FC2ブログ

観仏日々帖

新刊・旧刊案内~「仏像と日本人ー宗教と美の近現代」 碧海 寿広 著  【2018.8.18】


ちょっと変わった切り口の、興味深い本が出版されました。


「仏像と日本人-宗教と美の近現代」 碧海寿広著 2018年7月 中公新書刊 【255P】 860円


「仏像と日本人ー宗教と美の近現代」碧海 寿広 著


【近代日本の仏像鑑賞の移り変わり、様々な視点を辿った本】


明治維新以降、現代にいたるまで、近代日本における「仏像鑑賞の有様、移り変わり」を、文化財保護にかかわった人、仏像鑑賞する教養人、随筆家、仏像写真家などなど、諸々の視点からたどっていった本です。

仏像鑑賞随筆や、仏像ガイドブックといった本は、これでもかというほど沢山あるのですが、「近代日本の仏像鑑賞を辿る」というテーマでまとめられた単行本は、この本が初めてなのではないでしょうか。

本書の表紙扉には、このような内容紹介がされています。

「仏像鑑賞が始まったのは、実は近代以降である。
明治期に吹き荒れた廃仏毀釈の嵐、すべてに軍が優先された戦時下、レジャーに沸く高度成長期から、“仏像ブーム”の現代まで、人々はさまざまな思いで仏像と向き合ってきた。
本書では、岡倉天心、和辻哲郎、土門拳、白洲正子、みうらじゅんなど各時代の、“知識人”を通して、日本人の感性の変化をたどる。
劇的に変わった日本の宗教と美のあり方が明らかに。」

このように綴っても、この本の内容のイメージが、きっと頭に浮かんでこないことと思います。


「目次」をご覧ください。

「仏像と日本人」 目次

「仏像と日本人」 目次

「目次」の各章の項目と小見出しをご覧いただくと、
「なるほど、こんなテーマについて書いた本なのだ。」
ということが、およそ想像がつかれたのではないでしょうか。

「近代仏像鑑賞概史」と称してもよいような内容になっています。

これらのテーマを、こんなふうにまとめた類書は、無かったように思います。
目次の各項目、一つ一つのテーマについて採り上げた小論、論考などが、美術雑誌に掲載されているものは、探すといろいろあるのですが、ひとまとめにして単行本にしたものは、初めてみました。



【これまでになかった近代仏像鑑賞概史とも呼べる本~美術作品と宗教的対象の二面性の視点で語る】


著者の碧海寿広(おおみとしひろ)氏は、本書の「まえがき・あとがき」で、本書の執筆意図や内容などについて、このように記しています。

碧海 寿広 氏
碧海 寿広 氏
「近代以降、西洋的な美術鑑賞の文化が日本に輸入され、やがて、仏像もまた美術品ととらえる風習が形成される。
その結果、仏像を信仰対象として拝むのではなく、美術品として鑑賞し語る人びとが増えた。
本書が詳しく論じるのは、こうした仏像をめぐる近代以降の変化である。
・・・・・・・
本書は、こうして美術と宗教のあいだで揺れ動く、近現代の日本人の心模様を追跡する。
そして、そこに見出される、新しい宗教性の諸相を明らかにしていきたい。」

「仏像の本は少なくない。
・・・・・・・・
が、本書のように、日本人と仏像の関係や、仏像をめぐる人びとの想像力や宗教性をテーマにした著作は、あまり多くない。
特に、近現代の仏像を取り巻く状況に関して、この種の検証や考察を行った書物は、これまで皆無だったと思う。
前例がないため、執筆にはさまざまな創意工夫が必要であった。
そうして試行錯誤のすえ完成した本書は、宗教学的な議論を基調にしながらも、美術史をはじめ多様な学問分野に接続した、学際性の豊かな作品に仕上がったと自負する。」

碧海寿広氏は、龍谷大アジア仏教文化研究センター博士研究員を務める、近代仏教研究者で、「入門 近代仏教思想 (ちくま新書)」などの著作があります。

中公新書HPには、【著者に聞く『仏像と日本人』/碧海寿広インタビュー】が掲載されています。



【「近代日本と仏像」に関する話は、私の最も関心あるテーマで興味津々】


皆さん、この本に、ご興味、ご関心を持たれましたでしょうか?

私は、明治以降、「近代における仏教美術、仏像に関する話や出来事」は、最も関心のあるテーマです。
「どうしてか?」
と聞かれても、困るのですが、「仏像鑑賞、仏像愛好の世界」以上に、面白く興味深くて、いろいろ調べてみたりしています。

神奈川仏教文化研究所HPの「埃まみれの書棚から」連載にも、「近代奈良と古寺・古文化をめぐる話 思いつくまま」と題して、近代の古寺、仏像にまつわる話を掲載させていただいています。

本書「仏像と日本人」の採り上げテーマに関する話では、次のような話を採り上げたことがあります。

二人の県令、四条隆平・税所篤~廃仏知事と好古マニア(廃仏毀釈の話)

明治の文化財保存・保護と、その先駆者~町田久成・蜷川式胤

奈良の仏像写真家たちと、その先駆者


そんなわけで、この本は出版予告の段階から興味津々で、発売日に即座に購入したのでした。

馴染みの深いテーマの本でしたので、一気に読破してしまいました。
私には、大変、面白く、興味深い内容でした。
近代における仏像鑑賞とそれを取り巻くテーマについて、コンパクトにわかりやすくまとめられています。
「近代仏像鑑賞史」を、「美術作品としての仏像、宗教的対象としての仏像」のはざまという視点で、流れをたどった読み物のようになっていました。
様々なエピソードなども、いろいろ挿入されており、愉しく読み進めます。

「目次」のようなテーマに、ご関心がある方には、格好の必読書です。
それほどの関心がない方も、仏像好きの方なら、是非、一読をお薦めします。

結構、幅広く多面的な切り口から書かれていますので、面白い話が並んでいるのですが、ちょっと羅列的に登場するなとか、それぞれのテーマについてもう少し掘り下げて知りたいという印象もありました。
新書というボリュームの制約がありますので、致し方ないことだとは思いますが・・・・・

この切り口、テーマでの、第2弾の著作が、いずれ発刊されるのを、期待しています。



【関連本を3冊ご紹介~ご関心ある人へ】


最後に、このテーマに興味を待たれた方のために、関連本を、絞り込んで3冊だけ、ご紹介しておきます。


「〈日本美術〉の発見」 吉田千鶴子著 (2011年) 平凡社歴史文化ライブラリー 【209P】 1700円

「日本美術の発見」

明治維新から始まる、明治期の古美術品、文化財の調査、保存保護の歴史とその取り組みについて、時系列に体系的に、きわめて判りやすく綴られています。
副題には「岡倉天心がめざしたもの」と付され、岡倉天心はが、いかに古物、宝物を「美術」品として再評価させたのか。
フェノロサらと関わりつつ古美術保護に献身し、「日本美術」発見にいたる天心の足跡が記されています。


