺町の地蔵菩薩の話に戻ります。

この地蔵菩薩像。

じっくり見れば見るほどに、堂々たる重厚感が伝わってきます。
法華寺町・菩薩立像
法華寺町・地蔵像と共に祀られる菩薩立像

中央の一流作という感じではありませんが、奈良の周辺で平安前中期に制作された在地の古像では、見るべき平安古仏の一つだという感を深めました。

地蔵像の脇には、平安期の作と思われる菩薩立像も祀られています。


私は、30~40分墓地の小堂の前にいましたが、その間に、共同墓地を訪れる人は誰もなく、本当に寂しく、ひっそりとしていました。

わざわざ拝しに来る方は、本当に稀なのだろうと思います。



こんな立派で、魅力ある平安古仏が、知る人も少なくひっそり祀られているというのは、流石に仏像の宝庫、奈良ならではと云えるのでしょう。


是非一度、法華寺から足を伸ばして、この法華寺町の地蔵菩薩立像を訪ねてみられることをお薦めします。

新刊旧刊案内~「明治の古社寺宝物調査」の記録、図譜、写真など【その2】


「明治の古社寺宝物調査」の記録、図譜、写真など【その1】に続いて、【その2】をご覧いただきたいと思います。

3.明治17年・京阪地方古社寺調査

明治17年(1884)、岡倉天心は、フェノロサ、ビゲローなどと共に文部省令により、古社寺調査を実施しました。
千古の秘仏と云われた、法隆寺夢殿の救世観音像を開扉したのは、この時のことです。
夢殿開扉の話は、有名な話ですので、皆さんも良くご存じのことと思います。

この時の調査記録のことは、よく判らないのですが、
救世観音像開扉の有様については、フェノロサ、岡倉天心がともに、その想い出を語っています。
二人の著書にそれぞれ収録されていますので、ご紹介します。


「東洋美術史綱(上・下)」フェノロサ著・森東吾訳(S53)東京美術刊

法隆寺夢殿・救世観音像~明治21年・小川一真撮影
法隆寺夢殿・救世観音像
明治21年・小川一真撮影
「法隆寺の僧は寺の伝承について語り、厨子に納めてある像は・・・200年以上にわたって一度も開扉されたことがなかった、と言う。
稀世の宝物の拝観に熱心な我々は、説得に手を尽くして、寺僧に開扉を迫った。
彼等は、冒涜に対する罰として地震が起こり、寺が壊れるだろうと主張して、あくまで抵抗を試みた。

だが説得はついに功を奏し、長年使用されることのなかった鍵が、錠前の中で音を立てたときの感激は、何時までも忘れることが出来ない。
厨子の扉をひらくと、木綿の布を包帯のように幾重にもキッチリと巻きつけた背丈の高いものが現れた。・・・・・

この布は500ヤードほど用いられていて、これを解きほぐすだけでも容易ではない。・・・・
ついに巻きつけてある最後の覆いが取り除かれると、この驚嘆すべき世界無比の彫像は、数世紀を経て、初めて我々の眼前に姿を現したのである。」


「東洋美術史綱(上・下)」フェノロサ著


岡倉天心全集 第6巻「日本美術史」(S56) 平凡社刊

「余は明治17年頃、フェノロサ及加納鉄哉と共に、寺僧に面して開扉を請うた。

寺僧の曰く、これを開ければ必ず雷鳴があろう。
明治初年、神仏混淆論の喧しかった時、一度これを開いた所、忽ちにして一天掻き曇り雷鳴が轟いたので、衆は大いに怖れ、事半ばにして罷めたと、前例が斯くの如く顕著であるからとて容易に聴き容れなかったが雷のことはわれ等が引き受けようと言って、堂扉を開き始めたので寺僧は皆怖れて遁げ去った。

開けば即ち千年の鬱気粉々と鼻を撲ち、殆んど堪える事も出来ぬ。・・・・・
像の高さは七、八尺ばかり、布片経切等を以って幾重となく包まれている。
人気に驚いたのか蛇や鼠が不意に現れ、見るものを愕然たらしめた、やがて近くからその布を去ると白紙があった。

先の初年開扉の際、雷鳴に驚いて中止したと言うのはこのあたりであろう。
白紙の影に端厳の御像を仰ぐことが出来た。実に一生の最快事であった。」


岡倉天心全集(平凡社刊)