「仏像と近代」浅井和春執筆 (1993年) 東京国立博物館「大和の古寺の仏たち展図録」所収 

「大和の古寺の仏たち展図録」

東博で開催された特別展「大和の古寺の仏たち」の図録です。
冒頭、10ページに亘って、浅井氏の「仏像と近代」と題する一文が掲載されています。
今般出版の「「仏像と日本人」の内容の、エッセンス、超コンパクト版といった内容ですが、たいへん判りやすくまとめられています。


「写された国宝」(2000年)東京都写真美術館企画監修・同名特別展図録 【173P】

「写された国宝展図録」

この展覧会は、明治初年の横山松三郎から現代に至るまでの代表的仏像写真作家達を時系列で振り返る画期的な写真展でした。
いわゆる近代仏像写真の歴史を、一覧することが出来る、貴重な図録です。
それぞれの写真作家たちの特色、魅力についても丁寧に解説されており、「写された国宝~日本における文化財写真の系譜」(岡崎章子)と題する、充実した解説・論考も載せられています。
明治初期からの文化財、仏像写真の歴史とその系譜を知るには、必携必読の本です。


トピックス~会津・慧日寺跡に、草創当初の薬師如来復元像(東京藝大制作)を安置(7/30)  【2018.08.10】


福島県、会津の磐梯町にある、慧日寺跡を訪ねられたことがあるでしょうか?


慧日寺跡~再興中門・金堂を望む
慧日寺跡~再興中門・金堂を望む



【南都の高僧、徳一開基、大同年間草創の会津・慧日寺】


慧日寺は、平安時代初め、大同2年(807)に僧・徳一(とくいつ)によって開創されました。

ご存じのとおり、徳一は南都、法相宗の高僧で、天台宗の開基、最澄と「三一権実諍論」と呼ばれる大論争を繰り広げたことなどで知られています。
布教活動のために、会津地方や東国に下り、慧日寺のほか会津・勝常寺や、筑波山・中禅寺、茨城石岡・西光院などを建立したと伝えられています。

なかでも、慧日寺は、東北地方で開基が明らかになっている最古の寺院で、東北の中心的寺院として隆盛し、大伽藍を誇ったといわれています。
草創時の本尊像は、室町初期に焼失したようです。
戦国時代には、戦渦に巻き込まれ、江戸初期には金堂も焼失するなどして、衰亡しました。
その後に、薬師堂、本尊・薬師如来像などが再興されましたが、明治の廃仏毀釈によって廃寺となり、再興本尊も再び焼失してしまいました。



【一度は訪ねてみたい国指定史跡、慧日寺跡~資料館や再興金堂・中門が】


慧日寺跡は、東北の仏教文化発祥の地として、昭和45年(1970)に国の史跡に指定されると共に、伽藍の発掘調査が進められ、その遺構が明らかになってきています。

史跡・慧日寺跡俯瞰
史跡・慧日寺跡 俯瞰

また、地元あげて、史跡の保存保護、慧日寺当初の姿の復元整備への取り組みが進められています。
昭和62年(1987)には、「磐梯山慧日寺資料館」が開館するほか、2008年に金堂が復元、翌年には中門の復元が実現しています。

慧日寺・再興金堂~2008年再興復元
慧日寺・再興金堂~2008年再興復元

私は、会津の仏像探訪には何回も行ったことがあるのですが、慧日寺跡には未だ訪れたことがありません。
東北の仏教文化を語るには、大変重要な古跡で、伽藍史跡も遺されているので、訪ねていないとおかしいのですが、「仏像」のないところには、どうしても足が向かなかったというのが、本音のところなのかもしれません。

唯、もし慧日寺の当初本尊像が、遺されていたならば、それは見事で素晴らしいものであったことは間違いありません。
ご存じのとおり、会津で、徳一開基を伝える勝常寺には、優れた平安古仏が多数残されています。
本尊・薬師如来像は9世紀前半に遡るもので、東北地方の仏像の中でも、唯一、国宝に指定されているという見事な傑作です。

会津 勝常寺・薬師如来像(平安前期・国宝)
会津 勝常寺・薬師如来像(平安前期・国宝)

慧日寺は、勝常寺よりもはるかに大寺であったでしょうから、それこそ、どれほど凄い本尊像であったのだろうと想像を逞しくしてしまいます。



【慧日寺草創時の本尊・薬師如来像の復元像が完成、再興金堂に安置】


この慧日寺の創建当初の本尊・薬師像、即ち平安初期、大同年間の草創像が、この度、復元制作されたのです。
7月30日、慧日寺再興金堂に、復元制作薬師如来像が、安置されました。

7/30に慧日寺・再興金堂に安置された、復元薬師如来像
7/30に慧日寺・再興金堂に安置された、復元薬師如来像

復元制作像は、東京藝術大学藪内佐斗司教授が監修し、同大学の保存修復彫刻研究室の手で、約3年をかけて制作され、このほど完成したものです。

会津・慧日寺に、草創像を想定した像を制作安置する計画が進められていることは知っていましたので、

「いったいどのような像容の仏像が、制作されるのだろうか?」
「会津・勝常寺の薬師如来像の模造のようなスタイルになるのだろうか?」

と、興味深く愉しみにしていたのですが、ついに完成安置に至ったということなのです。

新聞各紙は、慧日寺・薬師如来坐像の復元完成安置を、こぞって報道しました。

河北新報は、

「<福島・磐梯 慧日寺跡金堂> 輝く薬師如来坐像 復元 明治に焼失150年ぶり安置」

という見出しで、このように報じています。

「福島県磐梯町の国指定史跡「慧日寺跡」に再建された金堂内に安置する薬師如来坐像の復元が完了し、現地で30日、除幕式があった。
慧日寺・復元薬師如来像完成安置ポスター
慧日寺・復元薬師如来像完成安置ポスター
平安時代に高僧、徳一が開いた会津仏教文化発祥の地は、1200年の時を超えてよみがえった。
薬師如来坐像は光背を含めて高さ4.2メートル。
ヒノキの寄せ木造りで、漆と金箔を施した。

町の委託を受け、東京芸術大大学院の藪内佐斗司教授が監修し、同大学院保存修復彫刻研究室が約3年かけて制作した。
2008年に復元された金堂は白と朱が基調。
薬師如来坐像は金堂に渋い輝きを放ち、いにしえの仏都の雰囲気をほうふつさせた。

慧日寺は807年創建。
会津地方の仏教文化の中心だったが、明治初期に廃寺となった。
薬師如来坐像は明治期に火災で焼失し、安置は約150年ぶり。
町は1970年の史跡指定後、歴史的景観の再現に取り組み、博物館施設として復元した金堂に続き、09年に中門を整備した。
展示物となる薬師如来坐像の復元費用は約9000万円。
地元企業や住民らの寄付で全額賄った。

除幕式には約70人が出席。
東京芸大の澤和樹学長がバイオリンの記念演奏を披露した。
五十嵐源市町長は
「金堂復元から10年。歴史を今に生かし地域の宝として後世に伝えたい。住民、企業、行政皆で作り上げることができた」
と語った。」



【復元費用は、9000万円】


この記事を読んで、印象深かったのは、

「復元費用に、9000万円もかかったのか!」

という処です。

2013年に完成した、唐招提寺の鑑真和上像(脱活乾漆)の模造制作費用が3000万円ということでしたが、その3倍ということになります。
総高4.2メートル(像高1.9メートル)という巨像の復元制作ともなると、このぐらいの費用は当然ということなのかもしれません。



【一木造りではなくて、寄木造りで制作~100本以上の材を木寄せ】


もう一つ、記事の中でアレッと思ったのは、

「ヒノキの寄せ木造りで・・・・」

という処です。

「大同2年(807)草創期の像となれば、一木造りしかないでしょ。
会津・勝常寺の薬師如来も、一木割矧造りなのに、どうして寄木造り?」

と思ったのです。

ちょっとNETで調べてみたら、「復元像制作記念誌」が発刊されていて、そのPDFが「東京藝大保存修復彫刻研究室のHPに掲載されていました。

そこには、寄木造りとした訳について、このように書かれていました。

「造像当時の慧日寺薬師如来像は、平安時代初期という時代から見て巨木から像のほとんどを彫り出した一木造であったと考えられます。
しかし現在ではそのような巨木は極めて貴重であり、彫刻制作に用いることはできません。

そこで今回の復元制作では、反りの少ない良質な天然木曽ヒノキを用いた寄木造を採用しました。
15cm 角の材を中心とし、本体だけで100 本以上の材を使用しました。
内刳りとして内部を空洞にする部分は無駄になるため、CGも用いてその部分を省いた木取りを行いました。」


CG を援用した木寄せ設計復元像の木寄せ図材木が仮組された復元像
CG を援用した復元像の木寄せ設計図 と 材木が仮組された復元像

成る程、いまどき、こんな巨像を一木で造れるような巨木はどこにも存在しないのだ。
寄木造りで造るしか方法がなかったのだと、納得です。
それにしても、100本以上の膨大なヒノキ材を寄せたという技巧には、二度ビックリです。
もし、一木造りに近い巨材を世界中から探して制作したりしたら、数億円かかっても難しかったのかなと、今更ながらに感心してしまいました。

「復元像制作記念誌」(東京藝大保存修復彫刻研究室HP・PDF掲載)は、慧日寺本尊薬師像の歴史と、復元制作像の制作プロセスが詳しくわかる、興味深い資料です。



【復元像の像容は、会津勝常寺・薬師如来像にそっくり】


さて、復元制作像の像容は、どのような姿になったのでしょう?

復元制作された慧日寺・薬師如来像

復元制作された慧日寺・薬師如来像

復元制作された慧日寺・薬師如来像
復元制作された慧日寺・薬師如来像

同じく徳一開基と伝えられる、会津・勝常寺の薬師如来像と較べてみましょう。
繰り返しになりますが、勝常寺・薬師如来像は、徳一ゆかりといわれるバリバリの平安初期一木彫像で、東北の仏像で唯一の国宝に指定されている傑作です。

会津 勝常寺・薬師如来像
会津 勝常寺・薬師如来像
会津 勝常寺・薬師如来像

慧日寺・薬師如来像 顔貌勝常寺・薬師如来像 顔貌
(左)慧日寺・薬師如来像 顔貌、(右)勝常寺・薬師如来像 顔貌

如何でしょうか?

全体としては、よく似ています。
やはり、勝常寺・薬師如来坐像を「本歌」として、復元制作されたように思います。

通肩の衣の衣褶の形状や、左足先の半分だけ衲衣でくるんだ形式などは、同様です。
復元像の方は、写真で見ているだけなので、何とも言えない印象論になってしまいますが、
全体のボリューム感、胸の厚みや、眼の釣上がり方、突き出した唇などの顔貌の表情も、そっくりという感じがします。

ただ、勝常寺像の方が、慧日寺復元像よりも、キリリと引き締まった感じがするように思うのですが、
これはやはり、勝常寺像は、平安初期当初の制作だからでしょうか?
それとも、慧日寺像の方が、かなりの大型像 (勝常寺像:141.8㎝、慧日寺像:190㎝) であるからでしょうか?

いずれにせよ、慧日寺の復元本尊像、現代の復元像といえども、なかなかパワフルでダイナミックな存在感を感じます。
一見の価値ありという思いが強くなってきました。

いずれまた、会津方面に観仏探訪に出かける機会があったら、今度こそ慧日寺跡を訪れて、復元本尊像の姿を観に訪れてみたいものです。



【仏像模造制作、修理修復の研究発表などを進める、東京藝大「保存修復彫刻研究室」】


ところで、復元像制作の中心となった藪内佐斗司氏は、東京藝術大学の教授で、仏像彫刻の修理修復研究者として著名な仁です。
「せんとくん」
「せんとくん」
また、現代彫刻家としても活躍中で、平城遷都1300年記念事業のマスコット「せんとくん」の制作者としても有名です。

この薮内教授が指導に当たる東京藝術大学の「文化財保存学専攻保存修復彫刻研究室」では、近年、仏像彫刻技術に関する公開の研究発表会や、仏像模造制作発表会などが活発に行われています。

仏像彫刻を中心に文化財の保護の現場での理論と実技の両方が判る有為な人材を育成するために設けられた研究実践の場ということだそうで、今般の、慧日寺・薬師如来像の復元制作をはじめ、数多くの著名仏像の復元制作が行われています。

昨年(2017年)に、奈良柳生の円成寺の多宝塔に新たに安置された、運慶作大日如来像の模造も、この研究室の藤曲隆哉氏の研究制作によるものです。
この模造研究制作の過程で、
「運慶が康慶工房の図面を利用しながら、姿勢の傾斜角度を変える工夫をするなど、独自の創造性を発揮している」
ことが判明したという、興味津々の研究発表がされたのを、覚えておられる方もいらっしゃるのではないかと思います。

ごく直近では、東大寺において「東京藝術大学が育む文化財保護の若き担い手達展」(7/27~8/7)が開催され、研究発表会などもありました。

「東京藝術大学が育む文化財保護の若き担い手達展」ポスター

先ほどもご紹介しましたが、この「文化財保存学専攻保存修復彫刻研究室」のWEBサイトは、仏像彫刻にご関心ある方には、大変興味深く勉強になるものです。
研究発表会や模造制作のニュースをはじめ、仏像の制作技法、修理修復などに関するオンラインレクチャーなどが掲載されています。

是非、一度、ご覧になってみることをお薦めします。


新刊・旧刊案内~「奈良・大和を愛したあなたへ」 千田稔著   【2018.7.19】


読んでみると、ほのぼのとした心温まる気持ちになりました。

「奈良愛」とでもいうのでしょうか?
「奈良」という地へ心寄せる、深い愛情を感じる本でした。


「奈良・大和を愛したあなたへ」 千田稔著 2018年1月 東方出版刊 【162P】 1600円


千田稔著「奈良・大和を愛したあなたへ」



【近代奈良ゆかりの人々への想いを綴った本~41人へ差し出す手紙】


この本、明治以降の「近代奈良」にゆかりのあった著名人、学者、文化人、41人について綴った本です。
「41人へ差し出した手紙」という形式をとって、彼らの奈良での足跡や状況、作品などをたどり、当時の思いに寄り添いつつ、著者自身の奈良への愛惜が綴られています。