4.明治19年・京阪地方古社寺調査

これも、文部省令により、天心、フェノロサ等が実施した古社寺調査です。
この古社寺調査のときに作られた、調査資料などをご紹介します。


【美術品保存ニ付意見及び美術品目録】

岡倉天心は、この古社寺調査の結果を踏まえて、宮内省図書頭(ずしょのかみ)・井上毅に、「美術品保存ニ付意見及び美術品目録」という意見書を提出しています。

調査の成果を踏まえ、寺社が所有する美術品について、行政機関による保護活動が急務であることについて、具体的方法を述べています。

また、自ら見聞した美術品リストも添付しています。

「今日ニシテ其ノ保存ニ着手セサレハ 我日本ノ名誉タル東洋美術品ハ 数年ヲ出スシテ散失滅亡シ 悔ユルモ亦及ハサルニ至ルヘシ 豈注意セサルヘケンヤ」

というくだりは、天心の思いに心撃たれるものがあります。

岡倉天心・美術品保存ニ付意見
岡倉天心・美術品保存ニ付意見


岡倉天心・美術品目録
岡倉天心・美術品目録

この意見書・美術品目録は、

岡倉天心全集 第3巻(S56) 平凡社刊

に収録されています。



【奈良古社寺調査手録】

岡倉天心の古社寺調査の手控えメモのようなものです。
調査した古美術品が日付順に列記され、一言コメントされているだけですが、天心の美術品評価の見方を伺うことは出来るものです。

例えば、東大寺法華堂執金剛神は、このような記述です。

「古唐画ノ風アリ  東坊寺ノ韋駄天ニ似タリ  赤身 二等トシテ (丸の中に+の印がつけられている)ノ方」
(○に+のマークは三段階中の二等という意のようです)


岡倉天心・奈良古社寺調査手録(明治19年)

岡倉天心・奈良古社寺調査手録(明治19年)
岡倉天心・奈良古社寺調査手録(明治19年)


奈良古社寺調査手録は、

岡倉天心全集 第8巻(S56) 平凡社刊

に収録されています。


【奈良官遊地取】

調査に同行した、狩野芳崖のスケッチ集というべきもので、全12巻の巻子本になっています。
あの有名な「悲母観音」の作者の芳崖です。

法隆寺・救世観音、中宮寺・弥勒菩薩、興福寺・無着像などが、線描で描かれています。

狩野芳崖・奈良官遊地取(法隆寺・救世観音)狩野芳崖・奈良官遊地取(中宮寺・弥勒菩薩)狩野芳崖・奈良官遊地取(興福寺・無着像)
狩野芳崖・奈良官遊地取(法隆寺・救世観音、中宮寺・弥勒菩薩、興福寺・無着像)

奈良官遊地取は、東京芸術大学の所蔵で、
東京芸術大学美術館  収蔵品データベース(検索キーワードに「奈良官遊地取」と入力)
で画像を見ることが出来ます。

また、

美術研究286号(S48)

にも収録されています。


5.明治21年・近畿地方宝物調査

この調査については、前回の【「日出新聞」記者金子静枝と明治の京都・明治21年古美術調査報道記事を中心に】に詳しく記した通りです。

古社寺宝物が、美術品として国家によって文化財指定され、保存保護されることになる画期的な調査でした。
この時の調査資料や、写真などで残されているものは、次のようなものです。


【近畿宝物調査手録・古社寺調査メモ】

岡倉天心の古社寺調査の手控えメモです。
内容は、明治19年調査の時の「奈良古社寺調査手録」と同様のものです。

近畿宝物調査手録・古社寺調査メモは、

岡倉天心全集 第8巻(S56) 平凡社刊

に、収録されています。


【日出新聞・古美術調査報道記事】

前回ご紹介したとおり、

「日出新聞」記者 金子静枝と明治の京都~明治21年古美術調査報道記事を中心に~
竹居明男編著 (2013.11) 芸艸堂刊
 

が、刊行されました。

「日出新聞」記者金子静枝と明治の京都・明治21年古美術調査報道記事を中心に


【写真師・小川一真撮影写真】

小川一真は、米国洋行帰りの一流写真師で、後に帝室技芸員にまでなった人です。
小川は、この調査に写真師として同行し、膨大な古社寺、美術品写真を撮影しています。
この時撮影した写真は、東京国立博物館に所蔵されていますが、データベースに公開されている写真枚数は7776枚と、びっくりするほどの膨大な量です。

明治5年壬申検査の時、横山松三郎が撮影した写真には仏像があまりありませんでしたが、小川一真は数多くの美しい仏像写真を撮影しています。
この頃には、仏像が、美術作品として評価、認知されていったことを物語るものだと思います。

明治21年古社寺調査における小川一真撮影写真(三月堂・日光菩薩像)

明治21年古社寺調査における小川一真撮影写真(興福寺北円堂・無着像)
明治21年古社寺調査における小川一真撮影写真(三月堂・日光菩薩像、興福寺北円堂・無着像)


明治21年古社寺調査における小川一真撮影「写真帖」
明治21年古社寺調査における小川一真撮影「写真帖」


小川一真がこの調査で撮影した写真は、
東京国立博物館 情報アーカイブ 古写真データベース (撮影者一覧・小川一真を選択)
で、すべて見ることが出来ます。
余りに膨大な量なので、見るだけでも本当に大変ですが、興味深い写真がたくさん残されています。