「近代奈良を彩る人物の紹介本」のようなつもりで、ページをめくっていったのですが、読み進むうちに、著者の「ほのぼの、しみじみとした深い奈良愛」の方に心惹かれるような気持ちになってしまいました。

本の帯に

「奈良にゆかりの 多彩な人たち その足跡に 思いを寄せ 大和への 愛情を綴る」

と書かれていましたが、まさにそのとおりです。

目次をご覧ください。

「拝啓 伊藤博文様」から始まって、著者から41人へ差し出す手紙の形式がとられています。

「奈良・大和を愛したあなたへ」目次1

「奈良・大和を愛したあなたへ」目次2

「奈良・大和を愛したあなたへ」目次4「奈良・大和を愛したあなたへ」目次3


採り上げられた人物、その小見出しをみると、近代奈良の文化史にご関心のある方ならば、大変興味深いラインアップになっていると感じられると思います。

私は、近代奈良の文化史に関心が強く、神奈川仏教文化研究所HPに、 「近代奈良と古寺・古文化をめぐる話 思いつくまま」(埃まみれの書棚から・第24~31話) という連載を掲載したりしていますので、この目次を見ると、そこで採り上げたテーマピタリの項目もいくつかあって、益々、読書欲をそそられてしまいました。



【著者の「奈良愛」がにじみ出す語り口】


著者の千田稔氏は、著名な歴史地理学者で、数多くの著作がある方なので、ご存知の方も多いのではないかと思います。

千田稔氏
千田稔氏
千田氏は、1942年、奈良県生まれ。
本書に、「奈良愛」が、にじみ出しているように感じるのも、ご自身が奈良の地に生まれ育ったということからなのでしょう。

千田氏は、あとがきで

「本書には、明治よりこの方、いわば往年の奈良を訪れた、あるいは奈良に関心をもった各分野で名の知られた人々の筆によって奈良に寄せる思いを書かれた文に寄り添って、私からその方々へ差し上げた手紙という形式をとってみた。
本書にとりあげた方々の文に接しながら、奈良に対して愛惜の念が漂うのを思わざるをえなかった。」

このように語っています。

その語り口と、内容のさわりに、ちょっとだけ触れていただけるように、
「拝啓 関野貞様」の最初のページを、ご覧いただきたいと思います。

「奈良・大和を愛したあなたへ」~関野貞ページ


名宛人に寄せる想い、ほのぼのとした語り口を感じていただけたのではないかと思います。
随想的な文章なのですが、歴史地理学者である深い学識に裏打ちされた内容で、近代奈良文化史にかかわった、それぞれの人々の足跡やエピソードが奥深く紹介されています。

一気に読破してしまいました。

奈良の近代文化史と人物にご関心ある方には、是非、おすすめの一冊です。

著者の千田稔氏は、現在、奈良県立図書情報館の館長も務められています。
本書は、そうしたことから奈良のフリーペーパー、雑誌「喜楽」に2006年から21012年にかけて、連載掲載されたものが、単行本化されたものだそうです。



【公募で「奈良・大和を愛したあなたへ」エッセイも募集】


この連載は、好評であったようで、奈良県立図書情報館では、千田館長の連載だけではなく、一般からの公募も企画してみようということで、2010年に、県立図書館創立100周年記念「奈良・大和を愛したあなたへ」エッセイ募集というイベントが実施されました。

7件のエッセイが、入選となったようです。

入選作品については、
「奈良県立図書情報館のイベント情報
「奈良・大和を愛したあなたへ」エッセイ募集 審査結果について
で、読むことが出来ます。

ご関心ある方は、ご覧になってください。



【近代奈良の文化史ゆかりの人物を採り上げた本のご紹介】


ところで、本書に名前が挙げられているような、近代奈良の文化史にゆかりのある人物について、まとめて記されたような本は、有るようで意外と無いものです。

近代奈良の文化的な出来事などについて書かれた、いわゆる「奈良本」という随筆本の中に、折々、ポツポツと語られていることはあるのですが、人物だけを採り上げてまとめた本は、ほとんどありません。

そんな中で、近代奈良文化史にかかわる人物をテーマにしたような本を、私の知る限りで、ちょっとだけご紹介しておきたいと思います。


「大和百年の歩み 社会人物編」 1972年 大和タイムス社刊 【718P】 4000円

「大和百年の歩み 社会人物編」


大和タイムス社の明治百年記念事業として刊行された、奈良県近代の百年史の三部作「政経編、文化編、社会人物編」の中の一冊です。
分野を限らず、奈良近代史にかかわった重要人物、130余名の列伝が記されています。

文化史的な分野では、
北畠治房、森川杜園、棚田嘉十郎、溝辺文四郎、加納鉄哉、水木要太郎、保井芳太郎、高田十郎、森本六爾、富本憲吉、新納忠之助
等々が、採り上げられています。



「文士の大和路」 田中昭三著 1998年 小学館刊 【127P】 1600円

「文士の大和路」

奈良にゆかりの深い文士たちについて、その文学作品、奈良での歩いた道や宿、足跡、エピソードなどをたどったガイドブック的なエッセイ本です。
司馬遼太郎、志賀直哉、和辻哲郎、森鴎外、堀辰雄、折口信夫、会津八一、幸田文、亀井勝一郎、水原秋櫻子、谷崎潤一郎、佐多稲子、
の12名の文士が採り上げられています。
関連のコラムも豊富で、気楽に愉しく読める本です。


「奈良まち 奇豪列伝」 安達正興著 2015年 奈良新聞社刊 【335P】 1500円

「奈良まち 奇豪列伝」

書名のとおり、奈良に在住した「奇人、奇豪」と呼ばれる人物の列伝。
ほとんど知られていない人物かもしれませんが、
石崎勝蔵、工藤利三郎、左門米造、ヴィリヨン神父、吉村長慶
という人物の列伝が語られています。


「奈良百題」 高田十郎著 1943年 青山出版社刊 【350P】 5.1円

「大和寸感」 青山茂著 2005年 青垣出版刊 【316P】 2100円

「奈良百題」「大和寸感」

この2冊は、いわゆる「奈良通」によって綴られた、「奈良本」です。
昭和前期と近年に発刊された本ですが、いずれも、近代奈良の文化的な事柄、出来事についての寸評、エピソードなどが綴られた随筆本です。
この中に、近代奈良の文化史にかかわった人々の話が、頻繁に出てきて、読み進むうちに、これらの人々についての諸々のエピソードを知ることが出来ます。


近代奈良にゆかりのある人への愛惜を綴った本「奈良・大和を愛したあなたへ」のご紹介とともに、近代奈良文化史にかかわる人物を採り上げた、いくつかの本にふれさせていただきました。


古仏探訪~回想の地方仏探訪⑧ 「井上正・古密教彫像を巡る」 【2018.7.6】


【50歳代半ばで、再び「地方仏探訪」の世界へ~30年ぶりの探訪再開】


長年、ご無沙汰だった「地方仏探訪」を再開したのは、50歳代半ば頃、十数年前のことであったでしょうか。

孝恩寺の仏像群に、強い刺激を受けてから、5~6年後であったと思います。
会社勤めになってからは、全くのご無沙汰でしたので、30年以上ぶりに「地方仏探訪」を再開したということになろうかと思います。

仕事の方も、少しばかりは余裕が出てきて、学生時代に訪ねた東北の地方仏を、一人で懐かしく再訪してみたりしました。

「地方仏探訪への情熱」が、少しずつ、蘇ってくるようになりました。
このHP(神奈川仏教文化研究所)の母体であった東京寧楽会主催の仏像探訪旅行に参加させていただいたり、カルチャースクールの仏像講座に顔を出したりするようになりました。



【若き日以上に、地方仏探訪にハマって熱中~全国各地を跳び回る】


そんな中で、仏像愛好の仲間もできるようになり、一緒に「地方仏探訪」に出かけるようになりました。

「今度は、○○地方の仏像を観に行きましょう。
その次は、**寺のご開帳があるから、そのあたりの仏像も一緒に訪ねてみましょう。」

という風に、すっかりハマってしまいました。

学生時代以上に、地方仏探訪に熱を上げるという感じになりました。

地方仏探訪を再開してから、十数年、随分各地の古寺、古仏を巡りました。
北は東北から、南は九州まで、巡りました。
どのくらいの数を回ったかといわれると、よくわからないのですが、振り返ってみますと、全国都道府県の中で、仏像探訪のために訪れていないところは、「北海道、新潟県、熊本県、長崎県、宮崎県、沖縄県」だけになります。
残りの41の府県は、大なり小なり「仏像探訪」のために訪れたということです。

よく、凝りもせずに、飽きもせずに、出かけているものです。
どこがそんなに面白いのかと、呆れられてしまいそうですが、
きっとこれからも、
「どこそこの仏像が、何十年ぶりでご開帳される」
とか、
「あそこには、平安古仏の地方仏があるようだ」
という話になると、せっせと出かけていくことになろうかと思います。

思い出深い地方仏、心に残る地方仏もたくさんあるのですが、一つ一つふれているとキリがありませんので、やめておきます。



【井上正著「古仏」という本で知った「古密教彫像」という世界~今も、こだわり探訪中】


ここでは、一つだけ、私が、
「今も、こだわりを持って、訪ね続けている古仏たち」
について、ご紹介しておきたいと思います。

それは、
「井上正一氏が、自著作で採り上げている“古密教彫像”といわる古仏」
です。
「そんなもの、よく知らない。」
といわれてもという方も、結構いらっしゃるのではないかと思います。

私が、
「井上正氏 の 古密教彫像」
という話を、
初めて知ったのは、40歳頃のことであったと思います。
書店で、「古仏~彫像のイコノロジー」(井上正著・昭和61年・法蔵館刊)という本が出ているのを見つけました。

井上正著「古仏」(法蔵館刊)

そこに、若き日最後の地方仏探訪となった「観菩提寺・十一面観音像」が、採り上げられていたのでした。

井上正著「古仏」に採り上げられている観菩提寺・十一面観音像
井上正著「古仏」に採り上げられている観菩提寺・十一面観音像

観菩提寺・十一面観音像
観菩提寺・十一面観音像

懐かしくなって、迷わずこの本を買いました。
この本に採り上げられていたのが、井上正氏の言う「古密教彫像」というものでした。



【不思議なオーラ、気迫勝負の仏像ばかりのラインアップに強く惹かれる】


ページをめくっていくと、

「アクの強い、クセのある仏像」「不思議なオーラを発している仏像」

ばかりが登場します。
変わった仏像なのですが、何故か、強く惹き付けられる魅力あふれる仏像ばかりなのです。
前回ご紹介した「大阪 孝恩寺の古仏群」も、この本にしっかり採り上げられていました。

孝恩寺・伝弥勒菩薩像孝恩寺・跋難陀龍王像
孝恩寺・伝弥勒菩薩像(左)、跋難陀龍王像(右)

奇怪な表情であったり、強烈な肥満体であったりして「異形の歪んだ造形」の仏像ばかりです。
「気迫勝負の仏像」と云っても良い感じで、造形の出来の良さを度外視したかのようですが、強烈なインパクトを感じます。

この本に採り上げられている仏像の「目次」をご紹介すると。ご覧のとおりです。


「古仏~彫像のイコノロジー」 採り上げ仏像一覧 【目次】
「古仏~彫像のイコノロジー」採り上げ仏像~目次



【「奈良時代に遡る制作」「霊木化現仏」という新発想を提起した井上正氏】


井上氏は、本書に採り上げた仏像を、
「烈しい霊威表現の仏像」、「尋常ならざる精神性を発する表現の仏像」
と呼んでいます。
そして、「行基開基伝承」と結び付け、多くの仏像が奈良時代の制作に遡る古密教系彫像なのではないかという仮説を提起しています。
また、「霊木化現仏」という考え方を示して、霊木から仏の姿が顕現する途上の有様を表現するために、背面の彫りや後頭部の螺髪の省略、眼の形を彫らない表現の造形がなされているものが多々あると指摘しています。

井上正氏の「古密教彫像」についての考え方などについては、以前に、
「観仏日々帖 新刊旧刊案内~井上正著「続・古仏 古密教彫像巡歴」  【その1】  【その2】
で、ご紹介していますので、ご参照いただければと思います。

私は、これらの仏像が、「奈良時代の制作に遡る」とか、「霊木化現表現である」とは、なかなか思えません。

それはそれとして、井上正氏の眼で選ばれた「井上正ワールドの古密教彫像」というものに、強く惹かれる魅力を感じました。
是非、直に拝して、見てみたいものだと思いました。

地方仏探訪を再開してから、この本の中の気になる古仏をいくつか訪ねてみました。
京都 勝光寺・聖観音像、滋賀 大岡寺・薬師如来像、兵庫 楊柳寺・楊柳観音像・十一面観音像
あたりを、手始めに訪ねてみました。

いずれも、期待に違わず、「強いオーラを発する、インパクト十分の仏像」でした。

「これは、凄い迫力だ!」

と、強く惹き付けられてしまいました。

先にご紹介した、観菩提寺・十一面観音像、孝恩寺・仏像群もそうですが、どの仏像も、「強い“気”」を発散させているのです。
異形なのですが、デモーニッシュなエネルギーを発散させているのです。
得も言われぬ、不可思議な魅力を感じました。



【「3つの雑誌連載シリーズ」で採り上げられていた、96件の「古密教彫像」】


「古仏~彫像のイコノロジー」という本は、日本美術工芸という雑誌に掲載された「古仏巡歴」という連載が単行本化されたものです。
これには、その続編、続々編があって、同じ雑誌に連載されていることを知りました。
「古密教彫像巡歴」「古仏への視点」と題する執筆文で、全部「古密教彫像」について採り上げているのです。
続編、続々編は、単行本化されていませんでしたので、早速、図書館で掲載誌のコピーを全部取って、これもまた探訪先の候補として加えました。