また、この調査の時小川の撮影した写真は、当時の豪華美術書「真美大観」の掲載写真に使用されています。
真美大観は、わが国最初の美術全集で、明治22年から20冊刊行されました。
豪華な多色木版画と小川一真のコロタイプ写真で、明治の豪華美術書として名を残している本です。

わが国最初の美術全集「真美大観」(明治22年刊)...わが国最初の美術全集「真美大観」(明治22年刊)
わが国最初の美術全集「真美大観」(明治22年刊)


「真美大観」は、
国立国会図書館 近代デジタルライブラリー  (検索キーワードに「真美大観」と入力)
で見ることが出来ますが、モノクロで不鮮明な処があり、鑑賞には向きません。


【記事珠】

古社寺調査に同行していた、今泉雄作の「自筆の日記」です。

今泉雄作は、今ではあまり知られていませんが、岡倉天心とともに近代日本の美術行政を支えてきた人物です。
明治20年から大正2年にかけて、全38巻からなり、とくに彼が鑑定や調査を行なった美術工芸品が略図を交えながら詳細に記録されています。

今泉雄作「記事珠」
今泉雄作「記事珠」

岡倉天心の調査手録が、簡略なメモであるのに対し、「記事珠」には、調査品目についてのメモのほかに紀行文風の記述や人事に関する記述も含まれ、資料的価値には高いものがあるとのことです。

この日記は、長らく知られずに埋もれていて、近年、発見確認されたそうです。
現在、東京文化財研究所で、公開に向けての調査研究が進められているとのことです。


6.明治32~36年・古社寺保存会による古社寺調査

「古社寺保存法」が制定された明治30年(1897)以後は、古社寺保存会によって、古社寺宝物調査が続けられました。

岡倉天心は終生、古社寺保存会委員の地位にあり、多くの古社寺調査に同行しました。
これらの調査の成果により、明治30年に指定された「国宝」の追加指定が、続々となされていくことになります。
明治30年の初年度指定件数が155件であった国宝は、明治末年には、約2400件が指定されるに至りました。
また、初年度指定件数が44件であった特別保護建造物は、明治末年には、約800件が指定されました。

この古社寺保存会による一連の調査については、六角紫水が、次のような調査日記を残しています。


【六角紫水の古社寺調査日記】

六角紫水は、この間に実施された何度もの調査(7回かと思われる)のほとんどに参加しています。

六角紫水は我が国近代漆工芸界の草分けといわれる漆工芸の大家で、中尊寺金色堂をはじめ漆工芸装飾の修復にも大きな貢献を果たした人です。

「巡回日記」「調査録」「調査回想記」と称した、詳細な調査日記を残しました。
六角紫水という人は、なかなか軽妙な人であったようで、「古社寺調査回想記」などを読んでいると、漫談を呼んでいるようで、本当に愉しく面白いものです。
「日本美術発見の旅」のありさまや面白いエピソードを知ることができ、誠に興味深いものです。
観心寺・如意輪観音像(国宝)
観心寺・如意輪観音像(国宝)

地方の調査が中心で、奈良京都とは違って優れた作品に出会えることは少なく、落胆の連続であったようですが、紫水にとっての「日本美術の発見」の最快事は、観心寺の秘仏・如意輪観音像の発見でありました。

「観心寺の本尊は秘仏で、有名な極彩色の如意輪観音である。
拝むと、藤原式の非常に立派な彩色がその儘残っていて、その顔は、身も心も蕩ける様な素晴らしい仏像である」

と、発見の喜びを回想記に記しています。

紫水の諸記録は、

「六角紫水の古社寺調査日記」 吉田千鶴子・大西純子編著 (H21) 東京藝術大学出版会刊 【332P】 2900円

で復刻されており、読むことが出来ます。

「六角紫水の古社寺調査日記」東京藝術大学出版会刊 ...「六角紫水の古社寺調査日記」目次
「六角紫水の古社寺調査日記」東京藝術大学出版会刊・目次


以上で、
明治期に実施された古器物・古社寺宝物調査の有様を伝える調査記録、図譜・写真
などの、ご紹介はおしまいです。

余りにも、マイナーで単調で、途中で読むのをやめてしまった方の方が多かったのではないかと思います。
意気込んで書いてみた私自身も、「興味関心のある分野」とはいうものの、唯々資料の羅列で疲れてしまい、途中で、
「もうやめようか!!」
と、何度も思ってしまった次第です。

愉しく読みやすい「観仏日々帖」をめざしているつもりなのに、反省しきりといった処です。

疲れながらも、お付き合いいただき本当にありがとうございました。

ただ、明治の古社寺の古美術品調査の歴史を振り返り、当時の有様を調べたり、古美術品の見方や評価の変遷を知るための資料検索の一助になればと願うばかりです。