~「古密教彫像巡歴」は、後に「続古仏・古密教彫像巡歴」と題して、2012年に単行本化されました。~

井上正著「続 古仏」(法蔵館刊)


そこでの、採り上げ仏像の「目次」は、次のとおりです。


「古密教彫像巡歴」採り上げ仏像一覧 【目次】
「古密教彫像巡歴」採り上げ仏像~目次
「日本美術工芸」580~615号連載(1987.1~1989.12)


「古仏への視点」採り上げ仏像一覧 【目次】
「古仏への視点」採り上げ仏像~目次
「日本美術工芸」652~675号連載(1993.1~1994.12)


「古仏~彫像のイコノロジー」「古密教彫像巡歴」「古仏への視点」
の3つのシリーズを合わせると、採り上げ仏像の目次の件数は、96件になります。

良く知られた仏像の名前もいくつかはありますが、その多くは、あまり知られていない仏像なのではないでしょうか。
私も、聞いたこともない知らない仏像の名前が、たくさん並んでいました。

まさに「マニアックな仏像」と云って良いのかもしれません。



【頑張って、こだわって訪ねるうちに、そのほとんどを拝観】


これらの「井上正ワールドの古密教彫像」を、少しずつ見て回っているうちに、その不思議な魅力にハマってしまいました。
チャンスがあれば、ちょっと無理をしてでも訪ねるようになりました。

段々と、訪ねた仏像の数が増えていくうちに、

「何とか、この96件、全部の古仏を見てみたいものだ!」

と念ずるようになってきました。

「井上正・古密教彫像探訪の完全制覇へのチャレンジ」

に、こだわりを持つようになってきました。

ご覧のとおり、知られざる古寺、古仏という感じなので、随分辺鄙なところにあったり、無住のお堂に祀られた仏像であったりして、

「訪れるのも、なかなか大変。
拝観のお願い、ご了解をいただくのも、結構大変。」

という処が、多いのです。
厳重秘仏になっているものもあります。

拝観のご了解をいただくのに苦労したこともありましたが、一生懸命回ってきました。
この十数年を、振り返ってみると、これらの古仏のほとんどを、直に拝することが出来ました。



【残すは5件のみ~念願の全件完全制覇】


現在、未だ、拝していない仏像は、5件を残すのみとなりました。
未見の仏像は、

福井 二上観音堂・十一面観音像、愛知 高田寺・薬師如来像、和歌山 東光寺・薬師如来像、和歌山 満福寺・十一面観音像、新潟 宝伝寺・十一面観音像

の5件です。

福井 二上観音堂・十一面観音像愛知 高田寺・薬師如来像
(左)福井 二上観音堂・十一面観音像、(右)愛知 高田寺・薬師如来像

こんなマニアックな仏像を、よくこれだけ訪ねてきたものだと、思います。
ここまでくれば、こだわりも、もう意地のようになってきた感じです。

是非とも、「井上正・古密教彫像シリーズの完全制覇」を、何とか果たしたいものだと念じています。



【「観仏日々帖」で、これまでご紹介の、「井上正・古密教彫像」たち】


これまでに、私がこれまで訪れた、これら古密教彫像のうちのいくつかは、この「観仏日々帖」で、紹介させていただきました。

次のとおりです。

【古仏探訪】京都・勝光寺 聖観音立像 (2012.6.22)

【古仏探訪】兵庫・多可郡 楊柳寺 楊柳観音・十一面観音像 (その1)  (その2) (2013.1.12~25)

【古仏探訪】秋田県大仙市 小沼神社・観音菩薩像 (その1)  (その2)  (2013.9.7~21)

【古仏探訪】秋田県湯沢市 談山神社、土沢神社の観音像 (2013.10.5)

【古仏探訪】滋賀県高島市・保福寺の釈迦如来坐像 (2014.4.19)

【古仏探訪】「右京区嵯峨樒原高見町・般若寺の十一面観音像」京のかくれ仏探訪②> (2016.6.18)

【古仏探訪】「北区大森東町・安楽寺の薬師如来像ほか諸像」京のかくれ仏探訪④ (2016.7.16)

【古仏探訪】「右京区嵯峨清滝月ノ輪町・月輪寺の千手観音像ほか諸仏」京のかくれ仏探訪⑥ (2016.8.19)

【古仏探訪】回想の地方仏探訪⑥ 「三重 観菩提寺」 (2018.6.9)

【古仏探訪】回想の地方仏探訪⑦ 「大阪 孝恩寺」 (2018.6.23)


ご覧いただけると、井上正氏の云う古密教彫像が、

「尋常ならざる精神性を発する、霊威表現の仏像」であること
「アクが強く、クセがある」ものの、不可思議な魅力で、人を強く惹き付けるものがあること

が、お判りいただけるのではないかと思います。

ご紹介した中でも、とりわけ、

京都・勝光寺の聖観音像の、「妖しい目力(めぢから)で、射すくめるような面相」

京都 勝光寺・聖観音像
京都 勝光寺・聖観音像

兵庫・楊柳寺の楊柳観音像の「古拙で不可思議で、神秘的な存在感」、十一面観音像の「唇から漲る“気”を吐き付けるような迫力」

兵庫 楊柳寺・楊柳観音像兵庫 楊柳寺・十一面観音像
兵庫 楊柳寺・楊柳観音像(左)、十一面観音像(右)

京都・安楽寺の薬師如来像の「ごっつい木塊が迫ってきてたじろぐような凄み」

京都 安楽寺・薬師如来像
京都 安楽寺・薬師如来像

には、それぞれ強烈なインパクトを感じました。

忘れ得ぬものがあります。



【最も「心洗われる」感動~忘れ得ぬ、秋田・小沼神社】


そして、最も心に深く残っているのは、秋田大仙市の小沼神社・聖観音像を訪ねた時の思い出です。
井上正氏の「古仏への視点」の最後に紹介されている仏像です。

訪ねたのは、5年前、2013年の七夕の日のことでした。

実は、観音像が祀られる小沼神社のたたずまいに心撃たれたのです。
緑に包まれた小沼のほとりに、ポツリと佇む小沼神社の景観を観て、

「心洗われる」「心揺さぶられる」

そんな気持ちが、こみ上げてきたのです。

秋田 小沼神社と小沼の風景
心揺さぶられた小沼と小沼神社の景観

鬱蒼とした森の中、突然眼前に開けた空間が出現し、そこには緑色の小沼が水をたたえています
沼の向こう側には、小さな社殿がひとつ、ポツリと静かに佇んでいます。

秋田 小沼神社と小沼の風景
小沼のほとりにポツリと静かに佇む小沼神社

そして、社殿には霊的空気感のある聖観音像が祀られています。

秋田 小沼神社・聖観音像、十一面観音像
小沼神社の社殿に祀られる聖観音像、十一面観音像

「神仙境、幽玄境」という言葉が、そのまま当てはまりそうな霊境空間そのものでした。

仏像そのものというよりは、祀られる社殿の景観、佇まいに感激したのですが、十数年間の地方仏探訪の数々の中でも、一番心撃たれたといっても過言ではありません。

もう一度、あの

「緑濃い水をたたえた小沼、沼のほとりにひっそり佇む社殿、そこに祀られる2体の観音像」

に再会したくて、昨年(2017年)、秋田の遠い田舎まで、また訪れてしまいました。

「もう一度、訪ねてきて本当によかった。」
「これからも、人に知られることなく、訪れる人もなく、あのままの姿で、残っていてほしい」

素直に、そんな気持ちになった、小沼神社再訪でした。

随分マニアックな話になってしまいましたが、私のこだわりの「井上正・古密教彫像を巡る話」を綴らせていただきました。



【年寄りのノスタルジー「回想の地方仏探訪」も、これでおしまいに】


8回にわたって続けてきました「回想の地方仏探訪」シリーズも、これでおしまいにさせていただきたいと思います。

学生時代、初めて東北の地方仏探訪に出かけた話から、50歳代半ばを過ぎてから、長らく縁がなくなっていた地方仏探訪を再開、再び熱中するまでの思い出話を、勝手気ままに綴らせていただきました。

何の面白みもない、若き日から近年までの地方仏体験の話でしたが、個人的には、しみじみと思い出深いものがあります。

唯々、年寄りのノスタルジー、自己満足的な回想話で、飽き飽き、辟易されたのではないかと思います。

我慢してお付き合いいただき、有難うございました。


古仏探訪~回想の地方仏探訪⑦ 「大阪 貝塚市 孝恩寺」 【2018.6.23】


50歳も近くなり、四半世紀ぶりに「地方仏」を訪ねた話です。


【50歳近くで、大阪に単身赴任に~たまには京都、奈良にも】


前回、ご紹介したように、若き日最後の地方仏探訪となったのは、新入社員の年に訪れた、「三重・観菩提寺の十一面観音像」でした。

それからは、仕事々々で「地方仏探訪」に出かける余裕も、その気もなくなってしまい、
「仏像とは縁遠い、忙しき仕事の日々」
を過ごすことになっていました。

50歳近くの歳になって、転勤で大阪勤務となりました。
単身赴任で、3年ほど大阪在住となりました。
奈良、京都が近くなって、休日に仕事がらみの所用がないときには、たまには古寺、古仏を訪ねてみるようにもなりました。
とはいっても、興福寺、東大寺、法隆寺といった有名寺院やその周辺を訪ねて、よく知られた仏像を懐かしく観るといったような処です。



【ある日、ふと 「孝恩寺を訪ねてみよう」 と、思い立つ】


休日のある日、ふと
「孝恩寺を訪ねてみようか」
と思ったのです。

平成10年(1998)頃のことだったでしょうか。
孝恩寺というのは、大阪府の南部、泉南と呼ばれる地域にあります。
平安前期の「異形仏」といわれる一木彫像が、沢山残されているのです。

孝恩寺・弥勒菩薩坐像
孝恩寺・弥勒菩薩坐像

孝恩寺・跋難陀龍王像
孝恩寺・跋難陀龍王像

孝恩寺・帝釈天立像
孝恩寺・帝釈天立像

この孝恩寺を、まだ一度も訪ねたことがなかったのです。

孝恩寺といえば、この春(2018年4~5月)に東京国立博物館で開催された「名作誕生-つながる日本美術展」に、孝恩寺の薬師如来立像が出展されていました。
覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

孝恩寺・薬師如来立像
孝恩寺・薬師如来立像



【異形で、個性的な平安古仏群で知られる孝恩寺】


当時、私が孝恩寺の仏像に関心、興味を持っていたのは、いくつかの本に、「注目すべき異形の仏像群」として、採り上げられていたからです。

「古仏~彫像のイコノロジー」井上正一著 (1986年・法蔵館刊)

「旅の仏たち」丸山尚一著 (1987年毎日新聞社刊)

「仏像のある風景~序説・古代美術の構造」田中日佐夫著 (1989年・駸々堂出版刊)

といった本に、

それぞれ、

「常識的な美とは別の、異様な精神の躍動が感じられてならない。」 (古仏)

「他のどの地方にも探すことのできない、日本彫刻のなかでも特異な仏像たちなのである。」 (旅の仏たち)

「きわめて個性的で、くせのある、しかも多様な造形性を示していると言える。」 (仏像のある風景)

と、述べられているのです。

「異様な精神性の、特異な仏像で、きわめて個性的でクセがある仏像群」

だというのです。

「いずれチャンスがあったら、一度、直に拝してみたいものだ。」

という気持ちがあったのです。



【四半世紀ぶりの「地方仏探訪」となった、孝恩寺】


思い立ったその日の朝、孝恩寺さんにTELして、
「一人なのですが、拝観させていただけますでしょうか?」
とお尋ねしたところ、
「ハイハイ、大丈夫ですよ、お待ちしています。」
と、快くご了解を頂戴しました。

孝恩寺の仏像は、大阪府内とはいうものの「地方仏」と云って良いものです。
若き日の最後に観菩提寺を訪ねてから、実に、25~6年ぶりに地方仏を訪ねることになったのでした。


孝恩寺は、大阪府貝塚市木積という処にあります。
大阪南部の泉南地域で、水間寺のある水間鉄道・水間観音駅から歩けば、20分ぐらいのところ、阪和自動車道・木積インターからほど近いところです。
のどかな風景の緩やかな坂道を上っていくと、小ぢんまりとしたお寺がありました。

孝恩寺への道

孝恩寺
貝塚市木積にある孝恩寺

境内に入ると、本堂の観音堂が目に入ってきます。
「釘無堂」と呼ばれ、釘を一本も使わずに建てられているそうで、鎌倉時代の建築、国宝に指定されています。

孝恩寺・本堂観音堂~釘無堂
孝恩寺・本堂観音堂~釘無堂

観音堂のそばにあるお住いの方に声をかけると、お寺の方が、仏像を安置してある収蔵庫に案内いただきました。
立派な収蔵庫です。

孝恩寺・収蔵庫
孝恩寺・収蔵庫

収蔵庫が開かれると、そこには、仏像が林立していました。
なんと、19体もの仏像群が安置されていて、全て重要文化財に指定されています。

お寺の方から、
「どうぞ、ごゆっくり拝んでください。
終わったら、声をかけてくださいね。」
とのお話で、
あとは一人でゆっくりと、じっくりと仏像を拝することが出来ました。



【得も言われぬ“気”を発散させる、不思議な空気感の仏たち】


明るい照明の中で、平安前期と思われる一木彫像が、立ち並ぶ有様は壮観そのものです。

ひと回り、ぐるりと目をやると、ほとんどが2メートル前後の像高の、木地の一木彫像です。
何とも言えない不思議な空気感が、全体に漂っているように感じました。
造形表現のタイプはいろいろ違うのですが、それぞれに強い個性を発散させています。

「美しい、きれい、整った」というような言葉とは、はるかに縁遠い造形表現です。
「クセのある、アクの強い」異形の仏像ばかりです。
一般的には、出来が良くないとか、田舎風とか言われてしまうのかもしれません。
そんな出来の良し悪しとは次元のちょっと違う、異質な存在感を感じるのです。

このような感覚について、安藤佳香氏は、こう語っています。

「各像ごとに作風が異なり、それぞれが独自の世界を表現している。
それにもかかわらず、明らかに通底する不可思議な空気をまとっている。
孝恩寺の木彫群に囲まれていると、不協和音の奏でる和音の中に身を置いているような気分になる。
これは不思議な体験だ。」
(「魅惑の仏たち~大阪・孝恩寺の木彫群」佛教大学主教文化ミュージアム資料集2013刊)

あの時、私が受けた感覚を、ぴったりと言い当てているようです。
言葉を言い換えると、

「得も言われぬ、ズーンと押し寄せるような“気”を発散する仏像たち」

が、そこに立ち並ぶというのでしょうか。



【とりわけ強烈なインパクトを感じた、3躯の仏像】


なかでも、強い“気”を発散させているようなインパクトを感じたのは、

弥勒菩薩像、跋難陀龍王像、十一面観音像

と、呼ばれている像でした。


弥勒菩薩像は、
ズシリと腹にこたえるようなパワー、底力といういうものを強く感じます。

孝恩寺・弥勒菩薩像

孝恩寺・弥勒菩薩像
孝恩寺・弥勒菩薩像

一見、素朴とか武骨といった感じがするのですが、内に籠められたオーラのようなものが、むくむくと頭をもたげて、“気”を発散させているようです。
左右不均衡に歪んだ大きな目鼻立ちは、土着的、土俗的な怪異さを示す面相です。
過度ともいえる厚みのボリューム感なども、存在感と迫力を増しているようです。

孝恩寺・弥勒菩薩坐像
厚み、ボリューム感あふれる孝恩寺・弥勒菩薩像側面


跋難陀龍王像は、
気迫のみなぎった強烈なオーラを発散しています。

孝恩寺・跋難陀龍王像
孝恩寺・跋難陀龍王像

「強い意志力、恐ろし気な緊張感、厳しい精神性」

そんな修飾語がフィットしそうです。
鋭く長い眼、キリリと固く結んだ口元は、怖いような気合に満ちています。

孝恩寺・跋難陀龍王像
鋭く怖いような顔貌の孝恩寺・跋難陀龍王像

刃物のように切れ味鋭く、深くえぐられた彫り口にも、何か尋常ではないものを感じさせ、圧倒されます。

孝恩寺・跋難陀龍王像
切れ味鋭い彫り口の跋難陀龍王像の衣文


十一面観音像は、
数少ない漆箔の像ですが、これまた特異な情感を表出しています。

孝恩寺・十一面観音像

孝恩寺・十一面観音像
孝恩寺・十一面観音像

強く唇を結び、への字に曲げた口元が、頑ななまでの意志力を示しているようです。
柔らかみとか情緒とかとは無縁の、硬質感、剛直感が際立った顔貌に、不思議なインパクトを感じざるを得ません。



【行基ゆかりの杣村であった木積の地~奈良時代に遡る像もあるのか?】


これらの仏像群は、行基の創建と伝えられる木積・観音寺に伝来したもので、その観音堂が孝恩寺観音堂として残されているということです。
20体ほどの仏像は、近隣の古仏が集まってきたものかもしれないと想定されているようです。

大変興味深いのは、孝恩寺のある木積の地が、行基にかかわる木材供給地、杣村であったということです。
行基は和泉の国の出身で、この貝塚・木積の地は、河内の地に生まれた行基にとって、土木や造寺造仏などに必要とした木材の集積地、すなわち兵站基地であったに違いありません。

孝恩寺の仏像は、一般には平安前中期の地方的作風の一木彫とされているのですが、このような行基ゆかり地という関わりから、奈良時代の制作に遡る木彫像ではないかとする考え方も、それなりにあるようです。


制作年代がいつかという話はさておいて、孝恩寺の仏像たちを観れば観るほどに、何とも言えない異形の造形が発する、強い精神性とか霊威感をひしひしと感じました。
どこかアンバランスな造形なのですが、それぞれが強い個性を主張するような“気”を発散させているのです。
惹き付けられるものがありました。

ふらりと、休みの日に出かけた孝恩寺でした。
ところが、想定外に、その迫力に「ガツン」とやられたような衝撃を受けたのでした。



【蘇ってきた、若き日最後の地方仏探訪の記憶~観菩提寺・十一面観音像の衝撃】


そんな“気”の漂う空気感の、お堂の中に身を置いていると、

「若き日最後の地方仏探訪で“物凄い気”を発散する仏像に、衝撃を受けた思い出」

が、ふつふつと蘇ってきました。

観菩提寺の十一面観音像を拝した時のことです。

観菩提寺・十一面観音像

観菩提寺・十一面観音像
三重 観菩提寺・十一面観音像

観菩提寺・十一面観音像を拝して、

「得も言われぬ物凄い“気”、デモーニッシュなオーラ」

に衝撃を受けてから、もう四半世紀余も経っています。
それから、長らく、仏像探訪からは全く縁遠い日々を過ごしていましたので、そんなことは全く忘れ去ってしまっていたのです。

ところが、孝恩寺の仏像の発する「強い“気”」を感じていると、遠くはるかに忘れ去っていた記憶が、蘇ってきたのでした。
若き日最後の観仏で、強烈な衝撃を受けた興奮が、心の中のどこかに「埋火」のように、くすぶり続けていたのでしょうか。



【忘れていた、地方仏探訪への情熱を呼び醒ましてくれた、孝恩寺の仏たち】


孝恩寺の異形の仏像たちに出会って、消え去っていた「個性あふれる地方仏と出会う感動」が、四半世紀を経て繋がったような気持ちになりました。

あの、観菩提寺・十一面観音の遠い記憶が、呼び醒まされて、

「また、地方仏探訪に出かけてみたい。」
「個性あふれ、インパクトある地方仏に出会ってみたい。」

そんな思いが、強く強くこみ上げてきたのでした。

仏像探訪とは縁がなくなってから、長らくの年月が経ってしまい、

「もう仏像探訪、仏像愛好の世界に戻るようなこともないのだろうな。」
「齢をとっても、地方仏探訪に出かけるということも、きっとないのだろう。」

と、なんとなく思い込んでいました。

ふと思い立って出かけてみた、孝恩寺での感動が、仕事々々で、全くご無沙汰であった私を、仏像愛好の世界に引き戻してくれ、仏像探訪への情熱を蘇らせてくれたように思います。

「いずれの時か、時間の余裕ができるようになったら、地方仏探訪に出かけてみよう。」

そんな思いを強く感じて、孝恩寺を後にしたのでした。



現実に、地方仏探訪に出かけ始めるようになるのは、それから5~6年先になってからのこととなるのですが、若き日の地方仏探訪の情熱を蘇らせてくれ、再び仏像探訪に熱を上げるようになった大きなきっかけとなった、孝恩寺探訪でした。


次のページ